美的 Life Style by 花千代2018/8/23

 

 

山中湖に山荘があり、週末は山の家で過ごすようになって10年が経とうとしています。

ウィークデイは都内で働き、週末は自然の中でのんびり、ゆったりとした気持ちで過ごすというのは生活にOnとOffのメリハリがあり、私にとって楽しいライフスタイルとして定着しました。

最初山荘に行った頃は散歩の途中で時々鹿を見かける程度でしたが、最近では鹿の頭数がその頃より増えたようで、ほぼ毎日のようにどこかで見かけるので、森の隣の住人のような鹿という存在に親近感があります。

そこで、山荘に鹿モチーフのものを飾ろう、と思いたち私の鹿モチーフコレクションが始まったのです。

その直後にコンランショップで買ったクッションが、私のコレクション第一号でした。

 

 

 

 

その後インテリア関係の店に行くと鹿モチーフがないか、と探すようになりました。

鹿のドアーフックや、ダンボールでできた鹿の顔のオブジェ、角をデフォルメした壁飾りなどなど、見つけては購入してインテリアを彩ってきましたが、今までで一番大きな買い物は椅子です。

 

 

 

お気に入りのインテリアショツプのASPLUNDである時ディスプレイされていた椅子!

ヘラジカの角(フェイク)で組み上げられ、張り地部分はリアルなハラコを使った何ともワイルドで美しい椅子に一目ぼれした私。

お値段もよかったので少し躊躇しましたが、これこそ鹿モチーフコレクションの竜目になる、と思いきって購入したのでした。

今では遊びに来るゲストが座って自撮りするインスタスポットとなり大活躍です、笑!

 

あと大好きなのは同じく鹿の角でフレーミングした鏡。 角素材は椅子と同じくレジンという合成樹脂の成型なのですが、角の色や風合いがとても自然でよく出来ていて存在感も半端なく山荘のインテリアの主役となっています。

 

 

 

今後コレクションに加えたいのは鹿角モチーフのシャンデリアか、ランプスタンドです。

すでにマークしている製品があるのですが、一気に買ってしまうとつまらないので来年の楽しみに・・・とっています。

 

 

 

花千代 フラワーアーティスト
パリにて4年間フラワーデザインを学ぶ。
帰国後、CMや映画のスタイリング、イベント装花や店舗ディスプレー、ホテルのフラワーアートディレクションなど多岐わたって活躍。
2008年洞爺湖G8サミット公式晩餐会会場装花、2013年オランド仏大統領総理官邸公式ランチョン、APEC総理公邸晩餐会で和のテーブル装花なども手がける。
2013年、2015年と夏目漱石原作芝居「三毛子」と「「こころ」の舞台美術を、2016年新作「乙姫さま」の舞台美術をそれぞれ三越劇場にて担当、テレビ東京「ソロモン流」NHK「グランジュテ」などTV出演、ジュエリーや家具、シューズデザインなどコラボワークも多い。
近著に「花千代流テーブル&フラワースタイリング」誠文堂新光社

Hanachiyo Flower Design Studio  http://www.hanachiyo.com/

https://www.facebook.com/Hanachiyo

 

 

 

 

美的 Life Style by 花千代 についての記事

もっと見る