マンション専門家による、マンション総合情報サイト

ボンが見聞きしたあの街の美味しいお店2017/11/17

 

ワタシのご主人はこの家の奥様。毎日のようにワタシを散歩に連れて行ってくださる。

そしてご自身は美味しいレストランで毎日のように食べ歩き、カフェでコーヒーを飲み時々ケーキも食べ、その街の美味しいパンを買って帰る。たまに奥様のダンナ様もご一緒する事もあるが回数は限られている。そしてその日の食事報告をワタシに逐一してくださる。たまに私の食事分もドギーバッグに入れて持って来てくださる。。

あっ、私の名前はボン。オスのコッカースパニエル、4歳。

 

 

さて11回目のお話は「水天宮・浜町」エリアの話

 

 

 

水天宮の総本山は福岡県久留米市。日本全国にある神社で東京にはここ蛎殻町(かきがらちょう)以外にも池袋や清瀬、立川にもある。ワタシたち犬のお産が軽いのにちなんで戌の日に祈願すると安産になると言われている。そのため戌の日のこの辺りの賑わいは大層のモノだ。

 

今日ここに来たのはおそらくワタシの希望で、やや広い浜町公園で遊ばせてくれるのが目的の一つのはず。嬉しい ワン。

 

 

でも、まずは水天宮へお参り。

 

 

その後、浜町緑道を通って散歩しつつ(ここ、公園かと思ってたら単なる緑道らしい。)、

 

南ドイツパン専門店として1993年にスタートしたB;「タンネ浜町本店」で、明日のパンを購入。タンネとはモミの意味。2014年リニューアルして、カフェも併設。

 

 

買ったアイテムは「プレッツェル140円」、「シュネッケンヘーゼルナッツ入り150円」、「ロゼッテ120円」、「焦がしたバターとシナモンシュガー120円」、

「くるみブロートのハーフサイズ315円(小麦40%、ライ麦60%配合)」クルミがたっぷり入ったモノ。

奥様はくるみブロートがお気に入り。ダンナ様は圧倒的に甘い「焦がしバター、シナモンシュガー」の大ファン。ワタシも食べたが、ホントほんのり甘くて美味しかった。

 

 

 

 

いよいよか…浜町駅方向へポタポタ、はやる気持ちで足がだんだん早くなる。

明治座を横目に見ながらますます早足に。

わー、やっぱり浜町公園。ここはもちろん飼い主がリードを離してはいけないがまずまず広い場所を走ることが出来る。しかも、草もふかふか生えていて気持ち良い。

ワタシも久々に思いっきり走らせてもらう。奥様はしんどそうだけど、今日ばっかりは目一杯遊ばせてもらおうっと。言っては申し訳ないが先週の恵比寿散歩は物足りなかった…。

 

と言うことで小一時間遊ばせてもらった。

ようやくワタシも落ち着いた。

 

 

お返しに、奥様、ランチは長めに待ってもいいですよ。

と言うことで以心伝心、今日は水天宮のフレンチにしたみたい。こんな場所に実は美味しいフレンチがある。

 

 

 

でもその前に、名物どら焼きのS;「茂ち月」へ。この前来た時も売り切れていて、早めに来ないと手に入らないどら焼き。赤坂の「塩野」が一番好きだが、この「茂ち月」のどら焼きは手に入りにくい分だけより欲しくなってしまうシロモノ。奥様より甘いもの好きのダンナ様のお気に入り。

 

 

さて、無事にどら焼きをゲットの後、ポタポタ水天宮方向へ再び歩き出す。

 

 

 

 

2001年オープンのフレンチレストラン「ル・ブション」。

この日はこの店のスペシャリテをコースで全オーダー(税抜き2980円)

 

 

全部あとで分けてもらって食べた。なかなかイケるワン。

前菜は「トマト、アボカド、ズワイガニのカクテル仕立て」。

綺麗な彩のカクテル仕立て。ズワイ蟹もたっぷり入り、美味しい。

 

 

メインは「山形豚のポアレ、シャルキュティエールソース」

シャルキュティエールソースとは昔からあるフランス料理の伝統的なソースで、白ワイン、玉ねぎ、ピクルス、マスタードなどを使っているソース。豚肉の脂の甘さがソースで活かされていて美味しい。

 

 

デザートは「クレームブリュレ」。

セットのコーヒーと食べると余計に美味しいさが増す、と奥様が言っていた。

 

このランチならば味もコスパも、店のマダムの接客の良さもかなりいい感じ。

 

 

ゆっくり1時間半以上時間をかけてランチを楽しんだ奥様は、さっきの激走の散歩の疲れも取れたみたい。

このあと、人形町の甘酒横丁をゆっくり散歩。

今日は人形町側というよりは重点は浜町と水天宮。

 

このあたりは東野圭吾原作の「新参者」や「麒麟の翼」などの撮影地になったところも多く、ポタポタ散歩がより楽しめる。

 

おぉ、なんとその「新参者」でいつも阿部寛が鯛焼き屋さんに並んでギリギリ売り切れて買えない撮影現場になったS;「柳屋」にリアルに人がいつもと違って並んでないではないか?

「ちょうど今、行列が途切れました」とお店の方が教えてくれた。

 

 

お腹はいっぱいでも、奥様は絶対食べると思う‥わぉ、私のぶんも。ひとつ150円でこの幸せはすごい。尻尾からワタシはいくタイプ。餡子もそこまで甘くなく、皮もパリパリで美味。

 

あれ?奥様のお知り合いの日本文化好きの平塚マダムが和服で早足で、鯛焼き買いに来た。

10個買って配るらしい。

 

 

 

ランチの話になっているが、どうやら平塚マダムは「よね家」で「鳥わさ丼」を今食べて来たそう。

ランチメニューは「鳥わさ丼」オンリー。あそこはお米も美味しい。量が小、並、中、大の4種。今回、マダムは「中」を頼んだが量が食欲旺盛のマダムでさえ少し多かったようだ。

多分、普通の人は「並」で十分だと思う。

 

少し硬めのご飯の上に鶏肉が重なり合う配置。白胡麻、赤ジソ、大葉、刻み海苔、食用菊が彩りと味の風味を引き出す。

 

湯引きされた生に近い鶏肉は下味として醤油とわさびでしっかり味付けされ、さらに鶏肉の上に乗った生わさびが「く~っ」と効いて、味わったことのない美味しさが襲ってくる。1日60食限定なので、早ければ13時頃には完売するらしいので要注意。

 

店は昼11時45分オープンだが、11時20分頃からボチボチ人が集まり始め12時には店内ほぼ満員。なのでお早めにどうぞ。店内には靴を脱いで入るため、入口の所に大量の靴が所狭しと並ぶのも一景。そんな話を平塚マダムがしてくれていた。

 

 

平塚マダムはこの辺りの美味しいイタリアン・フレンチのお店を今度は奥様に聞き出している。

奥様は先ほどのフレンチ「ル・ブション」と夏に行ったイタリアン「ロットチェント」の名前を挙げていた。

 

 

ロットチェントはサローネグループの一員で料理のレベルが高い。

ここでは他のグループ店と違ってカジュアルに絶品イタリアンを楽しめる。

昨年の9月オープンし既に1年経過。既に人気になっているが当日予約でも時間によって入れる日もある。

 

 

奥様のお気に入りメニューは「ハイカロリーサラダ」と言う名のペコリーノチーズと胡椒がふんだんにかけられたサラダ、と「神戸風じゃがいもロースト」…ローズマリー風味のじゃがいもロースト。じゃがいもを塩茹でして冷凍。冷凍のまま油で揚げ、神戸牛の脂で長時間ロースト。少し塩が強いがカリカリ表面で美味しい。行ったら絶対オーダーすべきと奥様は言っている。

 

 

「たこジャガ」はこの店の名物。広島産の真蛸、ジャガイモ、シチリアトマトの煮込で、ジャガイモがトロトロ、タコはシコシコ歯ざわりで美味い。

 

 

「イカキモのラグー、極太麺」…イカとイカ肝の赤ワイン煮込。絶品。和の料理を感じるもの。

 

「辛めのアラビアータ」…ニンニクとピリッと唐辛子が効いている、上に乗っているのはイタリアンパセリ。美味しい。この2つのパスタはオーダーのマストアイテム。

 

 

「クスクスを使ったデザート」

スパイスが効いてピリリとしつつも甘いクリームと混ぜて複雑系スイーツになっている。実はこれは定番デザートではないが相当美味しく、次に訪ねた時にまたあれば、これをオーダーしたいと奥様は説明していた。

 

平塚マダムとはここでお別れ。

 

 

 

奥様は食器屋さん巡りをしつつ「黄金焼き」を売っているSH;「壽堂」に立ち寄った。

明後日、会う人への手土産用に。

 

今晩はお寿司屋さんらしい。先週、野火さんに刺激を受けて「寿司食べたいスイッチ」が入った奥様が坊ちゃんの誕生日祝いに家族3人で予約困難店の予約を人に譲ってもらったらしい。20時半からの2回転目の会。

 

 

問屋街をポタポタ散歩。

 

 

 

途中海苔の卸売販売店SH「嘉根保(かねやす)」にひょいと寄って、海苔購入。

デパートで売ってる海苔がここでは半額以下になるので、お得。知らなきゃ損々。

 

この辺りの散歩途中で坊ちゃんと合流。

今日のお昼に坊ちゃんも仕事がてら水天宮界隈でランチしていたのだそう。

 

行ったのは「日勝亭」

 

 

大正14年創業で100年近くの歴史を持つ洋食屋。こんな小洒落た綺麗な店になってるとは…。どうやら昨年リニュアルしたらしい。

 

3年前にダンナ様と奥様に連れてこられたお店の時はもっと古めかしかった。今やステキ感溢れてる。その時はダンナ様が「スライスされたウインナーの乗ったヤキメシ」、奥様が「ナポリタン」を食べていた気がする。ヤキメシは今の4代目が父親から譲り受けたフライパンで作られているとか言っていたのを思い出した。

 

 

坊ちゃんは「ミートソース」をオーダーしたと言う。このメニューにはサラダとコンソメスープが付いてくる。それでいて今時750円と言う良心的なお値段。

 

坊ちゃんドギーバッグに入れてワタシに下さった。ミートソースは見た目かなり黒い。スパゲティ界の松崎しげる状態。

中身は細かなひき肉、マッシュルーム。

 

 

美味しいがかなり濃厚な味なので奥様がいつも持っているコンパクトなペットボウルに水を入れてくれたので、ぺろぺろ飲んだ。

美味しい味の濃いいデミグラソース。店のホームページによると「伝統のデミグラスソースは、ひと月近く煮込み、仕上げに小麦粉とラードを入れてあえて焦がす。」と書いてある。

ひと月…ドッグイヤー換算で言えば人間の7倍のスピード。つまりは7ヵ月煮込んでいるという事。。なんとありがたい、と思ってしまう。

 

好みの差はあると思うが、好きか嫌いか、ワン!アンドオンリーのミートソース、一度は食べないとミートソースの世界の広がりを知らないままなのも損だと思う。

 

 

さてそうこうしているうちに今日のメインイベント。坊ちゃんの誕生会を催すべく鮨の人気店「すぎた」さんに集合。

 

 

奥様と一回転目の人たちが出てくるのを外で待っていると、知り合いばかりが続々出てくる。グルメライターの高林さんも出てきた。

 

奥様たちの今回の席、約1年前に予約なさった方のモノを交換してもらって行くことが出来たらしい。

ワン ダフル!ワタシは外でおとなしく座って待つが、外まで犬の嗅覚なら分かる酢飯、海苔、様々なネタの匂いがお腹を刺激する。今日は奥様たちいくつワタシに持って帰って来てくれるかなぁ~。

 

外でクンクン匂いを嗅いでいると分かるが、お通しの後はアイナメ、ヒラメと出ている模様。あー、たまらない。。

 

 

 

「青森のアイナメ、寝かせて、〆て、塩で、炙って」、

「北海道の利尻のヒラメ、こちらは寝かせず」

「イワシ、酢漬けのミョウガ、わさびが脂で効かないのでわさびをたっぷりつけて」、

「対馬の穴子の白焼き」

「あん肝を少し甘く」、「筋子」、

秋田の貴醸酒「新政(あらまさ)」であん肝と相性良く流し込むと良いお味。

アワビの肝も味噌漬けで、絶妙な味。

 

このあたりでツマミから握りへ。

 

 

 

「スミイカ」、「鯛」、「鯵」など…が続いているみたい。

坊ちゃんの歓喜の声が時々聞こえる。

 

 

別のお客さんがホタテの磯辺焼きを食べているのを見て、坊ちゃんが「磯辺焼き」を追加オーダーしているのも聞こえた。

 

 

 

 

その後はみんな食べることに夢中のよう。続々と美味しいネタのオンパレード。

「サワラの稲わら燻し」、「中トロ」、「イワシ、今朝の塩じめ」、「甘いぷりぷり車海老」、「金目鯛」、「うに」、「マグロ漬け」、「シマエビ」…。こっちはこの匂いだけでダウンしてしまいそう。

 

 

「ホッキ貝」に合わせて「甘うまい‼︎」という声が聞こえてくる。

そしてここで大将の杉田さんの良い声で「ふわふわ穴子、塩で」と聞こえて来た。

穴子が出たらそろそろ終了…そして「玉子」が出ている様子。

 

おっ、フィニッシュに近づいてる。。ワタシもお腹がすいてきてたまらないので、もう帰りたい。

その前に幾つかお寿司をたべれることを期待して。。早く

 

 

テーブルには「アサリの味噌汁」、「干瓢にわさびの巻物=鉄砲」が〆に用意された模様。

 

みんなお腹いっぱいな様子だけど、人気店ゆえいつまた来れるか分からないので、途中からは胃袋に入れられるだけ奥様もダンナ様も坊ちゃんも入れてる様子。

 

カウンター席同士のやり取りも、大将との会話も盛り上がっているようで笑い声が絶えず聞こえてくた約3時間半。結局終わったのは夜中の12時近くなったが、いいお誕生日になったみたい。

坊ちゃん、改めておめでとうございます。

 

 

 

 

で、肝心のワタシへの土産はツマミの穴子とお寿司はマグロの漬けと車海老の2貫だけ…。貝類はもちろん犬には悪いので食べれないが、ものすごくその2貫が美味しかっただけにちょっと物足りないので、家に帰ったら、ドッグフード少し食べよう…。

 

 

今回の水天宮、浜町はこの辺で。夜中になったので眠いワン…。おやすみ、また来週。

 

 

* 文中に出てくるBはパン屋さん、Sはスイーツ、Cはカフェ、SHは土産や品物を買った店、数字を囲む◯は昼間の利用、●は夜利用を表すワン!

この情報は作者とボンの散歩時点のものであり、変更が起きている場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

 

 

川井潤  食関係含めた幅広いプロデューサー

食に限らず多くのプロジェクトを手掛ける。テレビ番組「料理の鉄人」企画ブレーン(1992年~97年)。地域や食のため世界中に出向く。ほぼ外食生活。食べログフォロワー数日本一。食雑誌dancyu等、執筆多数。

https://tabelog.com/rvwr/kawaijun/

 

ボンが見聞きしたあの街の美味しいお店 についての記事

もっと見る