今週のチラ見物件2018/11/26

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

マンションマエストロ検定の公式テキスト、「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 マンションマエストロ検定2級&3級テキスト 基礎編 “ストック”が急増する時代マンションを賢く選ぶために」が発売されております。

皆様、是非「今週のチラ見物件」と合わせて、お手元に1冊、読書の秋にいががでしょうか。

「今週のチラ見物件」53回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は昨今、築地市場の豊洲への移転などで、ニュースに取り上げられてます「築地」駅からお届けします。

東京メトロ日比谷線「築地」駅です。新大橋通り沿いに駅の出入口が設置されています。

沿道にはマンションや事務所ビルのほか、飲食店やコンビニが建ち並びます。

東京メトロ有楽町線「新富町」駅も新大橋通り沿いで「築地」駅からすぐ近くにあります。

新大橋通りから1本中に入ると落ち着いた雰囲気の街並みが広がります。

 

 

聖路加国際病院や関連施設のほか、区立福祉センターや教育センター、児童館などもみられます。

アスレチックやカラフルな遊具、噴水などが整備された「区立あかつき公園」。プレートの左右には「タイヤ」があしらわれていますね。

この公園のシンボル的な遊び場、タイヤが並んだ「冒険広場」です。プレートはこのタイヤだったんですね。

もちろん、古タイヤの再利用だそうです。エコな遊び場ですね。

都心の中で、このような子供が思いっきり体を動かせる公園があるのは、子育て世帯には嬉しいですね。ほかにも芝生広場の整備された「区立築地川公園」もすぐ近くにあります。

このような、大きな病院や公園が近くにあって暮らしやすそうな立地に建つのが、今日紹介するマンション「パークホームズ築地」です。

2012年竣工、RC造14階建ての中高層マンションです。

落ち着いた色合いのタイル貼り仕上げです。3方で道路に面し、角住戸率の高い設計です。

エントランス前にはゆったりとしたポーチ(ポルチコ)が配置されており余裕が感じられます。卵のようなオブジェもおしゃれですね。

植栽もきれいに手入れされていて、街並みを美しくしてくれています。

このマンションは共働き夫婦やファミリー向け住戸で構成されています。特に共働きの子育て世代に良い環境ではないでしょうか。

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

『パークホームズ築地』

 

所在:東京都中央区築地7

交通:東京地下鉄日比谷線「築地」徒歩6分

東京地下鉄有楽町線「新富町」徒歩7分

築年:2012年5月/築6年

総戸数:64戸/14階

分譲会社:三井不動産レジデンシャル

施工会社:三井住友建設

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る