今週のチラ見物件2018/6/7

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川勝です。

 

5月27日(日)に企画した

第3回『タワーマンションをフィールドトリップ!タワマンならではの「ここを見るべし!」を伝授します』

後日談のブログをアップしました!

当日の楽しい雰囲気が伝わりますでしょうか?

ご参加頂いた方、ありがとうございました。ご参加頂けなかった方も、ブログで追体験してくださいね。

 

さて、週に一度の居ながらお散歩コーナー、「今週のチラ見物件」の36回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は江東区の東京メトロ東西線「東陽町」駅から紹介致します。

最寄駅の東京メトロ東西線「東陽町」駅です。

東西線は副都心線以外のすべての東京の地下鉄と接続駅を有することで知られており、どこへ行くにも便利な路線です。

 

駅周辺はオフィスビルや店舗、マンション等が混在して賑やかで活気のあるエリアです。

近くには江東区役所があり、行政手続きに便利です。

 

また、24時間営業のスーパーやドラッグストア等もあり、日用品の購入にも不便はありませんね。

周辺は大規模マンションが多く見られるエリアで、歩道もきれいに整備されていて安心です。

このエリアのオアシスとなっている「横十間川親水公園」です。

江東区が「区民の水辺」をテーマに整備した、延長1.9km、面積5.1haの大規模公園です。

広い水面を活かした貸しボート場や水上アスレチック、野鳥の島、また花菖蒲園や田んぼのある「生物の楽園」など水にちなんだ施設が充実して、区民の憩いの公園となっています。

 

また、こういった緑道や川のせせらぎを感じながら歩くと、気分がリフレッシュしますね。

 

こうした緑道を歩いていると、今日紹介するマンションが現れます。

緑に囲まれたマンション、「ガーデンフラッグシティ」です。2002年築、総戸数391戸、三井不動産㈱、住友不動産㈱、三菱地所㈱、等から成るジョイントベンチャー(共同企業体)が事業主の大規模マンションです。

 

外壁はホワイトのタイル貼りで清潔感があり、また、太陽の光を浴びてキラキラしていますね。

 

マンションの敷地出入口は永代通りに面しているため、長いエントランスアプローチとなっています。

アプローチ内は植栽が配され緑豊かです。

 

駅から徒歩2分という好立地。しかも、緑に囲まれた周辺環境の中で、マンション敷地内にもひと際、緑が目立つマンションです。

ファミリー向け住戸が中心で、まだに子育てに最適なマンションですね。

詳しく知りたい方はマンションの詳細情報を見てみましょう!

 

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

『ガーデンフラッグシティ』

 

所在:東京都江東区南砂2

交通:東京地下鉄東西線「東陽町」徒歩2分

築年:2002年11月/築15年

総戸数:391戸/14階

分譲会社:三井不動産 住友不動産 三菱地所 他2社

施工会社:三井建設

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

石川勝

不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る