マンション専門家による、マンション総合情報サイト

今週のチラ見物件2017/11/17

こんにちは、マンションマイスターの石川です。

 

週に一度のバーチャルお散歩コーナー「今週のチラ見物件」の12回目です。

 

改めて説明しますと、このコーナーは、毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

 

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は、自然豊かな「浜町公園」目の前の「浜町」駅からお届けします。

 

都営新宿線「浜町」駅です。出入口は人形町方面と金座通り方面の2か所に設置されています。今回は金座通り方面をご案内します。

駅前にはスーパーや飲食店が立ち並び、ビジネスマンの姿も多く、賑やかです。

 

中央区最大の公園、緑豊かな「区立浜町公園」もすぐ近くにあります。改めて訪れてみても、緑が多く広々として、都心のオアシスになっています。

「浜町公園」には隅田川を見渡せるデイキャンプ場のほか、児童公園、運動広場、総合スポーツセンターなどが整備されています。

 

少し歩くだけで隅田川が現れます。「隅田川テラス」という名称で、川辺が整備されています。ベンチも整備されていますので、ゆったりとした隅田川をのんびりと眺めることもできます。

隅田川テラスでは散歩やジョギングを楽しむ人たちが多くみられます。水と緑に囲まれた良好な環境が整っています。中央区=オフィス街というイメージががらりと変わりますね。

 

大通りの清洲橋通りや金座通り沿いには店舗や事務所ビルが建ち並びます。

カフェも、セレブチックな上品なお店も、オフィスビルの1Fというのが定番。これが中央区の日常風景です。

また、他のエリアだと私のような(?)中年のサラリーマンがちょっと躊躇するおしゃれな店構えでも、割と気軽に入っていけそうなのも中央区の日常風景のおかげ。

ちなみに金座通りの「金座」とは江戸時代に金貨の鋳造、鑑定、検印をしていた場所だそうです。この金座通りを西に進み、「人形町」駅、「三越前」駅を越えたあたりに日本銀行があり、その名残がうかがえます。

そんな金座通り沿いに建っているのが今日紹介するマンション「ファミール日本橋浜町グランスイート」。

2003年竣工、SRC造13階建て、正面のアウトフレームの構造が、がっしりした印象を感じさせるマンションです。

外壁は落ち着いた色合いのタイルと石貼り仕上げでスタイリッシュな印象です。

 

 

エントランスは大きな御影石を組み合わせた外観で、高級感があります。不在時などに便利な宅配ボックスも設置されています。

こちらのマンションは単身者から100㎡超のファミリーまで各種タイプで構成されています。近隣には浜町公園や小学校があり、都心でありながら、どの世帯も暮らしやすい住環境の整った立地です。

 

 

 

いかがでしたか?もっと詳しく知りたい方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

 

『ファミール日本橋浜町グランスイート』

所在:東京都中央区日本橋浜町1

交通:東京都交通局新宿線「浜町」徒歩1分

東京都交通局浅草線「東日本橋」徒歩4分

築年:2003年1月/築14年

総戸数:83戸/11階

分譲会社:丸紅 新日本建物

施工会社:鹿島建設

 

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

マンションマイスターの石川でした。

 

石川勝

不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る