今週のチラ見物件2018/7/17

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川勝です。

 

週に一度の居ながらお散歩コーナー、「今週のチラ見物件」の42回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は証券街として有名な「茅場町」駅からお届けします。

東京メトロ日比谷線・東西線の通る「茅場町」駅です。永代通りと新大橋通り沿いに複数の出入口が設置されています。東京メトロ各線が通る「日本橋」駅へは地下通路を通じてアクセスできます。

大通り沿いには証券会社や大企業などの中高層事務所ビルが建ち並びます。

周辺オフィスに勤めるビジネスマンを対象にした飲食店などもみられます。

今回は「日本橋」駅側を歩いてみます。茅場町に隣接する日本橋兜町には日本最大の金融商品取引所、ニュースでよく耳にする「東京証券取引所」があります。

日本初の近代的な銀行「第一国立銀行(現:みずほ銀行)」もこの兜町が発祥の地です。

日本橋界隈は景観を損なうとして高速道路の地下化も長く議論されていますね。将来、高速道路の無い風情ある景色が見られるのでしょうか。

永代通りから中に入ると、ちょっと趣が変わります。例えば、この公園。1889年に開園した、東京の市街地で最初に設けられた小公園「坂本町公園」です。春には園内のソメイヨシノが咲き誇り、お花見スポットとなります。巻貝のようなすべり台など遊具も揃っています。

 

また、大通りから中に入ると、こうした「穴場」的なお店が軒を連ねるのも、このあたりならではの風情です。

 

 

さらに、大通りから中に入った立地にはオフィスに混じって、ちらほらとマンションもみられます。

 

そんな街角に建つのが今日紹介する「グランド・ガーラ日本橋茅場町」です。

2002年竣工、SRC造11階建ての中高層マンションです。

 

外壁はブラウン系のタイル貼り仕上げ、エントランス周辺は石貼り仕上げとなっています。

都心中心部のオフィス街ということで、全戸1LDKの間取り、利便性を重視した単身者やディンクス向けの住戸で構成されています。

エントランス周りの外壁は表情豊かな石貼り仕上げです。エントランスにはモニター付オートロックや不在時などに便利な宅配ボックス設備があります。

 

こちらのマンションは単身者やディンクス向け住戸で構成されています。職住近接をご希望の方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

『グランド・ガーラ日本橋茅場町』

 

所在:東京都中央区日本橋茅場町2

交通:東京地下鉄日比谷線「茅場町」徒歩2分

東京地下鉄日比谷線「八丁堀」徒歩5分

築年:2002年4月/築16年

総戸数:100戸/11階

分譲会社:エフ・ジェー・ネクスト

施工会社:松井建設

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

石川勝

不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。

 

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る