美的 Life Style by 花千代2018/11/25

 

 

 

11月第3週木曜日といえば、いわずと知れたボージョレヌーボー解禁日!

主人が輸入しているマドンヌというヌーボーワインの美味しさをお伝えしたくて、私が主催で開催するようになったヌーボーナイトももう8年目になります。

 

 

 

 

パーティーを楽しくするために毎年設けるDress codeですが、今年は映画からのイメージで「007 CASINOロワイヤル」そして会場は、東京湾のパノラマ展望が素晴らしいフレンチレストランの「T’SUKI Sur La Mer」を使わせていただきました。

 

 

 

 

余興は、ドレスコードにあわせたエンターティメントを数種組み合わせてアレンジ。

ダンスとレビュー、まるでベガスの舞台からやってきたかのような歌手のグレッグさんの見事なパフォーマンスに、DJブース、ルーレット、ブラックジャック、ポーカーからなるカジノディーラーを招いてのプレイゾーンでの構成。

 

 

 

 

パーティの醍醐味は、美味しいフードやドリンク、エンターティメントだけではありません。

やはりドレスコードのお題にそった会場デコレーションと雰囲気作りが最も重要になってきます。

夜景の見えるうつくしい空間でしたが、そこにルーレット台だけを持ってきても、基本的にフレンチレストランなので、カジノらしい雰囲気はつくれません。

 

海外では 映画や舞台美術だけでなく、テーマのあるパーティー装飾にはプロップスタイリストが入ることが多いのですが、一般的に日本にはパーティー専門のスタイリストはほとんどいないので、助っ人に頼んだのはNY帰りのアクセサリー&コスチュームデザイナーの友人、Shin Ishizukaさん。

 

飛び切りのセンスでテーマに沿ったプロップアイデアを出してくれました。

フードピックにトランプをあしらった飾り、床にはトランプ柄の風船やサイコロを転がし、バルーンタワーも設営。ガラスのエントランスドアーには007 CASINOのロゴステッカー、ショーステージにはトランプ柄のオブジェを吊るし、インスタスポットとして用意したルーレットとトランプ、ストレッチリムジンなどの垂れ幕の前には写真映えする遊びの吹き出しや007のロゴなどのピック類!

小道具のピストルも、もちろん用意。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてスタイリングされた空間はまさにカジノそのもの!

一夜限り出現した007カジノロワイヤルの世界をゲストに楽しんでいただくことが出来たのでした。

 

会場では華やかな出演者だけに目が行くことが多いのですが、パーティー会場装飾で裏方を務めるShinさんはじめスタッフ達にも今回参加ゲストのSNSポストから、たくさんのお褒めの言葉をいただき嬉しくなりました。

 

パーティーの成功はまず会場スタイリングから!

来年のヌーボーナイトのお題は「アラビアンナイト」今からアイディアを練るのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花千代 フラワーアーティスト
パリにて4年間フラワーデザインを学ぶ。
帰国後、CMや映画のスタイリング、イベント装花や店舗ディスプレー、ホテルのフラワーアートディレクションなど多岐わたって活躍。
2008年洞爺湖G8サミット公式晩餐会会場装花、2013年オランド仏大統領総理官邸公式ランチョン、APEC総理公邸晩餐会で和のテーブル装花なども手がける。
2013年、2015年と夏目漱石原作芝居「三毛子」と「「こころ」の舞台美術を、2016年新作「乙姫さま」の舞台美術をそれぞれ三越劇場にて担当、テレビ東京「ソロモン流」NHK「グランジュテ」などTV出演、ジュエリーや家具、シューズデザインなどコラボワークも多い。
近著に「花千代流テーブル&フラワースタイリング」誠文堂新光社

Hanachiyo Flower Design Studio  http://www.hanachiyo.com/

https://www.facebook.com/Hanachiyo

 

 

 

美的 Life Style by 花千代 についての記事

もっと見る