マンション専門家へのお悩み相談

goerte

2021.10.03

4路線利用可の山手線の駅徒歩5分のタワーマンションで購入を検討している部屋があります。利便性は文句なしなのですが、川が近く浸水危険地域であることと、液状化予測で「可能性あり」の判定が出ていることで躊躇しています。
あと、タワマンは将来的に修繕費が非常に高くなると聞いたのですが、このマンションは20階建て157戸とタワマンとしては小規模です。
10年後、20年後に修繕費が高騰する可能性はどのくらいあるでしょうか。
築20年ちょっとで、一回目の大規模修繕は問題なく終えていると担当者からは聞きました。
周辺の同グレードのマンションと比較しても値段は手頃です。

宅地建物取引士

石川 勝

2021.10.08

将来の修繕費の高騰については、お答え致しかねます。何卒ご了承ください。
ご質問ありがとうございます。
不動産鑑定士石川です。

ご相談内容についてですが、ご購入後、修繕積立金の増額のケースは、可能性として考えられますが、将来の増額の可能性がどれくらいあるのかにつきましては、マンションごとに個別性が強く、また、管理組合・管理会社の方針によって左右されるものとも言え、数値としてお答え致しかねるところです。

既に今後の管理費や修繕積立金の増額が決定している場合は、購入の際の重要事項説明書にて説明がなされるかと思いますので、不動産会社の担当者にご確認いただくのがよろしいかと思います。

また、お調べになった「川が近く浸水危険地域であることと、液状化予測で「可能性あり」の判定が出ている」点はリスクとして顕在化していますので、そのリスクを許容されるかどうか十分お考えになることをお勧めします。

ご参考にしていただければ幸いです。

あなたの悩みごとも
お寄せください。
専⾨家がお答えします。

マンションについての色々気になることや不安なこと、
わからないことをマンションの専門家に質問してみましょう。

技術士

笹本 譲

不動産鑑定士

向後 秀樹

不動産調査部
シニアアナリスト

伊藤 嘉道

市場調査部
上席主任研究員

井出 武

不動産鑑定士

石川 勝

ファイナンシャル
プランナー

代田 尚之

宅地建物取引士

田中 学

マンションに関する疑問や
悩みありませんか?

マンションにある和室の活用方法とは?

マンションの間取りに和室がある場合、そのまま和室として活かすのか、リフォームをして洋室として使うのかは悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。和室の特徴を活かして有効に使うにはどのような方法があるのか、和室を洋室に

マンションの入り口であるエントランスの役割とは?

マンションの購入で比較・検討するときに内覧は欠かせません。マンションを内覧する際に自分が住む部屋の中は念入りにチェックすると思いますが、次にしっかりチェックしておきたいのがマンションのエントランスです。エントランスがきち

東京への一極集中が起こる要因と問題とは

東京都の人口は1997年以降、24年間連続で増え続けています。その要因としてあげられるのが、他県から東京圏(1都3県)へ流入する転入超過です。では、どれくらいの人がどういった理由で東京に移動しているのでしょうか。また、東