マンション専門家による、マンション総合情報サイト

マンションライブラリの目指しているもの マンションライブラリの目指しているもの

マンションライブラリが最終的に目指しているのは、誰もが納得、安心して、マンションを適性価格で住替え、売買できる社会の実現です

東京カンテイは1979年の創業以来、不動産情報をこつこつと収集、蓄積しつづけてきました。その結果、国内最大級の不動産情報を保有しております。
マンションに関しては、黎明期より深く携わってきましたので、どこよりも「マンション情報のプロである」という矜持を胸に、このたび【マンションライブラリ】というマンション総合情報サイトを開設することにいたしました。

「住替え」の今とこれから

国交省の「住生活総合調査」(平成25年)によると、持ち家の住替えを検討している人の3割弱が、何らかの「情報が得にくい」を課題として挙げています。
この情報過多とも言える現代において、暮らしの基盤ともいえる住宅に関して情報不足とは、なんと滑稽なことでしょうか。

データ「住生活総合調査平成25年」(国土交通省住宅局)

情報の「量」だけではなく、「質」の向上を。

国内最大規模の不動産データベースを保有し、マンション専門家集団がいる東京カンテイだからこそ、情報の「量」も「質」も、ご満足いただけるレベルにて提供することが可能なのです。

データ「住生活総合調査平成25年」(国土交通省住宅局)
「住替え」の今とこれから 比較図 「住替え」の今とこれから 比較図

家は1度購入したらお仕舞い―――。
昔のように、一生生まれた土地で生きていくことが当たり前、親との同居も当たり前の時代ならそれでよかったと思いますが、今は人それぞれ生き方も暮らし方も、大きく変化しています。
子供が生まれたら部屋数は増やしたいけれど、子供が独立したら、数はいらない。もっと自分らしい暮らし、住まい方があるのではないだろうか―――。

そんな思いが浮かんだら、まずマンションライブラリでマンションを検索してみてください。
そこにはあなたの未来を劇的に変える、マンションとの出会いが待っているかもしれません。
幸せな出会いのお手伝いをすることが、マンションライブラリの願いなのです。

東京カンテイについて

東京カンテイは、国内最大級の不動産データベースを保有する
「不動産専門家集団」です。

1979年の創業当初から、マンションをはじめとする不動産データを蓄積し、1980年にはそのオンライン化を実施。このデータベースを活用し、専門家による信頼性の高い不動産鑑定評価を行っております。
データと鑑定によって、価格や評価の根拠がわかりにくい不動産取引を透明化し、中立性、客観性を担保した組織として民間企業から公的機関まで、幅広くご利用いただいております。

東京カンテイの特長

データベース

国内最大級の「量」、さらに「質」を兼ね備えたデータ

  • 日本全国のマンション情報のデータベースを保有。
  • 単なる棟の情報に留まらず、設備や戸の情報に至るまでのデータを保有。
  • 新築時のデータに始まり、中古事例なども時系列で保有。
  • 公的価格、売買/賃貸についてのデータも毎年更新し、最新の情報を網羅的に保有。

評価システム

金融機関や公的機関にも使われている公式な評価システム

  • 金融庁等の監督官庁も認める全国一律で評価可能な手法。
  • 実税価格をベースに金融機関の担保評価業務などにも利用。
  • 評価者による恣意性を排除。
  • 様々な業務で利用できるカスタマイズ機能。

専門家集団

不動産鑑定士、一級建築士、土壌環境管理士をはじめ、各専門家による総合力

  • 東京カンテイに所属する不動産鑑定士、一級建築士、土壌環境管理士などの各専門家による調査を一社で請け負う事が可能。
  • 蓄積されているデータベースの活用により、迅速な調査・分析が可能。

主なサービスについて

サービス

  • 不動産データベースの提供
  • 評価/査定システム
  • 不動産鑑定評価
  • 土壌汚染調査・対策
  • デューデリジェンス(建物診断)
  • 市況レポート配信

主なお客様

  • 不動産関連企業
  • 金融機関
  • 一般企業
  • 不動産投資家
  • 公共機関
  • マスコミ
くわしくは東京カンテイのサイトへ >