オープンキャンバス2018/4/13

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと不動産鑑定士の石川です。

 

この「教えて!マンションマイスター!」で初回から講義を続けていた「マンションの価値を現すマトリックス表を埋めていこう」が、前回の第21回で最後の枠が埋まり、完成しましたね。

初回からずっと講義を受けて頂いた方、ありがとうございます!

 

さっそく、そのマトリックスの完成形を見てみましょう。

はい、このマトリックス表ですね。

この表が皆様の住み替え活動に欠かせないものになるよう、これからも折を見て引っ張り出していきますので、保管しておいてくださいね。

 

さて、次回からの講義のお話をします。

 

ふりかえれば、私は第1回講義の前にこんなことを言っていました。

 

=====

このサイトもそうですが、いろんなWEBサイトを見ていると、自分の住みたい街の中で、あっちのマンションがいいかも、こっちのマンション素敵と、いろんなマンションが目移りしている方も多いかと思います。

そうやって選択肢がたくさんあるうちは夢を描けて楽しい時間ですが、いざ本気で探そうとなると、何を決め手にマンションを選んだらいいか決め手に欠き不安になられる、という方がとても多いです。

 

何て優柔不断なんだろう、と悩まないでください。

そういうものです。

誰しも通る道です。

だって、これだけ高価な買い物で、しかも自分のライフスタイルを変えてしまうものなのですから、慎重になって当然、悩んで当然です。

 

私は東京カンテイという日本最大級のデータベースを持つ会社の中で、10年以上不動産鑑定士として何百とのマンションを鑑定してきました。

また、その中で、マンションマイスターとしていろいろな方の住替えをアドバイスしてきました。

悩んで悩んで、ようやく一つのマンションに住替えて、ああ良かった、イメージどおり、と満足される方がいます。

一方で、残念ながら、こんなはずじゃなかった、もっとよく調べておくべきだった、と後悔される方もいらっしゃいます。

そんなとき、ああ、どうしてもっとマンション選びの「コツ」を情報発信できなかったんだろう、マンションの「価値」は何なのかうまく教えてあげられなかったんだろうと思っていました。

そんな経験から、いつか「マンションの価値」を理論的に噛み砕き、こういう視点でマンションをチェックすればそのマンションの価値が把握できる、ということを体系的に整理したい、と思っていました。

=====

 

・・うむ、なるほど。今から思えば、かなり気負って、偉そうなことを述べてますね(苦笑)。

どんなマンションを選べば、失敗しなくて、100%満足できるんだろう、というのは住み替えの永遠のテーマです。

「知は力なり」で、その要素を理論的に整理して1つ1つ潰していくのは、正攻法と言えるでしょう。そのために、この講義で「マンションの価値を形成する要因」として整理してきました。

 

しかし一方で、必ずしも、理論的・画一的に、区分けできない要素も多々あるのです。

なぜなら、住み替えというイベントは、その住み替えを行う人にとって、最終的には「目的」でなく、「手段」だからです。

 

その方の人生の中での目的があり、その目的を果たすために、住み替えという手段を選んでいるんですね。ですので、その「目的」は人それぞれで、皆さん背景が違うわけです。

その背景まで含めて考えると、「マンションの価値を形成する要因」もパーソナライズされてくる部分もあるのです。

一言でいうと、「人それぞれ」です。

 

え?今まで理論的に進めてきてそれはないだろう・・?って声が聞こえてきました。

はい、すみません。説明不足でした。

しかし、住み替えを経験された方の「そうそう」と頷いているのが目に浮かびますね。

 

さて、そこで。

次回からの「教えて!マンションマイスター!」はシーズン2として、次のテーマで講義を始めます。

 

教えて!マンションマイスター!シーズン2

 

「人生100年時代を楽しむ。マンション選びは長期目線で行こう!」

 

マンション選びの背景は人それぞれ。

「どうしてもいついつまでに探さないといけない!」という人にはまた別の探し方があるとして今回は他の専門家の方にお任せします。

 

私が講義するのは、「漠然と住み替えに憧れている」「いいマンションに出会えれば住み替えを検討したい」「急かされず、自分のペースで時間をかけて選びたい」という人に向けてのものです。

 

人生100年時代。今50歳の人だってまだ人生半分。あと50年の人生が待ってます。焦ることなく、じっくり選んでも遅くはないとは思いませんか?そんな提案をしていきます。

 

さて、シーズン1は私一人で講義を進めてきましたが、シーズン2からは助手が加わります。そうそう、「フィールドトリップ」に参加いただいた方は、もうお会いしていますね。私のチームの初々しい2名を紹介します。

 

では、一人目。

 

「皆さん、初めまして!スミ太です。皆様の住み替えのお手伝いをさせて頂きます!」

 

30歳をちょっと過ぎ、都内に暮らすサラリーマンのスミ太くん。

「自分の城」として持家志向がつよく、休日は街歩きを兼ねてマンションを見て回る日々。

趣味は散歩、食べ歩き。そしてかなりの鉄道ファン。お人良しでおっちょこちょい。感情豊かで涙もろい一面も見せてくれる、愛すべきマスコットキャラ。

 

そして、もう一人!

 

「こんにちは!アユミです。頼りないスミ太先輩をフォローしますね!」

 

30歳をちょっと前、スミ太くんと同じ会社で働く元気女子のアユミさん。

都内の戸建で一緒に暮らす両親から、管理が楽なマンションへの住み替えのお手伝いを依頼された。

自身もこれを機にマンションを買って一人暮らしを計画中。負けん気が強い努力家で、優雅なインテリアコーディネーターから

ガテン系の大型特殊免許まで数多く保有する資格マニアでもある。スマホの画面が割れたまま使っている。

 

 

それでは、次週からこの3名が「教えて!マンションマイスター!シーズン2『人生100年時代楽しむ。マンション選びは長期目線で行こう!』」

お届けします。こうご期待!

 

 

 

 

 

マンションマイスターの石川でした。

「アシスタントのスミ太でした!」

「もう、スミ太先輩、目立ちたがりなんだから!あ、アユミでした」

 

石川勝

不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。

オープンキャンバス についての記事

もっと見る