美的 Life Style by 花千代2021/2/23

 

 

 

 

 

先月末はわたしの誕生日でした。毎年海外だったり、都内だったりしますが、美味しく素敵なレストランで主人や家族がお祝いしてくれるのが常でしたが、今年は緊急事態宣言下ということもあり20時までの時間制限の中、レストランでの開催ではゆっくりできないこともあり、大人になってから初めて!自宅でバースデー会をしたのでした。

 

やはり自宅のパーティでは、ケータリングでない限り料理をすることに追われ、落ちついて座れず私自身が楽しめないとつまらないので、今回は事前仕込みができる料理に絞り、作って冷蔵庫で冷やしておけるシーフードサラダとメインはこれも下ごしらえをしてオーブンに入れればよいだけのローストチキン、というシンプルなメニューにしました。

あとはゲストおもたせのチーズ盛り合わせや、フルーツなどをシャンパーニュとワインで愉しむという大人な食卓。

ただしバースデーというお祭り感は欲しいので、パーティのテーマカラーの「ピンク」をメインの5~6種類の花でのテーブルコーディネートをし、華のあるスペシャルなケーキを用意しました。

 

ケーキは以前一度食べてビジュアルの可愛さと、素材の良さと美味しさに感動した【ルワンジュ東京】のケーキ。こちらは事前予約のみのオーダー制のケーキ屋でパティシエ世界大会の2冠に輝いたグランシェフ藤田浩司氏が創造するのはまさに五感歓ぶ魅惑のスイーツ。

愛らしいテディベアが特徴の「ヌヌース」はこの店のスペシャリテで色のバリエーションやサイズ、指定フルーツやクリームなどもこちらの我侭をかなえて、一流職人が厳選素材を用いて創ってくれるケーキなのです。

 

今回お招きしたゲストは年齢的にも先輩で私が尊敬する3カップルですが、このケーキには歓声をあげてくれました。 やはり料理はシンプルでも誕生日の華であるケーキは夢のあるものをチョイスすると場が盛り上がります!

 

 

 

 

 

 

あと我が家ではホームパーティの際、必ずお席にネームカードを用意します、それはwelcomeな感じと特別感がでるからです。

 

 

 

 

 

3組のカップルの仲良しラブラブさに包まれたアットホームで温かい夜となりました。今までで一番印象に残る誕生会だったかもしれません。 尊敬する先輩の皆さまに感謝です!

 

 

 

 

 

 

 

花千代 フラワーアーティスト
パリにて4年間フラワーデザインを学ぶ。
帰国後、CMや映画のスタイリング、イベント装花や店舗ディスプレー、ホテルのフラワーアートディレクションなど多岐わたって活躍。
2008年洞爺湖G8サミット公式晩餐会会場装花、2013年オランド仏大統領総理官邸公式ランチョン、APEC総理公邸晩餐会で和のテーブル装花なども手がける。
2013年、2015年と夏目漱石原作芝居「三毛子」と「「こころ」の舞台美術を、2016年新作「乙姫さま」の舞台美術をそれぞれ三越劇場にて担当、テレビ東京「ソロモン流」NHK「グランジュテ」などTV出演、ジュエリーや家具、シューズデザインなどコラボワークも多い。
近著に「花千代流テーブル&フラワースタイリング」誠文堂新光社

Hanachiyo Flower Design Studio  http://www.hanachiyo.com/

https://www.facebook.com/Hanachiyo

美的 Life Style by 花千代 についての記事

もっと見る