記事検索

  • HOME
  • 学ぶの記事一覧
  • マンションのキッチンはリフォームできる?費用の相場と種類を詳しく紹介

学ぶ

2023.08.28

マンションのキッチンはリフォームできる?費用の相場と種類を詳しく紹介

マンションのキッチンはリフォームできる?費用の相場と種類を詳しく紹介

「マンションのキッチンはリフォームできる?」
「リフォームといってもどんな種類があるのだろう」
などの疑問がある方もいるのではないでしょうか。

マンションのキッチンをリフォームしたいけどどんな種類があるかわからない、自分に合ったレイアウトを見つけたい、と考えている方は多いと思います。

この記事では、キッチンリフォームの種類や主なレイアウト、費用相場、注意点まで徹底的に解説します。マンションのキッチンリフォームについて詳しく知りたい方に向けて書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

マンションのキッチンリフォームの種類とは

マンションのキッチンリフォームの種類とは

マンションのキッチンリフォームの種類とは

マンションのキッチンリフォームはどのような種類があるのでしょうか。ここでは、次の4つの種類について解説していきます。

 

・レイアウトを変更する

・キッチンの設備を交換する

・床や壁紙を張り替える

・排水管を交換する

 

それぞれみていきましょう。

 

レイアウトを変更する

キッチンリフォームでは、キッチンのレイアウトを変更するケースが多いです。キッチンのレイアウトとは設備の位置やシステムキッチンのスタイルで、より快適に過ごせるように変更します。

 

家族とのコミュニケーションを取りやすくしたり、効率的に料理をできるようにしたり、さまざまな目的で行われるのが一般的です。

 

キッチンの設備を交換する

キッチンリフォームの種類として、キッチンの設備を交換するのもあげられます。シンクやコンロなどキッチンの設備は、時間経過とともに機能性が落ちる可能性があるでしょう。

 

具体的には10年以上使い続けている設備は、交換を検討した方がいいかもしれません。キッチンの設備を一新するのも、キッチンリフォームに該当します。

 

床や壁紙を張り替える

床や壁紙を張り替えるのも、キッチンリフォームの1つです。キッチンの床や壁紙は油や水などの汚れが付きやすく、家の中でも汚れやすい場所といえます。

 

掃除で取れなくなった汚れがある場合や設備を交換したときなどに、まとめて床や壁紙を張り替えるケースも多いです。

 

排水管を交換する

キッチンリフォームでは、排水管を交換することもあります。排水管の寿命は素材によって変わりますが、約20年〜40年です。

 

排水管が古くなると適切な排水が行われず、臭いの原因となります。排水管は定期的に交換することが重要です。

 

鑑定士コメント

キッチンリフォームを行う目安は、汚れや劣化が目立ち始める築10年〜15年が最初のタイミングです。手入れや状態によっては30年以上使えるケースもありますが、排水管の寿命は20~40年なので、ここもリフォームのタイミングと言えます。なぜなら、排水管の交換とリフォームを同時にすると、別々でするよりも費用が抑えられるからです。

マンションキッチンの主なレイアウト

マンションキッチンの主なレイアウト

マンションキッチンの主なレイアウト

マンションキッチンのレイアウトにはさまざまな型があります。ここでは、主なレイアウトを4つ紹介します。

 

・I型

・L型

・ペニンシュラ型

・アイランド型

 

詳しく解説していきます。

 

I型

I型のレイアウトは、調理スペース、シンク、コンロが横一列に並んでいるキッチンです。比較的コストが安いのが特徴で、工夫次第では収納スペースも充分に用意できます。

 

横一列に収まるので、間取りの中でもキッチンがコンパクトに設置可能です。調理スペースは狭くなりやすいのがデメリットでしょう。

 

L型

L型のレイアウトは、名前のとおりL字になっているキッチンです。狭い空間でも調理スペースを確保しやすいのが特徴で、効率的な作業を実現できます。

 

少ない移動で調理スペースやコンロを使用できるのもポイントでしょう。しかし、コーナー下の収納が狭かったり掃除がしにくかったりと、使い勝手の悪さがデメリットです。

 

ペニンシュラ型

ペニンシュラ型は、キッチンの片側が壁についていてコンロ周りなど一部が仕切られているキッチンです。料理をしながら家族の様子を確認できるのが特徴で、ながら料理も行えます。

 

壁の位置を工夫すると、油汚れや臭いがリビングに蔓延するのを防げて、収納スペースも作りやすいのがメリットです。

 

しかし、リビングダイニングからシンクなどキッチンの内部が見えやすいなどのデメリットも存在します。

 

アイランド型

アイランド型は、その名のとおり島のように独立しているキッチンです。キッチンの周りに壁などがないため、開放感のあるリビングダイニングを演出できます。

 

また、リビングの様子が一目で見れるので、子どもやペットから目を離せないという方にもおすすめです。

 

とはいえ、調理スペースやキッチンがリビングダイニングから丸見え、油汚れや臭いがリビングにつきやすいなどのデメリットがあります。

 

鑑定士コメント

マンションのキッチンは専有部分なので、原則は位置を変えても問題ありません。しかし、マンションの規約によっては勝手に位置を変えるのが禁止されているケースもあります。直床や配管の位置の理由で、物理的に水回りの変更が出来ないケースや、また、物理的に可能であっても、水回りの変更によって上下の部屋に生活騒音の影響があり禁止しているケースもあります。まずは規約を確認して、管理組合に許可を取るのが無難です。

マンションのキッチンリフォームの費用相場

マンションのキッチンリフォームの費用相場

マンションのキッチンリフォームの費用相場

マンションのキッチンリフォームにかかる費用が気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは、レイアウトごとの費用相場や、ケースごとの目安の価格を紹介していきます。

 

キッチンのレイアウトを変更する費用の相場は、次の表にまとめました。(※1)

 

 

レイアウト

費用相場

I型

約50〜150万円

L型

約50〜150万円

ペニンシュラ型

約60〜200万円

アイランド型

約150〜300万円

 

その他のリフォームの相場についても、それぞれみていきましょう。

設備を交換する場合

キッチンの設備を交換する場合の費用相場は、約10〜200万円です。例えば、ガスコンロを交換するなら約10〜20万円ですが、IHクッキングヒーターに変更する場合は、30万円以上かかるケースもあります。(※2)

 

また、システムキッチンに変更する場合は約200万円かかることもあり、交換する設備やグレードによって価格が変動します。

 

床や壁紙を張り替える場合

床や壁紙を張り替える場合の費用相場は、約4.5万円〜です。とはいえ、変更する面積や使用する材質などによって変動します。(※2)

 

床や壁紙の張り替えにかかる期間は約1〜4日と短めです。

 

排水管を交換する場合

排水管を交換する場合の費用相場は、約70万円です。排水管の状態にもよりますが、大掛かりな工事が必要な場合は、その分コストと時間がかかります。(※2)

 

※1参照:マンションのキッチンリフォーム事例7選!費用や注意点も徹底解説

※2参照:マンションでできるキッチンリフォームの種類と費用相場を紹介

 

マンションでキッチンをリフォームする際に注意点

マンションでキッチンをリフォームする際に注意点

マンションでキッチンをリフォームする際に注意点

マンションでキッチンをリフォームするとき、次のような点に注意する必要があります。

 

・管理規約を必ず確認する

・ガスや電気周りの工事の可否を確認する

・キッチン全体やシンクの移動が可能か確認する

・床の変更が可能か確認する

 

一つひとつ見ていきましょう。

 

管理規約を必ず確認する

マンションのキッチンをリフォームしたいときは、管理規約を必ず確認しましょう。基本的にキッチンリフォームは可能ですが、マンションによっては禁止だったり条件つきだったりします。

 

管理規約を守らずにリフォームを行うと、トラブルの原因になるので注意が必要です。リフォームを検討するときは、あらかじめ管理組合に相談しましょう。

 

ガスや電気周りの工事の可否を確認する

ガスや電気周りの工事の可否も、忘れずに確認しておきましょう。というのも、マンションによって電気の供給量は限られているからです。

 

例えば、ガスコンロをIHクッキングヒーターに変更したくても、供給量が足りずに工事ができないケースがあります。リフォーム前にあらかじめ確認するのが大切です。

 

キッチン全体やシンクの移動が可能か確認する

キッチン全体やシンクの移動が可能かについて、確認しておくのも重要なポイントです。マンションによってはキッチンやシンクの移動ができない可能性があります。

 

具体的には、排水管の位置などが固定されている場合は、自由にキッチンを移動させるのが不可能です。また、移動はできても範囲が決められているケースもあるので注意が必要です。

 

床の変更が可能か確認する

他にも注意しておくべきポイントは、床の変更が可能かどうかです。マンションによっては、床の変更が不可能なケースがあります。

 

というのも、マンションでは居住者が快適に過ごすためにも、床材に防音規定が定められているのが一般的です。床材によっては変更できないこともあるので、注意しておきましょう。

 

まとめ:マンションのキッチンをリフォームして快適な環境を作ろう

まとめ:マンションのキッチンをリフォームして快適な環境を作ろう

まとめ:マンションのキッチンをリフォームして快適な環境を作ろう

マンションのキッチンリフォームにはさまざまな種類があります。好みのレイアウトなどを見つけたら、快適な環境を作りましょう。

 

リフォームをするときは、あらかじめ管理組合に相談や管理規約の確認をして、条件や禁止事項などを理解するのが大切です。トラブルを避けて理想の暮らしを実現させましょう。

石川 勝

不動産鑑定士/マンションマイスター

石川 勝

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。

本記事で学んだことをおさらいしよう!

簡易テスト

リフォームの種類として、表層リフォーム、部分リフォーム、全面がある。次のうち間違った説明はどれか。

答えは 1

上限はないので、予算に応じ手にはなりますが、管理規約で認められる範囲内であれば設備等昨今のトレンドを反映することも可能です。

会員登録すると知識レベル管理や、
総合テストを受けることもできます。

自分に送る / みんなに教える

あなたのマンションの知識を確かめよう!

マンションドリル上級

マンションドリル上級

あなたにとって一生で一番高い買い物なのかもしれないのに、今の知識のままマンションを買いますか??後悔しないマンション選びをするためにも正しい知識を身につけましょう。

おすすめ資料 (資料ダウンロード)

マンション図書館の
物件検索のここがすごい!

img
  • 個々のマンションの詳細データ
    (中古価格維持率や表面利回り等)の閲覧
  • 不動産鑑定士等の専門家による
    コメント表示&依頼
  • 物件ごとの「マンション管理適正
    評価
    」が見れる!
  • 新築物件速報など
    今後拡張予定の機能も!

会員登録してマンションの
知識を身につけよう!

  • 全国の
    マンションデータが
    検索できる

  • すべての
    学習コンテンツが
    利用ができる

  • お気に入り機能で
    記事や物件を
    管理できる

  • 情報満載の
    お役立ち資料を
    ダウンロードできる

関連記事

屋上防水工事の種類と費用相場を解説!適切な業者の選び方も紹介

屋上防水工事の種類と費用相場を解説!適切な業者の選び方も紹介

住宅ローン控除の概要は?条件や計算方法をわかりやすく解説

住宅ローン控除の概要は?条件や計算方法をわかりやすく解説

マンション管理組合の役員は断れる?ペナルティはあるのか、断る方法も解説

マンション管理組合の役員は断れる?ペナルティはあるのか、断る方法も解説

表題部とは?マンションならでは特徴と読み方をくわしく解説

表題部とは?マンションならでは特徴と読み方をくわしく解説

タウンハウスとは?テラスハウスとの違いやメリット・デメリットを解説

タウンハウスとは?テラスハウスとの違いやメリット・デメリットを解説

住み替えローンとは?申請の流れを解説

住み替えローンとは?申請の流れを解説

地形図とは?特徴や利用時の注意点・活用方法について解説

地形図とは?特徴や利用時の注意点・活用方法について解説

抵当権設定者と抵当権者の違いは?死亡したときの手続きについても解説

抵当権設定者と抵当権者の違いは?死亡したときの手続きについても解説

賦課期日とは?固定資産税と住民税にまつわる疑問を紹介

賦課期日とは?固定資産税と住民税にまつわる疑問を紹介

重要事項説明とは?記載事項やチェックポイントを徹底解説

重要事項説明とは?記載事項やチェックポイントを徹底解説

区分所有とは?分譲マンションやビルで知っておきたい基礎知識を覚えよう

区分所有とは?分譲マンションやビルで知っておきたい基礎知識を覚えよう

東京カンテイが価格調査!!
②あたしンちを探せ! 現地調査編

東京カンテイが価格調査!!
②あたしンちを探せ! 現地調査編

関連キーワード

カテゴリ