マンション専門家による、マンション総合情報サイト

白金台グロリアハイツ

東京都港区白金台3

マンションアイコンについて
交通 東京都交通局三田線 「白金台」 徒歩2分
JR山手線 「目黒」 徒歩8分
築年数 1978年07月/築39年
専有面積 38㎡~55㎡
総戸数 92戸/11階
分譲会社 豊栄土地
施工会社 三平興業

このマンションの販売価格帯

2,900 万円台 4,900 万円台
約44㎡ : 67万円/㎡ 約55㎡ : 90万円/㎡

マンション専門家から見た評価ポイント

このマンションについて、マンション専門家の視点からわかりやすく解説します。

このマンションはまだ評価中です。

東京カンテイ マンション指数

ログインすると閲覧できます

このマンションの参考間取りと価格

  • 3LDK

    広さ約52㎡

    方角西

※数値は掲載されている間取りに似た住戸の数値となり、間取りと数値が一致しない場合があります。

白金台グロリアハイツについて専門家に質問する

朝日一郎さん

2017.04.27

旧耐震基準

旧耐震基準の物件の購入を検討する際の注意点を教えてください

不動産鑑定士

石川 勝

2017.04.27

まずは、耐震診断の有無についての確認から始めましょう。

ご質問ありがとうございます。
旧耐震のマンションとは、昭和56年5月31日以前の建築確認のマンションをいいます。建築確認の日付であり、竣工(築年)とは違いますのでご注意下さい。つまり基準が建築確認時期のため、昭和57年築であっても旧耐震の物件があります。

さて、旧耐震物件を購入する際の注意点ですが、まずは耐震診断が行なわれているのかどうか確認されるとよいでしょう。

一般に耐震診断が行なわれているどうかは、仲介会社の担当の方に質問をされると教えてもらうことができます。
そこで、耐震診断が実施され問題がない場合や、耐震改修工事を既に実施している場合は、およそ新耐震基準のものとみなすことができます。

その他耐震診断が実施されていない場合は、旧耐震基準で建てられたものとして考える必要があります。
(旧耐震時代に建てられたマンションでも、今の耐震基準を満たしているマンションもありますので、耐震診断を実施していないから良くないというわけではありません。)ただし、国や自治体はマンションの耐震化を推進しており、今後、耐震診断と基準に満たない場合における診断後の耐震改修はより強く求められていくものとおもわれます。

一方で地震に対する対応能力は、建物の形状、地盤など他の要因も影響があると言われておりますので、耐震診断はその要因の一つであることもご理解下さい。

あと、先日新聞にも出ておりましたが、東京都では、旧耐震マンションを建て替えしやすくするために、容積率緩和を検討しているとの報道
もあります。旧耐震のマンションは都心の好立地に建設されているマンションも数多くあり、仮に建て替えが実現できれば、投資としての魅力が向上する可能性もあります。

その他、東京都のホームページも参考になさってください。
↓ ↓ ↓
http://www.taishin.metro.tokyo.jp/consult/apart/01.html

コメントを見る
コメントを閉じる

このマンションについて専門家に質問する

白金台駅

70㎡あたりの平均新築価格

11,058 万円 (158万円/㎡)

70㎡あたりの平均中古価格

17,007 万円 (243万円/㎡)

70㎡あたりの平均賃料

38 万円 (0.5万円/㎡)

マンションPER

34

港区平均 29.31
首都圏平均 27.22

マンションPBR

0.92

港区平均 1.06
首都圏平均 0.93

詳細な駅情報を見る

全ストック戸数

3131

平均分譲戸数

42

平均専有面積

81.04

専有面積シェア

30㎡未満

30〜50㎡未満

50㎡台

60㎡台

70㎡台

80〜100㎡未満

100㎡以上