マンション専門家へのお悩み相談

takamansion

2018.11.25

管理組合理事をやっています。都心立地、ワンルームが多いマンションですが、賃貸比率が低く、住民は永住志向が高いと思われます。住民同士の交流、自治的な活動を活発にする妙案はありませんでしょうか?

宅地建物取引士

田中 学

2018.12.18

管理会社を巻き込んで、住民イベントを検討されてはいかがでしょうか。
ご質問ありがとうございます。

年齢層によっても多少違ってくると思いますが、まずは互いの顔と名前を一致してもらうというところから始めることが大切だと思います。
ワンルームの多いマンションだと、お一人で生活されている方々も多いと思いますので、人間関係のしがらみなく始められる気軽さもあるかと思います。

最初は、多くの人が集まる総会などの機会を利用して、懇親会などを企画されるのも一つです。
管理会社にもご協力いただくことで、うまく住民同士の間を取り持ってもらうことも期待できます。
(その場合、事前に管理会社に、懇親会の際に知らない住民同士の間に入っていただくようきちんと趣旨をお伝えしておく必要がありますが。)

住人の方の永住志向が高いということでは、全ての住人が安心してマンションで暮らすためにも、資産価値を維持していくためにも管理組合の活動が大切です。
「住民同士の交流、自治的な活動を活発」にするためには、管理組合の活動に興味を持っていただき、「他人事(たにんごと)」ではなく、「自分のため」「自分にメリットがある」と気づいていただく必要があります。
住人の方の年齢層にもよりますが、SNSを活用したり、バーベキューなどの交流会においては、まずは同じマンションの住人の顔・名前を知ることから始める必要があります。

当初は、理事会の役員の方のご負担も大きくなりますが、マンション内の良質なコミュニティ活性化が実現できれば、資産価値にもプラスになりますので、是非頑張ってください。

ご参考いただけますと幸いです。

あなたの悩みごとも
お寄せください。
専⾨家がお答えします。

マンションについての色々気になることや不安なこと、
わからないことをマンションの専門家に質問してみましょう。

技術士

笹本 譲

不動産鑑定士

向後 秀樹

不動産調査部
シニアアナリスト

伊藤 嘉道

市場調査部
上席主任研究員

井出 武

不動産鑑定士

石川 勝

ファイナンシャル
プランナー

代田 尚之

宅地建物取引士

田中 学

マンションに関する疑問や
悩みありませんか?

マンションにある和室の活用方法とは?

マンションの間取りに和室がある場合、そのまま和室として活かすのか、リフォームをして洋室として使うのかは悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。和室の特徴を活かして有効に使うにはどのような方法があるのか、和室を洋室に

マンションの入り口であるエントランスの役割とは?

マンションの購入で比較・検討するときに内覧は欠かせません。マンションを内覧する際に自分が住む部屋の中は念入りにチェックすると思いますが、次にしっかりチェックしておきたいのがマンションのエントランスです。エントランスがきち

東京への一極集中が起こる要因と問題とは

東京都の人口は1997年以降、24年間連続で増え続けています。その要因としてあげられるのが、他県から東京圏(1都3県)へ流入する転入超過です。では、どれくらいの人がどういった理由で東京に移動しているのでしょうか。また、東