今週のチラ見物件2021/2/18

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

お待たせしました「今週のチラ見物件」、109回目です。

週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は、「さんたつ」さんとのコラボ、そしてマンションライブラリのエリア特集でも紹介しました、ケヤキ並木と商店街がちょうど良い心地よさの「阿佐ヶ谷」からお届けします。

JR中央線「阿佐ヶ谷駅」です。新宿駅から快速で約8分という利便性の良さ。吉祥寺駅までも6分です。

駅南のロータリーには駅のシンボルツリーと言えるケヤキの大きな樹木。南北のメイン通りとなる中杉通りには、広々とした歩道とケヤキ並木がきれいな街並みを印象付けています。

北口にもこじんまりとしたロータリーが。北口は西武線等へ連絡する関東バス、南口は京王線等へ連絡する京王バスの乗り場です。

イトーヨーカドーを抜けると、短いアーケードから「阿佐谷松山通り商店街」へと続きます。

松林があったことに由来するこの商店街は、かつて寺への参詣道であり、江戸期にはすでに縁日などで賑わいを見せていたそうです。5月と11月に行なわれている「ゆうやけ市」はフリーマーケットや食べ物・飲み物の販売、むかしあそび、バンドの演奏などがあり賑わいを見せます。

大きなお寺が2つ並んでいます。まずは中杉通り沿いの「世尊院」。阿谷山正覚寺ともいい、真言宗豊山派の寺で本尊は不動明王です。

その奥に並ぶように何位置する「阿佐ヶ谷神明宮」。皇室の御祖神であり、太陽神でもある天照大御神(アマテラスオオミカミ) をお祀りしています。

 

境内では、ちょうど月に1度の「骨董市」が開催されていました。毎月第一土曜日に開催しているようです。

ずらりとお店が並び、古美術・骨董、玩具、古着まで何でも売っていて、見ているだけで楽しいです。まさにお宝探しですね。

境内地は約3000坪、シイ、カシ、クス、ケヤキ、イチョウ等の巨木も多く東京都内最大の伊勢神宮勧請の神社です。

「阿佐ヶ谷神明宮」の南側エリアでは大規模な開発が予定されています。河北総合病院が南側の敷地面積10,000㎡の「けやき屋敷」と呼ばれる画地に移転、杉並第一小学校が病院跡地に移転される予定です。

次は阿佐ヶ谷駅南口へ歩いて行きます。

阿佐ヶ谷駅から東の高円寺駅にかけての高架下が開発されました。2017年には「ビーンズ阿佐ヶ谷」、2020年には「alːku阿佐ヶ谷(アルーク阿佐ヶ谷)」と並びます。

 

そして、中杉通から一本入って平行に、細くくねくねと続くのが有名な「パールセンター商店街」。

 

約700mに約240店舗が連なり、地元に住む人たちの台所となっているほか、休日はグルメスポットとして食べ歩き愛好家などが集って賑わいを見せています。

さて、そんな住みやすそうな環境の阿佐ヶ谷駅で、素敵なマンションはあるかな、と見まわしてみると・・・

ありました。南口ロータリーの一角ちう好立地のマンションが、今日紹介する 「パークハウス阿佐ヶ谷レジデンス」です。

2011年築の16階建て、総戸数121戸の大規模マンションです。1階・2階は店舗でコンビニ、飲食店、郵便局等が入居しています。

シンメトリーを基本としながら、各層を区切るグリッド構成とガラスを組み込んだ幾何学的な形状が印象的な外観デザインは、日本の伝統様式を想起させる「格子」をモチーフとしたもの。

淡いベージュをベースに質感のある、アクセントカラーを用いたモダンなファサードは、この街のランドマークとしてその存在を主張しています。

 

車寄せのあるエントランスアプローチには、重厚な味わいのテラコッタルーバーが採用されており、内部と外部をやわらかく仕切っています。

エントランスホールは落ち着いた矢羽貼りを施したレンガタイルのフロア、阿佐ヶ谷の中杉通りをイメージした欅無垢のオブジェでまるでギャラリーのような空間が演出されているそうです。

いかがでしたでしょうか。駅ロータリーの一角の上、ちょっと足を延ばしただけで日々の生活を彩ってくれそうなスポットが点在しているこの環境は希少性があり、阿佐ヶ谷ならではの住みやすさ・暮らしやすさを体感できるマンションですね。

 

もっと詳しく知りたい方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

『パークハウス阿佐ヶ谷レジデンス』

 

所在:東京都杉並区阿佐谷南3

交通:JR中央線「阿佐ヶ谷」徒歩1分

東京地下鉄丸ノ内線「南阿佐ヶ谷」徒歩7分

築年:2011年2月

総戸数:121戸/16階

分譲会社:三菱地所 首都圏不燃建築公社

施工会社:大豊建設

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

石川勝
不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。著書「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編」「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編」(エイ出版刊・「マンションマエストロ検定」公式テキスト)

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る