今週のチラ見物件2020/8/13

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

連日真夏日が続きますが、夏バテなどしていませんでしょうか。

この時期、日も長くなっていますので、おすすめは夕刻からの街歩きです。

マンションを見て、周辺を散策しているうちに、段々日が落ちてきます。

空の色が変わって街並みに昼間と違う陰影を落としたり、飲食店に人が集まりだしたり、また別の顔を見られますよ。

お待たせしました「今週のチラ見物件」、94回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は電気街、そしてサブカルの街として賑わう「秋葉原」で、案外知られざる「住む街」としての顔を紹介します。

秋葉原駅です。R山手線、JR京浜東北線、JR総武線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスが乗り入れるターミナル。また、歩いてすぐの岩本町駅で都営新宿線が使えます。

何気なく「アキバ」と慣れ親しんでしますが、その名前の由来は、元々この地にあった神社があり、「秋葉社(あきばしゃ、あきはしゃ)」と呼ばれていました。その「秋葉社の原っぱ」が語源だそうです。

駅前には大型家電量販店から、小さな小売り店まで集まる一大エレクトロニクスショッピング街が広がります。

また、漫画、アニメ、ゲーム専門、メイド喫茶などのサブカルの街としても名物ですが、それはまた別の機会に紹介します。

今日は「住む街」として歩いてみます。駅の東側に南北に首都高速1号線が走っていますが、この向こう側がマンションが多いエリアになります。

人通りはすっと少なくなり、1階に店舗付きの中小の事務所ビルや、マンションが混在する街並みが広がります。

こんな駅近に小学校があります。千代田区立和泉小学校。隣接して子育て施設が集まります。

屋内プールや区立図書館のある「ちよだパークサイドプラザ」、児童館・学童館のある「いずみこどもプラザ」「いずみこども園」があります。

公園もあります。「和泉公園」です。区立公園ですが、1971年に東京食糧事務所があった場所に町会や小学校PTAらの4年あまりの住民運動によって公園が開かれたそうです。

広々とした芝生が敷き詰められた原っぱが気持ちよさそうです。

大人向けの健康遊具があり、軽い運動でのリフレッシュによさそうです。

小さな子供向けの遊具はこちら。滑り台やトンネル、平行棒が組み合わさった複合遊具が人気のようでした。

夏にうれしいミストシャワーが幾所にも設置されています。下を通るとひんやり涼しく感じました。

公園の隣に鎮座しているのが「金綱稲荷神社」。調べてみると、日本通運の先祖にあたる飛脚問屋京屋弥兵衛により、飛脚の道中安全を祈願して建立されたそうです。隣に日本通運の社屋があり、今は建て替え工事中でした。

これらの施設の北側にあるのが総合病院の「三井記念病院」です。

説明プレートに歴史が書かれていました。三井財閥及び三井グループの福利厚生が目的ではなく、当初は貧困者のための無料施療機関であったそうです。現在は一般の保険医療機関です。100年以上の歴史があり、大学病院と同様に多くの学会の専門医認定施設の承認を受けています。

 

さて、この三井総合病院のある通りの向かい側に、今日紹介するマンションが見えてきました。

「タワーレジデンストーキョー」です。2008年竣工、地上37階、地下1階建てのタワーマンションです。

何よりも特徴は、やわらかな曲線を描く扇形の未来的なフォルム。設計は、入江三宅設計事務所で、六本木ヒルズ、愛宕グリーンヒルズ、虎ノ門ヒルズなどを手がけました。

 

エントランスホールはガラス張りで、1階・2階を螺旋階段がつなぐ開放的な空間が垣間見れます。

その他共用施設には、コンシェルジュサービス、ライブラリー、シアタールーム、ゲストルームと充実。

扇状のフォルムの利点はデザインだけではありません。住戸は円弧状に配置することで、日照の良い南面、南西面の住戸を多く確保しています。

一方、東側から眺めるとフォルムが別のイメージとなり「え?同じマンション?」と驚きますね。

フォルムは直線的になり、色合いもブルー・グレー色になります。どちらのフォルムがお好みでしょうか。

道路を挟んで向かいは深夜まで営業するスーパーがあります。

 

意外にも昔ながらの八百屋さんや、パン屋さんなどの商店もあり、生活にも便利な環境です。

少し歩けば神田川。この季節、水辺で涼しい風にあたるのも気持ちい良いですね。

 

いかがでしょうか。時代の変遷にともなって、いろいろな顔を持つようになった秋葉原。皆さんのよく知っている「買い物の街」「楽しむ街」という秋葉原とは別の、「住む街」という視点で見るとまた違ったイメージになったと思います。

 

もっと詳しく知りたい方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

『タワーレジデンストキョー』

 

所在:東京都台東区台東1

交通:JR山手線「秋葉原」徒歩8分

東京地下鉄銀座線「末広町」徒歩11分

築年:2008年1月

総戸数:260戸/37階

分譲会社:オリックス・リアルエステート

施工会社:三井住友建設

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

石川勝
不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。著書「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編」「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編」(エイ出版刊・「マンションマエストロ検定」公式テキスト)

 

 

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る