今週のチラ見物件2020/6/26

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

いよいよ新型コロナの移動自粛も全面解除されました。6月から再開した「今週のチラ見物件」、88回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は、練馬区のキーステーション「練馬」駅からお届け致します。

西武池袋線・有楽町線・豊島線並びに都営大江戸線「練馬」駅です。2013年からは、東京メトロ副都心線を介し、東急東横線や横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転が開始されたため、「横浜」駅や「元町・中華街」駅へも乗り換えなしで行けますよ。

駅北側はロータリーになっており、バス乗り場、タクシー乗り場があります。上部には公共歩廊が広がり、周辺施設への直接アクセスが可能になっています。

ロータリーに面する2014年に開業した複合商業施設「Coconeri(ココネリ)」は、メディカルゾーン、公共サービスゾーン、商業ゾーンの3つのゾーン構成からなる複合施設となっており、スーパーマーケットやドラッグストア、カフェ、区民・産業プラザ、こどもほっとステーション、リハビリテーション病院などが入っています。

駅を背にして進んでくると、コンサートや寄席等が楽しめる「区立練馬文化センター」があります。

「区立練馬文化センター」に隣接する公園が「区立平成つつじ公園」です。

区のHPによると、公園には、およそ600品種10,000株のツツジの仲間が植えられています。

久留米ツツジ、平戸ツツジ、霧島ツツジ、野生種、サツキツツジ、アザレア、シャクナゲとバラエティーあふれるツツジの仲間が集められており、全国に誇れる規模となっています。

公園内で一番早く花をつけるのは野生種の「サクラゲンカイツツジ」で3月末。その後、4月中旬から「久留米ツツジ」が咲き始め、5月初旬には「シャクナゲ」と「カルミア」、5月中旬に「サツキツツジ」が楽しめます。一番の見どころは「久留米ツツジ」が満開となる4月の下旬ごろだそうです。

所々にベンチがあり、憩いの場所になっています。芝生もあって気持ちよさそうですね。

駅前は大通りの路面店や、商店街が集積しています。こちらは北口のつつじ公園通り商店街。

南口の千川通りは駅前のメイン大通り。中小商業・事務所ビルが連たんし、飲食店、物販店、学習塾等が充実しています。

千川通りから南に入る「中央通り商店街」。チェーン店の食事処や、居酒屋など中小飲食店が軒を連ねています。

 

また、商店街の中にひっそりとこうした神社が佇んでいるのも風情があります。

 

こちらは練馬駅の西口。今日紹介するマンションに一番近い改札口です。高架下はスーパーの「西友」です。

 

この西口から千川通りを越えて進むと、練馬区役所、練馬郵便局、練馬公民館・図書館、練馬税務署など公共施設が集まっています。

さて、ここでひときわ空に向かってそびえ立つマンションが目の前に現れました。今日紹介するマンション「ディアマークスキャピタルタワー」です。

鹿島建設㈱分譲・施工、2001年竣工、RC造地下1階付地上35階建ての一際目を引くタワーマンションです。

練馬駅前の再開発プロジェクトの一環に開発されました。

鹿島建設の紹介によると、独自の「超高層RCダブルチューブ構造」を採用し、柱・梁を建物の外周部および内周部に集中させることで、開放的かつプランニング自由度の高い生活空間を実現する工法です。さらに、「外周部の柱のスパンを大きくとれる」「コーナー部の柱を取り除ける」といったメリットもあり、超高層マンションならではの見晴らしのよさが一段と高まります。

1階から3階は店舗や事務所が入居しています。また、2階へは階段で練馬区役所へ連なるスカイデッキの導線になります。

 

4階以上のレジデンス専用のエントランスが北側に設けられています。共用施設はラウンジ、ゲストルーム、多目的兼キッズルームなど充実しています。

 

練馬区役所です。マンションとスカイデッキで直結しています。

練馬区役所の20階に展望ロビー&展望レストランがあり一般の方に開放されているので、見てみましょう。

周辺にここまで高い建物が無いため、その存在が際立っています。

案内板にも目印として記されていますね。マンションの北側を望む眺望が推測出来ます。

ことらは南側の展望台です。マンションの南側を望む眺望が推測できます。

 

区役所の南側には公民館・図書館と、タコの形の滑り台がある通称「タコ公園」があり子育て世代に人気です。

冒頭に紹介した「区立平成つつじ公園」から眺めたマンションです。その他、ここで紹介した風景写真の中にちらりとこのマンションが現れていますので、探してください。

駅近で、かつ徒歩圏内にいろんな施設が集積していて暮らしやすいエリアですね。

 

もっと詳しく知りたい方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

 

『ディアマークスキャピタルタワー』

 

所在:東京都練馬区豊玉北6

交通:西武池袋線「練馬」徒歩3分

築年:2001年3月

総戸数:286戸/35階

分譲会社:鹿島建設

施工会社:鹿島建設

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

石川勝
不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。著書「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編」「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編」(エイ出版刊・「マンションマエストロ検定」公式テキスト)

 

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る