ボンが見聞きしたあの街の美味しいお店2021/7/31

ワタシのご主人はこの家の奥様。毎日のようにワタシを散歩に連れて行ってくださる。

そしてご自身は美味しいレストランで毎日のように食べ歩き、カフェでコーヒーを飲み時々ケーキも食べ、その街の美味しいパンを買って帰る。たまに奥様のダンナ様もご一緒する事もあるが回数は限られている。そしてその日の食事報告をワタシに逐一してくださる。たまに私の食事分もドギーバッグに入れて持って来てくださる。。

 

あっ、私の名前はボン。オスのコッカースパニエル、4歳。

 

 

 

今回は前回同様浅草橋をポタポタ散歩。

駅前の雑貨屋さんのマスクは日本一安いのではないかと思えるほど物価の安い町。

お財布に優しい街。

 

今回は面白い料理のあるお店からスタート。

 

 

ストーン

焼きカレーを食べに来たのに、つい先日も別の店でカレーを食べたので、今日は焼きカレースパゲティにしてみた。

 

実はここでは、普通?の焼きカレーライスしか食べたことなく、今日は新たなチャレンジ。

客の9割以上は焼きカレーライスなので、ちょっとドキドキ。

 

 

 

待つこと10分、グツグツ煮立っているカレールー。その上に乗る溶けたチーズ&目玉焼きが食欲を刺激する。

スパゲティはカリカリに焼けた部分まであり、なかなか手強い。ルーと一気に混ぜて口に放り込む。う、やはりスパも美味しい、そんなに辛い訳ではないが、旨さが口に広がる。

 

 

セットのサラダ、食後のコーヒー(しかも、サイフォンでちゃんと入れてる)で900円はステキすぎ。

 

 

別の日のランチは安政元年(1854年)創業の老舗のお蕎麦屋さんを訪問。流石に167年の歴史は凄いな。

 

 

蕎麦の あさだ

 

このあたり本当に昔からの老舗がまだまだたくさん残ってくれていて、そして美味しいモノの多い町だから好きな町。

数年ぶりの訪問。

 

まずは入店してすぐに手のアルコール消毒を求められる。

 

一階満席ゆえ二階に通される。二階も案外広い事に今更ながら気づいた。

温かいおしぼりとお茶が用意される。

 

外は暑いので「夏野菜の冷かけそば(税抜1200円)」と「おろしせいろ(税抜850円)」と悩んだが、後者をオーダー。

 

 

メニュー表の説明書きをあまりちゃんと読まずに注文して後から気づいた。

結構辛い大根だった。これは『おろしせいろ』というより『辛み大根せいろ』とメニュー名につけてないと辛いの苦手な人にはキクー!って感じ。奥様は辛い方が好きなので願ったり叶ったりの味。夏にはこれこれって感じ。

 

 

まずはおろしも入れず、ネギとワサビを少し入れて純粋にせいろそばを楽しむ。

蕎麦は風味も良く、食べやすいタイプ。ツユはやや辛めでこれも好み。160余年の歴史の味といったところか。

 

 

数口食べたのち、大根おろしを適量、そば猪口に移していただく。

美味い。結構理想に近い辛味大根そばの味。

ズズっとすすって美味しくいただく。大盛りにしてもらったほうが良かったか、と途中後悔しつつも、食べ終わってみるとちょうど良い感じ。

 

おろしも入ったツユに蕎麦湯を入れていただく。とろみも若干ある蕎麦湯も美味。

 

辛いの食べた後ゆえ甘いものも食べたくなった。

追加で「そばぜんざい(税抜550円)」をオーダー。

 

 

熱々のそば粉はねっとり粘度があり、腹にたまる。あんこはちょうど良い甘さ。そば粉と餡子はそれぞれが独立した主張をしつつも絡むとそれなりに融合する。

食べてみると、個人的にはそば粉より粟の方が好みだが、これはこれで一度食べてみる価値あり。

 

ここで食べると単なる蕎麦を食べているのではなく、歴史そのものを食べている気がして豊かな気持ちになれるのが嬉しい。

 

 

夜は奥様の北海道から上京した友人リサさんの要望でタイ料理へ。宿泊先を考えてここを選んだ。

 

 

 

タイ料理パヤオ

 

実は奥様はこの店の料理を食べるのは7〜8年ぶり。

 

店は大箱で30人以上入るので予約が取りやすいと言うのも理由だが、実はそれは甘い考えで結局この日は満席、予約なしで来た人は断られていた。超人気。前々日に予約しておいて良かった。

お客さんの多くは女性客。

 

奥様自身タイ料理はいつも決まったメニューしか頼めず、なかなか冒険しない。

性格とはちょっと違うと思うワン。

 

さてメニュー選び。

 

 

「海老煎餅(380円)」…ついついやめられない止まらないおせんべい。

 

 

「揚げ春巻き(900円)」…海老の巻き揚げを頼むつもりが揚げ春巻を頼んでしまったみたい。具がキャベツやら人参やらの野菜も悪くない。

 

 

「トムヤムクン(1350円)」…イイ感じに酸っぱ辛く美味しい。海老も袋茸もレモングラスもそれぞれ良い味を出している。

 

 

「ソムタム=青パパイヤサラダ(960円)」…一緒に食べていたリサさんが辛いと言うと、唐辛子一本しか使ってないから辛くないよ〜と女将に言われた(笑)。十分辛くて美味しい。

 

 

「チリペーストシーフード炒め(980円)」…シーフードはイカと海老。脇役のピーマン、パプリカ、玉ねぎがいい味を出している。辛さも控えめで食べやすい料理。

 

 

「プーパッポンカレー(1350円)」…これも辛さは控えめ。玉子の甘さが目立つ。脱皮蟹はまずまずの量が入っている。

 

 

 

「グリーンカレー(1190円)」…ココナッツのマイルドな味。鶏肉、ピーマン、茄子、筍もいい役割を果たしている。

 

 

2人で食べるにはやや多過ぎたかも…美味しいけれどちょっとお腹が破裂しそうだ、と奥様は言っていた。

あと、食べるものを全部頼むと全部一斉に出てくるかので少しずつオーダーした方が良い。冷めてしまってから食べざるを得なくなった料理が何品かこの日は出てしまった。

 

やはりタイ料理や中華料理は大人数でたくさんいろんな種類のメニューを楽しむのか正解。

 

この店のタイ人お母さんも感じの良い人。

さすが微笑みの国の人。ホスピタリティは良い。

 

東京の東側エリアでこのタイ料理屋さんは使えるリストに入れておくワン。

 

 

*文中に出てくるBはパン屋さん、数字を囲む◯は昼間の利用、●は夜利用を表すワン!

*この情報は作者とボンの散歩時点のものであり、変更が起きている場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

 

 

川井潤  食関係含めた幅広いプロデューサー

食に限らず多くのプロジェクトを手掛ける。テレビ番組「料理の鉄人」企画ブレーン(1992年~97年)。地域や食のため世界中に出向く。ほぼ外食生活。食べログフォロワー数日本一。食雑誌dancyu等、執筆多数。

https://tabelog.com/rvwr/kawaijun/ 

https://magazine.tabelog.com/articles/author/kawai_jun

https://goetheweb.jp/restaurant/slug-nee725999900f

#グルメ

ボンが見聞きしたあの街の美味しいお店 についての記事

もっと見る