今週のチラ見物件2019/1/31

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

早いもので2月になりました。

2月と言えば、いよいよ24日に東京・大阪で実施するマンションマエストロ検定、

お申込み頂いた方は、検定試験まで公式テキスト「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 マンションマエストロ検定2級&3級テキスト 基礎編 “ストック”が急増する時代マンションを賢く選ぶために」を熟読してくださいね。

「今週のチラ見物件」58回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回はJR山手線新駅の波及効果でも盛り上がっている「田町」「三田」エリアからお届けします。

 

JR山手線・京浜東北線「田町」駅と都営三田線・浅草線「三田」駅は連絡しています。駅名が違うのは不思議ですね。

 

駅の周辺は高層オフィスビルや店舗等が建ち並ぶ賑やかな商業エリアとなっています。2020年春には「田町駅」と「品川駅」の間に、山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」が出来る予定で、その波及効果が期待されています。

「慶應義塾大学三田キャンパス」があり、街は学生の姿も多く見られ活気があります。

 

周辺オフィスに勤務するサラリーマンや学生向けの飲食店が特に充実していますね。

かの有名なラーメン店の「本店」もここにあります。総本山としてファンの聖地だそうです。

そんな環境の中、今日紹介するマンションが見えてきました。「ダイナシティ三田」です。

よく見ると、個性的な形状ですね。

白い外壁タイルがスタイリッシュで、縦に伸びるシャープな外観と合わさってクールな印象です。

1階には店舗スペースがあり、フラワーショップが入居しています。住戸は30㎡台の単身者向けタイプが中心です。

L字ともG字とも見えるこの個性的な形状、どこか懐かしさを感じると持ったら、子供の頃にブロックで建物を作ると、よくこんな形になったことを思い出しました。

エントランスもスタイリッシュです。木目調の扉の中央が丸くガラスになっているが凝っていますね。このガラスから入る光が、エントランスに天然の模様を描いていました。下の写真をご覧ください。

 

このマンションは単身者向けのコンパクトタイプが中心です。もっと詳しく知りたい方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

『ダイナシティ三田』

 

所在:東京都港区三田3

交通:東京都交通局三田線「三田」徒歩7分

築年:2004年11月/築14年

総戸数:50戸/14階

分譲会社:興和地所

施工会社:新日本建設

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る