マンション専門家による、マンション総合情報サイト

ボンが見聞きしたあの街の美味しいお店2017/10/5

ワタシのご主人はこの家の奥様。毎日のようにワタシを散歩に連れて行ってくださる。

そしてご自身は美味しいレストランで毎日のように食べ歩き、カフェでコーヒーを飲み時々ケーキも食べ、その街の美味しいパンを買って帰る。たまに奥様のダンナ様もご一緒する事もあるが回数は限られている。そしてその日の食事報告をワタシに逐一してくださる。たまに私の食事分もドギーバッグに入れて持って来てくださる。。

あっ、私の名前はボン。オスのコッカースパニエル、4歳。

 

さて5回目のお話は、「池尻大橋」エリアの話。

 

池尻大橋駅は面白いところで世田谷区の東端と目黒区の両区に駅がまたがっている。

渋谷駅から東急田園都市線でたったひと駅なのに賑やかさは消え、246号線の一本入れば閑静な街の雰囲気になる。JRを除いた乗降客数でも東急線渋谷駅は68万人もいるが池尻大橋は6万人程度(2015年度データ)、とダンナ様が今日の散歩が池尻大橋だと聞き、昨晩話していた。

 

 

夏のある日、ダンナ様も奥様とワタシの散歩に付いて来た。まずは池尻大橋商店街をポタポタ散歩。

 

 

 

翌朝のためのパンを買いに池尻大橋駅前商店会の「TOLO」へ。ここはパン好きには知られている店。発酵バター風味が強いクロワッサンは店のイチオシだそうだが、カレーパンも評判。チーズ入り生地で包み、カレー具の牛肉はマリネされた独特の一品。奥様はあと食パンとエピを買いこんだようだ。さらにはダンナ様は揚げパン(200円)にカスタードクリーム(+30円)をカスタマイズしてもらっている。

 

 

 

パンを買った後、数軒隣の①「トロサンドハウス」に11時半開店と同時に入店。私とダンナ様は外をウロウロしながら待つことに。。何故かダンナ様は食べない。怪しい、何か企んでいるな。

奥様のあと、続々お客が入って来て15分後にはほぼ満席。ここでは奥様はツナメルトサンドを注文。ツナメルトは厚めのゴマ食パンにとろーりチーズが乗っていてホントに美味しい。具にはツナとチーズとピクルスとトマトが入り、パンの耳までカリカリ。

本日のスープ(この時はオニオンスープだった)とサイドディッシュがセレクトできる。セットで税込950円。ワタシは外で待つが、チーズのイイ匂いと奥様がセットでオーダーしたアンチョビフライドポテトの匂いでパブロフの犬状態、頭クラクラ、よだれも出てきた。早く、残してもらって食べさせて欲しい。待つこと20分、奥様がツナメルトとアンチョビフライドポテトを1/3分けてくださった ワン。奥様にとってはほんの軽いブランチを取ったということか。

 

 

軽く目黒川沿いを散歩。この辺りは春になると桜の花見で大混雑するが、やはりこの街のひとつの魅力。ん?お昼を過ぎて急にダンナ様がソワソワし始めた。

ダンナ様と言えば、子供みたいにカレー、ラーメン、炒飯に目がないので、近くの人気ラーメン店「八雲」が気になるらしい。奥様にひと声かけてサッサとひとりで立ち去ってしまった。

 

 

 

奥様とワタシはもう少し目黒川沿いを散歩、中目黒からも歩けそうなエリアまで。その場所をポタポタ歩いているとふと見落としそうな地下1階に蕎麦屋②「東京土山人(どさんじん)」がある。この店も人気店で行列するケースが多い。ここは特に「出汁巻玉子」と夏場の「冷かけすだち蕎麦」が有名で、暑くなると食べずには夏を凌げない人もいるほど。奥様もそのひとり。ついでにワタシも。この「冷かけすだち蕎麦」、すだちを長い時間ツユに放置しておくと苦味が出てくるので要注意。さすがに奥様は分かっていて、ちょうどいい具合のお蕎麦を外で待つワタシにも食べさせてくださった。ありがたい ワン。

 

 

ここの店の蕎麦はもちろんその日の打ち立て。殻を剥いて蕎麦の実を細かく挽いた「細打ちせいろ蕎麦」、殻付き蕎麦の実を粗挽きした「粗挽き田舎蕎麦」、そして太い麺の「太切り」の3種がある。小鉢料理や天ぷら、蕎麦などがコースになった蕎麦会席の「夜御膳」メニューも用意され、夜に一杯飲みながらしっぽりやるのも乙なもの。

もちろんワタシは飲めませんが…。

 

 

東京土山人を後にして、再び池尻大橋商店街にまで歩みを進めた所でダンナ様が食べている最中のラーメン③「八雲」がある。だいぶ混んでいて並んだらしい。

 

 

この店は今年2017年1月に400mほど移転してきたばかり。女性でも入りやすい綺麗な店内で、この日ものぞいてみると女性が3割程度入っていた。ラーメンマニアには知られているが店のご主人は浜田山の「たんたん亭」と言う人気店で修行後このエリアで開業。

 

 

「特製ワンタン麺(白だし=塩に近い白醤油ベース)」が一番人気。ぷりぷり海老ワンタン3個、肉ギッシリの肉ワンタン3個が入る。量の多い人にはハーフサイズも用意されている。最初に魚介風味がふわっと鼻にいい匂い。

麺はストレート細麺で食感も良い。行列が出来ていることも多いが回転率は良い。中でダンナ様が一生懸命食べているのが見える。

あとで分かったが、ダンナ様は醤油ベースの「黒だし」と塩味に近い白醤油ベースの「白だし」合わせた「ミックス」を選んで食べていた。券売機にメニューはなく、自己申告制のメニュー。さすがよく食べ慣れている。

 

この日はこの後、ゲリラ豪雨に襲われたため、15時過ぎには散歩切り上げ。お家にみんなで帰って来た。

 

 

そして数日後の土曜日、再度池尻大橋へ。

ダンナ様は晩ごはんで合流するとのことで今日は付いて来ていない。

奥様とワタシは池尻大橋駅から世田谷区方面の三宿の方にポタポタ散歩。

人気フレンチレストランのランチを数日前に予約したようだ。

 

 

ガソリンスタンドを背に国道246から一本外れた左斜めに入る細い道をポタポタ歩くと新しいタイプのスターバックスが出てくる。その店を左に見ながら、さらに200mほど進んだ角に人気フレンチレストラン「オギノ」はある。いつの間にか④「OGINO Red &Green Restaurant」が正式名称になっているようだが…。

 

 

Redは肉、Greenは野菜の意らしい。荻野シェフは生産者と直接繋がって食材への強いこだわりを持っているようで、なんだか安心。奇跡のリンゴの木村さんも協力者のひとりだそう。

安全、安心、美味しさはもちろん、コスパも良いから予約の取れない店になるのも当たり前。ワタシは外でおとなしくお座りして奥様が食事の終わるのを待つ。

 

 

コースは、前菜、スープ、メイン、デザート、飲み物で税込で2900円とビックリするほどお得。

しかもそれぞれのボリュームはドーンと来る。前菜のソーセージやパテ、野菜など、これだけで実はお腹の7割を満たしてしまったそう。

 

 

スープもたっぷり、この日はオーガニックなビーツとカブのポタージュ。見た目がキレイなだけでなくシミジミ美味しい。

 

 

奥様がメインでオーダーした「牛タンのポルトワイン煮」も目を疑う大きな肉塊。旨味たっぷりのソースはじっくり煮込まれた分、濃厚。奥様、食べきれなかったのかあとで結構たくさん食べさせてもらったがタンの感触が溶けるように柔らかい。

 

 

〆のデザートの「フレンチトーストとバニラアイスを塩バターキャラメルソース」ですら2人前たっぷりありそう。おかげで奥様がたっぷり分けてくださった。美味しい ワン。

 

 

コーヒーをゆっくりいただいた後、奥様とワタシは腹ごなしにポタポタ散歩しつつつ駅方面へ戻り、さらにかなり歩いて「菅刈公園(すがかりこうえん)」へ。

 

 

 

この公園、西郷山公園の裏手にあり西郷隆盛の弟従道氏の屋敷と和洋折衷式の庭園がつくられた場所の跡地にある。よく手入れされているが、ワタシたちが入れない芝生ゾーンも多い。でも大きな滑り台、池も庭園もあり癒される公園。たっぷりの散歩時間。入口に飲料の自販機もあるので喉の乾きにも優しい。

 

夕方まで散歩してダンナ様と奥様は池尻大橋駅そばの❺「喜臨軒」で現地待ち合わせ。夜のお食事。

 

 

香港中華をベースにしたモダンチャイニーズの店。シェフは安澤さん。時々この店をお二人は使っている。値段が思いっきり張るわけではなく普段使いできるリーズナブルなお店。この日は某広告代理店社長や別グループでモデルさんたちがお客さんに来ていた。オサレな客も多いのか、ワタシの鼻にクンクン来た。

 

この店一時期食べログ点数4点を超えていたほどの評判に。今は3.7点台。まっ、色んなアルゴリズムがあるから点数は気にしなくとも、十二分に今も美味しい。

 

 

 

 

 

この日選んだメニューは5800円のコース。クラゲ等の前菜の後、エビ焼売、茄子のフリット黄金炒め(衣がカリカリで美味しい)、魚料理はハタ、肉は和牛の炒めもの、

 

 

そして〆の炭水化物はこちらからの要望で「ハムユイ炒飯」にチェンジ、フィニッシュのデザートに「杏仁豆腐と蒸し万頭」と続く。奥様が例のごとくドギーバッグに入れてワタシにも持って来てくれた。家に帰ってからゆっくり食べたがどれもが美味しかった。今日も1日ワン ダフルな一日だった。夜も更けて来た。

 

* 文中に出てくるBはパン屋さん、数字を囲む◯は昼間の利用、●は夜利用を表すワン!

**この情報は作者と犬のボンの散歩時点のものであり、変更が起きている場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

 

川井潤  食関係含めた幅広いプロデューサー

食に限らず多くのプロジェクトを手掛ける。テレビ番組「料理の鉄人」企画ブレーン(1992年~97年)。地域や食のため世界中に出向く。ほぼ外食生活。食べログフォロワー数日本一。食雑誌dancyu等、執筆多数。

https://tabelog.com/rvwr/kawaijun/

 

 

 

ボンが見聞きしたあの街の美味しいお店 についての記事

もっと見る