美的 Life Style by 花千代2021/1/30

 

 

あっという間に1月も過ぎ、、、節分目前となりました。

まだまだ体感では寒いものの、菜の花の辛和えや、グリンピースご飯をいただいたり、花市場でチューリップや菫や早咲きのケイオウ桜などを見かけると、春が来た!と感じます。

この一年はコロナ禍で、田舎の山荘と東京の家との2拠点生活が始まり、月のうち三分の一ぐらいは山中湖の山荘にいることが常となりました。

東京では日中仕事で多忙なわたしは、愛犬の散歩はお手伝いさんや子供に任せることが多かったのですが、山荘には主人と愛犬リンとで行くので必然的に毎日の散歩は私の日課となりました。

 

 

 

 

散歩を担当するようになってすぐ、気楽に考えていた私は甘かったことが分かりました!

ボーダーコリーという犬はイギリス原産の牧羊犬種なので、まずはその運動量が半端ないのです。朝、昼、夕方、夜、と一日に3~4回の散歩で充分な運動をさせないとすぐストレスになりますし、散歩以外にもボール投げやフリスビーなどアクティブに動くことが大好きなワンちゃんなのです。

幸い山中湖は富士山に一番近い湖、ということで散歩中は自然の雄大な風景も楽しめますし、湖畔のボードウォークでは優雅な白鳥やカモを眺めたり、他の犬たちにすれ違ったり、また山荘のある山の中は目の前を駆け抜ける鹿の群れやイノシシを見かけたり・・・と考え事をしてぼーっと歩いていられないくらい刺激的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日初雪が降ったときのリンの喜びようを見て久しぶりに童謡の一節を思い出し、やはり犬は雪が好きだと確信しました。

雪やこんこ、あられやこんこ、降っても降ってもまだ降りやまず、犬は喜び庭かけまわり、猫はコタツで丸くなる~♪

朝の散歩で雪道で鹿に遭遇したのですが、すごいスピードで追いかけるリンを見て牧羊犬の面目躍如!と生き生きとしたその姿に感動しました。

 

 

 

 

こういった自然や景色を愉しむ散歩はやはり犬と一緒の目線ならではと思いますし、又知らず知らず心拍数があがるくらいの早足でリンと歩くのでこの半年ぐらいで自然と3キロ痩せました。必死でスポーツクラブに通っていた時は1キロ痩せるのも大変だったのに・・・

こうして考えると犬との散歩の効用はすごいなぁ、と改めて思います。

また春へ向かう季節、リンと湖畔沿いの桜を見ながら歩くのが今から楽しみです。

 

 

 

花千代 フラワーアーティスト
パリにて4年間フラワーデザインを学ぶ。
帰国後、CMや映画のスタイリング、イベント装花や店舗ディスプレー、ホテルのフラワーアートディレクションなど多岐わたって活躍。
2008年洞爺湖G8サミット公式晩餐会会場装花、2013年オランド仏大統領総理官邸公式ランチョン、APEC総理公邸晩餐会で和のテーブル装花なども手がける。
2013年、2015年と夏目漱石原作芝居「三毛子」と「「こころ」の舞台美術を、2016年新作「乙姫さま」の舞台美術をそれぞれ三越劇場にて担当、テレビ東京「ソロモン流」NHK「グランジュテ」などTV出演、ジュエリーや家具、シューズデザインなどコラボワークも多い。
近著に「花千代流テーブル&フラワースタイリング」誠文堂新光社

Hanachiyo Flower Design Studio  http://www.hanachiyo.com/

https://www.facebook.com/Hanachiyo

美的 Life Style by 花千代 についての記事

もっと見る