マンション専門家へのお悩み相談

kumazu

2018.11.26

管理費を下げるにはどう交渉すればよいのでしょうか。

宅地建物取引士

田中 学

2018.12.17

管理費の削減が目的化してしまうと、かえってマイナスとなる場合があります。
ご質問ありがとうございます。
管理費に関しては、確かに何とか安くならないものか、といったご意見は多くの方がお持ちかと思います。
ただし、その方法が適切に行われないと、デメリットもある点はよくお考えされておいたほうが良いでしょう。

例えば、管理費を引き下げる場合、管理形態を変更するなどが考えられます。(管理員の方の住込を日勤に、日勤を巡回に)
ただし、よく考えたうえで実行をしないと、単に管理の質を下げることになり、マンションの資産価値に影響する場合がありますので注意が必要です。

管理には、金銭的に代替できない管理人の方の人柄や、気遣いなども重要な要素と思います。
住人の方には、様々な価値観があるかと思いますので、一概には言えませんが、金銭面のみで判断してしまうと、後に住人同士の感情面でのしこりや、結果として、そのマンションにおける暮らしづらさにつながる場合もあります。

まずは、現状の管理においてご不満なり改善のご要望がありましたら、現在管理している管理会社にご相談されるのがよろしいかとおもいます。そのうえで、改善が見られないないなどがあれば、他の管理会社にご相談されるのはやむを得ない判断かとも思います。

分譲時からの管理会社は、長年の建物や住民の方々の状況をよく理解しており、マンションの資産価値の維持の上で、とても大きなノウハウをお持ちの場合もあります。

もちろん、いい加減な管理を見過ごす訳にはいかないと思いますが、管理費の値下げに関しては、まずは、現状の管理会社に対して、理事会の意見としてお伝えされるのがよろしいかと存じます。

ご参考いただけますと幸いです。

あなたの悩みごとも
お寄せください。
専⾨家がお答えします。

マンションについての色々気になることや不安なこと、
わからないことをマンションの専門家に質問してみましょう。

技術士

笹本 譲

不動産鑑定士

向後 秀樹

不動産調査部
シニアアナリスト

伊藤 嘉道

市場調査部
上席主任研究員

井出 武

不動産鑑定士

石川 勝

ファイナンシャル
プランナー

代田 尚之

宅地建物取引士

田中 学

マンションに関する疑問や
悩みありませんか?

マンションにある和室の活用方法とは?

マンションの間取りに和室がある場合、そのまま和室として活かすのか、リフォームをして洋室として使うのかは悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。和室の特徴を活かして有効に使うにはどのような方法があるのか、和室を洋室に

マンションの入り口であるエントランスの役割とは?

マンションの購入で比較・検討するときに内覧は欠かせません。マンションを内覧する際に自分が住む部屋の中は念入りにチェックすると思いますが、次にしっかりチェックしておきたいのがマンションのエントランスです。エントランスがきち

東京への一極集中が起こる要因と問題とは

東京都の人口は1997年以降、24年間連続で増え続けています。その要因としてあげられるのが、他県から東京圏(1都3県)へ流入する転入超過です。では、どれくらいの人がどういった理由で東京に移動しているのでしょうか。また、東