今週のチラ見物件2020/6/22

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

コロナ禍でお待たせしておりました、先週から再開した「今週のチラ見物件」、87回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は、駅舎が近代邸に生まれ変わった「原宿駅」より、この若者が集う駅から至近でも、目を疑う静寂にあふれたマンションを紹介します。

 

新しくなったJR原宿駅です。コロナ禍で外出自粛要請が取られる直前の、3月21日に使用開始されました。

改札は2階で、人気のカフェ「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」もオープンしました。

奥にはまだ旧駅舎も併存しています。

閉鎖されている旧駅舎は、都内最古の木造駅舎。西洋風の外観は「ハーフティンバー」という建築方式によるもので、長きにわたって原宿のシンボルとして人々に親しまれてきました。JRによると今後取り壊され、防火性を高めた上、同じ旧駅舎の意匠を再現して建て替える方針としています。

そして改札向かい、6月5日にオープンしたばかりの商業ビル「WITH HARAZYUKU」。地下1階~2階がIKEYAやユニクロも入る商業施設、3階が多目的イベントホールと会員制シェアスペース、8階がレストラン、4階~9階が賃貸レジデンスとなった商・職・住のミックスされた新世代の複合施設です。

一方、竹下通りの正面となる改札「竹下口」は線路の下をくぐる地下通路で変わりありません。

竹下通りです。以前はこのアングルから写真を撮ると、人の頭が通りのずっと奥まで続いて圧巻でしたが、今は通りの地面が見えています。

 

お店はほぼ営業再開していましたが、人通りはまだ戻っていませんでした。特に外国人観光客の姿が激減しています。

衣料や雑貨を扱う多くのお店で、マスクを販売していました。夏用冷感タイプが人気のようです。

全長350mの竹下通りのちょうど真ん中あたりに、北側へ入る路地があります。ここは東郷神社への入り口の一つにもなります。

目立たぬよう、ひっそりとした東郷神社への入り口。入ってみましょう。

神社の敷地内に併設された「東郷幼稚園」です。

木々が生い茂り、静寂が現れます。先程の竹下通りから数分の距離とは思えません。

東郷神社は日露戦争中に行われた日本海海戦の総合司令官として連合艦隊を指揮し、日本を勝利に導いた英雄、東郷平八郎が祀られる神社です。昭和15年に建立されました。

東郷平八郎は薩摩藩で産まれ、幕末19歳で薩摩藩の海軍に入り明治維新前後の海戦に従事、24歳の時に西郷隆盛に頼み込みイギリスへ官費留学し国際法や船乗りの技術を学びました。日本だけでなく世界の人々からも尊敬され、何と「Time」の表紙を日本人として初めて飾った人だそうです。

そんな東郷神社を歩いていると、今日紹介するマンションが見えてきました。

「ブリスベージュ神宮前 EAST・WEST RESIDENCE」です。道路を挟んで、東郷神社に隣接し、神社の敷地の深い樹木を見渡せる立地です。

 

敷地面積は約6,000㎡、 WEST棟:46戸、EAST棟:42戸、専有面積85㎡~717㎡(!)から成る、2008年に竣工した近年でも最高級に位置付けられるグレードのマンションです。もちろんどの住戸も億ションです。

コンシェルジュサービス、カフェラウンジ、ジャグジー付きのプール、フィットネスクラブなどのまさにVIP仕様の共用設備が充実しています。

メインエントランスは東側になります。

セキュリティゲートが設置されていて、エントランスホールも外部からは見ることができない仕様で、セキュリティの高さが伺えます。

もちろん高級マンションに定番の、セキュリティとプライバシーに配慮したシャッターゲート付き自走式地下駐車場を備えています。

EAST棟とWEST棟の配置はこのようになっています。

 

原宿駅から徒歩3分。この稀有な立地と選りすぐられた建物の仕様は、まさに将来のヴィンテージマンションに相応しいと言えます。

もっと詳しく知りたい方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

 

『ブリスベージュ神宮前 EAST・WEST RESIDENCE』

 

所在:東京都渋谷区神宮前1

交通:JR山手線「原宿」徒歩3分

東京地下鉄千代田線「明治神宮前」徒歩6分

築年:2008年2月

総戸数:88戸/9階

分譲会社:オリックス 他1社

施工会社:大林組

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

石川勝
不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。著書「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編」「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編」(エイ出版刊・「マンションマエストロ検定」公式テキスト)

 

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る