美的 Life Style by 花千代2020/8/27

 

 

 

 

 

 

今年は梅雨が長かったせいか夏が短く感じます。

そんな去りゆく夏を惜しんで先日、山中湖の山荘でDress Codeホワイトのガーデンパーティを開きました。テーマは「summer white in the garden」。

 

皆、仕事や遊びで年中海外に飛び回っている友人ですが、やはりコロナの影響で今年の夏休みは国内で自粛モードということなので不完全燃焼の夏・・・

こんな時こそ思いっきり楽しんでほしい、と思いゲストに用意したサプライズウエルカムのギフトは花輪のヘッドドレス!テーマのwhiteとgardenにあわせて緑の葉物に白小花を散らして作ってもらった花輪。

 

最初、主人は被るのに抵抗していましたが被ってみたらゲストの美女たちに似合うと褒められすっかり気をよくしてパーティ中被っていました、笑!

 

パーティでは皆で共通のアイテムをどこかに身に着けるとDress Codeと合わせてさらに盛り上がり写真映えもするのと、花輪ヘッドは庭での場面にぴったり!で男性はバッカス、女性は森の妖精のような可愛らしさでした。

 

 

 

東屋でのガーデンパーティでは柱にあしらった花飾りも、食事に移ったハウス内の卓上もすべてフレッシュなアイビーやアスパラの葉などにミニバラ、トルコ桔梗、小菊など白い花で統一、テーブルには森でよくばったりと会う鹿モチーフの白い陶製オブジェをあしらう、などテーマにリンクしてデコレーションしました。

 

 

 

 

 

あと今回ゲストが来る前日に用意したのがブランコ。既成のブランコをアマゾンで注文し、それを木の枝に固定して遊べるようにした素朴なものですが、先月これは私の昼寝用に購入したコクーン型ハンモックと並んで大好評でガーデンパーティがより盛り上がったのでした。

子供時代と同じようにブランコやハンモックって大人も好きなんですね。

 

 

 

 

 

ランチの後はプールでしばらく水遊び、その後はサウナで汗をかき、さっぱりとして又白い服に着替えてディナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

ディナーはラム肉をメインのBBQ、その後はサロンに移ってcigarタイムをまたスパークリングワインと共に大人の会話と時間を愉しみました。

 

 

 

 

 

 

翌朝は東屋の屋外暖炉で炭火で調理したスクランブルエッグやトースト、ローストビーフ、パーコレーターの珈琲、果物などを用意。19度の爽やかな気温の中の朝食を充分に堪能されて皆にぎやかに東京に戻られたのでした。

 

ここまで喜んで楽しまれているゲストを見るとホスト冥利につきます。

やっぱり私はおもてなしが大好きで、人と触れ合うのが好き、と認識した1日でした。

 

さて、次は紅葉をテーマに又楽しいパーティーを企画したいと思います!

 

 

 

花千代 フラワーアーティスト
パリにて4年間フラワーデザインを学ぶ。
帰国後、CMや映画のスタイリング、イベント装花や店舗ディスプレー、ホテルのフラワーアートディレクションなど多岐わたって活躍。
2008年洞爺湖G8サミット公式晩餐会会場装花、2013年オランド仏大統領総理官邸公式ランチョン、APEC総理公邸晩餐会で和のテーブル装花なども手がける。
2013年、2015年と夏目漱石原作芝居「三毛子」と「「こころ」の舞台美術を、2016年新作「乙姫さま」の舞台美術をそれぞれ三越劇場にて担当、テレビ東京「ソロモン流」NHK「グランジュテ」などTV出演、ジュエリーや家具、シューズデザインなどコラボワークも多い。
近著に「花千代流テーブル&フラワースタイリング」誠文堂新光社

Hanachiyo Flower Design Studio  http://www.hanachiyo.com/

https://www.facebook.com/Hanachiyo

美的 Life Style by 花千代 についての記事

もっと見る