オープンキャンバス2018/8/16

皆さん、こんにちは。マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

「教えて!マンションマイスター!シーズン2」は

「人生100年時代を楽しむ。マンション選びは長期目線で行こう!」

をテーマに始まりました。

前回は実践編として、街に繰り出して

『マンションが建つ場所の生い立ちを知ってみよう』

を学んでいきました。

 

第7回は前回の続きで、『飯田橋~市ヶ谷』エリアを歩き、『坂』をテーマに、その土地の生い立ちをみていきたいと思います。まずは全体像のMAPをおさらい。

アユミさんと、スミ太君、準備はどうかな?

 

「こんにちは、アユミです!前回は観光スポットの神楽坂を歩いたので賑やかでしたが、今回はお屋敷街のちょっと静かなエリアっぽいですね。楽しみです」

 

 

「ども、スミ太です!このあたりは江戸時代からの由緒ある坂が連なるということで、気分は『侍』で行きたいと思いまする!お殿様!」

 

 

「お、二人とも、今日もやる気満々だね。さあ、出発だ!」

 

さあ、ここから神楽坂から折れて、住宅街へ入っていくよ。

また、緩やかな上り坂が見えてきたね。

だんだん、神楽坂の喧騒から離れて閑静な雰囲気になってきました。

 

あ!案内プレートがあります!「地蔵坂」ですって。面白い名前ですね!

ここからクネクネと小さな坂が連なる。まずは「地蔵坂」だ。坂の途中にある「光照寺」の子安地蔵があったことに由来する。境内に住む狸が地蔵に化けて坂を通る人を脅かしたという話もある。また、かつて藁を商う店が多く、藁店(わらだな)横丁とも呼ばれた。

そうそう、急こう配の坂はこういうすべり止めのアスファルトになるから、これが現れると「何か由緒ある坂かも知れない」という目印になるね。周囲に案内プレートを探してみよう。

 

なだらかな坂沿いに、レトロな建物も多くて、どことなく懐かしさと情緒を感じさせて、落ち着きますね。

地蔵坂に面した「光善寺」。夏目漱石の小説にこの辺りがよく登場する。江戸の文人、太田南畝や尾崎紅葉、泉鏡花などの旧居跡も近い。どことなく文学の香りがするよね。

 

光照寺の向かいには、日本出版クラブ会館があり、レストランなどは一般の方でも利用できたんだけど、10月から神保町に移転することになった。

地蔵坂はこの辺りでも特に情緒あふれる坂なんだけど、残念ながら地蔵坂に接する分譲マンションは無い。昔の建物が多く開発できないんだね。でもその地蔵坂に連なる「新坂」に接するマンションを見てみよう。武家屋敷の跡地に建てられてたという「市谷逢坂テラス」だ。

 

 

道路は西側と南側で、エントランスは西側に持って来ている。

周囲に溶けこむ落ち着いた佇まいですね!

この南側の道路が「新坂」だ。どこかに案内プレートがあると思うから探してみよう。

あ!ありました!ふむふむ、なるほど、新坂はその名のとおり、江戸時代に若宮町と袋町の間を新しく開かれたのでそう呼ばれるそうですよ。

江戸時代の古地図を見ると、武家屋敷の中を貫くように作られているのが分かるよ。幅が狭いので車はあまり通らない。このマンションは南側の新坂沿いの長い間口を活かして、バルコニーを持ってきている。ここは高台で、南側は低層の戸建住宅だから、日照も良し。

坂と高台の立地を生かしたいい設計ですね!

この辺りは、界隈きってのお屋敷街で、公邸も建ち並ぶエリアだよ。さあ、新坂を下って行く前に、この先のお屋敷街に建つもう1棟を紹介しよう。モダンな外観が一際目を引く「レジェンドヒルズ市ヶ谷若宮町」だ。

え?なに、このギザギザ!

ギザギザによって全ての居室が角住戸としての効用を持つ。設計の妙だね。

 

モダニズム建築の巨匠アントニン・レーモンド氏によって設立されたレーモンド設計事務所の作品だ。レーモンドはフランク・ロイド・ライト氏のもとで学び、帝国ホテル建設の際に来日。

その後無くなる1976年まで日本に留り、日本の建築界に多くの影響を与えたんだよ。レーモンドの思想が活かされたモダニズムフォルムだね。

 

へえ、確かに普通のデザイナーズマンションとは品格が違いますね。

隣は最高裁判所長官公邸。昭和3年に馬場氏牛込邸として建築家・吉田鉄郎の設計により建築された歴史的・文化的価値のある名建築だ。東日本大震災後は耐震補強を施して最高裁判所の迎賓施設とした。

さあ、新坂を進んでいくよ。

細い道が続きますね。ひっそりとしています。

さあ、次はこの細い新坂に囲まれるように、ひっそりと佇むマンションを紹介しよう。「マートルコート新宿若宮町」だ。

 

新坂がクルリとカーブを描いて、そのカーブに寄りそうように建ってます。。

このマンションはまさに新坂に囲まれて建ち、歴史情緒を感じさせるね。低層住宅ながら傾斜を活かして重厚感を感じられるよう設計されている。

 

 

 

あ!このマンションの前にも案内プレートがありますね。

 

新坂はまた「庾嶺(ゆれい)坂」に繋がっていて、そのまま坂を下がって外堀通りまで下りていく。

庾嶺坂の碑には、「江戸初期この坂のあたりが美しい梅林があったため、二代将軍秀忠が中国の梅の名所の名をとったと伝えられるが、他にも坂名の由来は諸説あるという」とある。「幽霊坂」から来た説もある。

 

わっ。だんだん道幅が狭く下り坂もきつくなっていきますね。

 

 

坂を下りきるまでに、右手に石垣や赤レンガの塀が続く邸宅、左手にキリスト教会があり風情を醸し出している。

 

この地蔵坂~新坂~ゆ嶺坂のルートは、散歩にいいですね。

 

坂を下り切ると、外苑通りだ。

今回の坂巡りはこの辺りで終わり。次回はまた外苑通りから山手へ、『「逢(おう)坂』や『鰻(うなぎ)坂』『「鼠(ねずみ)坂」』を歩いてみよう。

 

 

「え?今度はウナギに、ネズミですか?面白い名前!どんなマンションが出てくるか楽しみです!」

 

 

 「名前を辿ると、その土地の成り立ちのストーリーが分かってくるのがこのエリア巡りの楽しみだね。次回はさらに急こう配の坂が続くから、そうだね、スニーカーで集合しようか。夏バテの季節だけど、食事もちゃんと取って、体力つけてきてよ。ウナギなんでいいんじゃない?」

 

 

 「はい!もちろん、石川サンのおごりですよね!」

 

え?最近ウナギがめちゃくちゃ高騰しているんだけど・・・ま、出演料ということでいっか。では、この続きは次回お届けします。

お楽しみに!

 

 

石川勝

不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。

 

 

 

オープンキャンバス についての記事

もっと見る