マンションに関する疑問や悩み ありませんか?2019/8/14
マンション購入

(最終更新日: 2019年8月14日)

 

マンションの購入を考え始めると、「みんなは何歳くらいで買うのだろう?」と疑問に思うことがあるでしょう。
周りの友人の意見だけでなく、客観的な意見を知りたいですよね。そこで、ここでは客観的な視点からマンション購入の平均年齢についてお伝えします。
これを参考にマンション購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

マンションの購入年齢はいつごろ?

 

購入年齢

 

周りの友人の意見もさることながら、客観的にマンション購入の年齢を知りたいと感じる方もいるでしょう。
そこで、国土交通省住宅局「平成29年度住宅市場動向調査報告書」にある、マンション購入者の年齢とその割合を調査したデータをもとに、マンションを購入する方の平均年齢をご紹介します。
なお、一次取得者というのは初めて住宅を購入した方のことで、二次取得者というのは2回目以上の取得となる方のことです。

 

一次取得者(初めての住宅購入者)

■分譲マンション

30歳未満 8.5%
30歳代 48.4%
40歳代 29.1%
50歳代 9.9%
60歳以上 4.2%
平均年齢 39.5歳

 

■中古マンション

30歳未満 6.9%
30歳代 30.7%
40歳代 32.5%
50歳代 16.9%
60歳以上 13.0%
平均年齢 44.2歳

 

二次取得者(2回目以降の住宅購入者)

■分譲マンション

30歳未満 0%
30歳代 6.3%
40歳代 17.5%
50歳代 23.8%
60歳以上 52.4%
平均年齢 59.0歳

 

■中古マンション

30歳未満 1.3%
30歳代 10.5%
40歳代 21.1%
50歳代 22.4%
60歳以上 43.4%
平均年齢 56.7歳

 

購入年齢

 

マンションを初めて購入する方の平均年齢は40歳前後

先ほどのデータを見れば分かるように、マンションを初めて購入する方の年齢は40歳前後です。また、マンションの購入が2回目以降の方(二次取得者)の場合は50歳後半が平均年齢となっています。ただし、これは平均ですので、この数字はあくまでも参考程度に考え、自分たちに適したタイミングを考えていくようにしましょう。

 

マンション購入のベストなタイミングとは?

マンション購入のベストなタイミングは人それぞれ。ですが、その中から1つ挙げるとすればそれは、結婚や出産といったライフイベントを迎え、人生設計が見えてくる時期でしょう。結婚や出産などによって新しい家族が増えるのをきっかけとして、住環境を見直してみてはいかがでしょうか。

また、先ほどマンション購入の平均年齢は40歳頃ということが分かりましたが、50歳以降で購入する方も多くいらっしゃいます。50歳以降になって「やはりマイホームが欲しい」と考えるのかもしれません。たしかに50歳以降であれば、ある程度お金が貯まってきて、そこまで多くの金額を借りなくてもマンションを購入できる場合も多いでしょう。最初に払う金額が多くなればなるほど、借りるお金は少なく済みます。借りるお金が少なくなると利子も少なくなります。つまり、トータルでかかる金額が少なく済むのです。ですから、お金が貯まってきた50歳代以降に購入するのもよいかもしれません。

 

以上、マンション購入の平均年齢についてご紹介しました。購入年齢についてさらに詳しく知りたいという方はこちらの、「マンション専門家への質問」からご質問ください。マンションに詳しい東京カンテイの社員が皆様のご質問にお応えいたします。これらを活用して、納得した状態でお住まいの検討をしてはいかがでしょうか。

 

購入年齢

 

マンションに関する疑問や悩み ありませんか? についての記事

もっと見る