今週のチラ見物件2018/5/18

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川勝です。

 

このサイトでも告知が出ましたとおり、5月27日(日)に開催する第3回のフィールドトリップの準備に入っています。

今回はタワーマンションですよ。お楽しみに!

 

さて、週に一度の居ながらお散歩コーナー、「今週のチラ見物件」の34回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は駅の回りに公園がたくさんある「南砂町」駅からお届けします。

 

東東京メトロ東西線「南砂町」駅です。駅の出入口は東陽町側の西口と荒川側の東口に大きく分けられます。東口は3つの出入口に分かれています。

今回は東口から北方に向かって歩いてみましょう。意外と知られていないですが、南砂駅周辺は公園が多いです。

駅を出るとすぐに緑豊かな駅前公園「南砂三丁目公園」が広がっていてます。

面積約3万9千㎡広大な敷地に、緑が広がっていて、とても気持ちがいいですね。

この公園のあたりは昔「砂村新田」と呼ばれた海岸の低湿地で、昭和の初め頃は、スイカ、カボチャ、キュウリ、ナス、ネギなどが生産され、東京都内の台所を支えてきたそうですよ。

この公園にはムクドリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、カワラヒワなどの野鳥が訪れる名所で、公園内のあちこちに野鳥を説明する掲示板が設置されています。

公園の中には「メトロ・スチナカ」というインフォメーションセンターがあります。2020年度の完成を目指して、駅の大規模改良工事が予定されていて、その内容を紹介しています。

東西線が走るプラレールや鉄道シミュレーター、その他メトロ路線についての展示と、電車好きのお子様が喜びそうですね。

駅前から続く丸八通りを北上し、葛西橋通りを東に進むと、ショッピングセンター「トピレックプラザ」があります。

スーパーの「イオン館」、アミューズメントのある「東館」、スポーツクラブのある「西館」、飲食店を中心とした「プロムナード屋外店舗」から構成され、人も多く活気で溢れています。

 

葛西橋通りから少し北に向かったところに、今日紹介するマンション「ライオンズステージ仙台堀川公園」が見えてきます。

2004年竣工、RC造8階建ての中高層マンションです。

 

ウエストビラとイーストビラの2棟から構成されています。外壁は上品な印象の淡いベージュ色のタイル貼り仕上げです。

 

敷地周囲は植栽が整備されており、1階住戸のプライバシー保護だけでなく、地域の良好な住環境にも寄与しています。」

 

エントランスにはモニター付オートロックと不在時に便利な宅配ボックス設備が用意されています。

40㎡台のディンクス向け住戸や、100㎡超のファミリー向け住戸など多彩なプランで構成されています。ショッピングセンターや仙台堀川公園から近く、子育て世帯の暮らしやすい環境にあります。

詳しく知りたい方はマンションの詳細情報を見てみましょう!

 

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

『ライオンズステージ仙台堀川公園』

 

所在:東京都江東区東砂7

交通:東京地下鉄東西線「南砂町」徒歩14分

築年:2004年3月/築14年

総戸数:57戸/8階

分譲会社:大京

施工会社:大末建設

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

石川勝

不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る