ボンが見聞きしたあの街の美味しいお店2020/6/18

ワタシのご主人はこの家の奥様。毎日のようにワタシを散歩に連れて行ってくださる。

そしてご自身は美味しいレストランで毎日のように食べ歩き、カフェでコーヒーを飲み時々ケーキも食べ、その街の美味しいパンを買って帰る。たまに奥様のダンナ様もご一緒する事もあるが回数は限られている。そしてその日の食事報告をワタシに逐一してくださる。たまに私の食事分もドギーバッグに入れて持って来てくださる。。

 

あっ、私の名前はボン。オスのコッカースパニエル、4歳。

 

 

 

最近は新型コロナウイルスの影響で散歩も自粛。今回も数週間前の散歩の話をここ本郷三丁目で二回目のレポートするワン。

 

 

本郷3丁目交差点にある「かねやす」は、昔の川柳でも「本郷もかねやすまでは江戸のうち」 と歌われた場所。江戸の一番北側にあたる。

歯医者の『兼康祐悦』が『乳香散』という歯磨き粉を売り出し、これが大当たり。歯磨き粉の「かねやす」として有名になったと言う。

 

そんな江戸時代の空気も感じつつポタポタ散歩。

 

まずは本格パスタの店。奥様と久しぶりに親友のトンさんと一緒にランチで訪問。

 

 

クエル

カウンターとテーブルのお店。

まずは入口でアルコール消毒から。

 

ランチパスタの種類は以下の5種。

 

 

(1)国産白魚とサルデッラ、赤玉ねぎのトマトソーススパゲティ

(2)テスタローリ 海老のジェノベーゼ

(3)牛肉のボロネーゼ タリアテッレ

(4)サルシッチャと洋梨を詰めたカゾンセイ クレマゴルゴンゾーラ(+200円)

(5)クルルジョネス 浅利とムール貝のラグー(マッシュポテト、ミント、ペコリーノチーズのラグー)+300円

 

ナポリタンとかミートソース(ボロネーゼはあります)とか分かりやすいモノでなく、メニューからして本格的。

テスタローリって何?カゾンセイは…?あー、クルルジョネスって聞いたことあるけどなんだったけ?といちいち、気になる。

 

ちなみにテスタローリはイタリア最古の生パスタと言われ、なにせ古代ローマ時代に生まれたとも言われている。

カゾンセイはロンバルディア地方の伝統的パスタ。

 

 

さて、前菜に『サラダとアンティパストミストでアンチョビ、パプリカ、玉ねぎ等とソーセージのモルタデッラ』…全部それなりに美味しい。なんだかとっても充実している。

 

パンは栗のパンとセモリナ。栗はほんのり苦く、ほんのり甘い。

 

前菜を食べ終わると、ナイスタイミングでテスタローリ登場。

 

 

赤い海老と緑色のバジルがお皿を彩る。

テスタローリの食感はもちもち。言い方良くないかもしれないけれど上質なうどんって感じ。菱形のゆるめな生地ゆえ味もゆるめに感じる。(茹でた感じがあるが、テスタローリはテストという蓋付きの浅鍋で焼くんだそう)

バターとバジルとセージがマッチする。海老がいい具合にアクセントとなっている。

 

 

 

トンさんの食べている「クルルジョネス」はイタリア、サルデーニャ島を代表するジャガイモとミント、ペコリーノチーズ、ニンニクのラビオリ。見た目は餃子。

奥様もシェアして珍しいモノ食べさせてもらった。

 

 

デザートにはドライフルーツの入ったパウンドケーキ。マスカルポーネとキャラメンソースが添えられている。

コーヒーもついて1500円(税抜)はお値打ち。しかもこのコーヒーかなり美味しい。

 

街のイタリアン、舐めたらダメだワン。相当レベル高くちょっとビックリ。

また別のパスタも食べたいし、落ち着いたら夜にも来てみたいお店。

 

ポタポタと本郷三丁目の交差点から後楽園方面へ散歩。

 

 

エピ厨庵

 

約1年前に訪問したときにも売り切れていた「グラタン」。その時は夕方だったため、仕方ないかと諦めたが、今回はお昼過ぎ。

 

 

ん、またしても売り場にはグラタンと書いた札だけはあるが実物がない。と言うか他の皿もことごとく空になって並んでいる。

 

 

「もう、グラタンないんですか?」と奥様が聞くと「はい、すいません」「あんまり作ってないんですかね?」「……」と言う会話のやり取り。坊ちゃんの今日の遅いランチ用に買って帰ろうと思っていたけれど断念。

 

 

仕方ないのでパンに目をやると美味しそうな「フランスAOCイジニーバターのクロワッサン(税込300円)」が目につく。AOCバターとは原材料や製法の厳しい基準をクリアした製品に与えられる認証されたバター。結構見た目も大きいボリュームたっぷりクロワッサン。

僕が覚えてるバター名は「エシレ」か「イズニー」なので、『イジニー』と書いてあるのは多分「イズニー」だろうな。自分にはフランス語読みはよく分かってないから自信ないけど…。

もちろんエシレはブランドとして超有名。

 

イズニーバターは酪農の盛んなノルマンディ地方で発酵時間をかけて丁寧に作られた風味豊かで美味しい事で知る人ぞ知る名品。

クロワッサンは翌日温め直すためオーブンで軽く焼いて食べる。パリッ、サクという外側の食感とともにバター風味が鼻をくすぐる。

想像していたほどはバター風味は弱いが美味。

 

 

あとは「シナモンロール(税込130円)」を購入。サイズは小ぶりながらリーズナブル。

普通に美味しい。

 

この店、先ほどのグラタンのようにフレンチ惣菜専門店と言う面もあるので、両方食べないと納得出来ないかも。

 

今回は途中報告としてパンのみ。

きっと年内にはグラタンを買って食べるぞー。と気合十分の奥様。

 

グラタンが買えなかったので、本郷地区では有名な人気のハンバーガー屋さんで坊ちゃん用にテイクアウトしようと立ち寄る。

 

 

②ファイヤ―ハウス

昼過ぎ14時頃。久しぶりに寄ってみたが、店内で食べずにテイクアウトにした。

帰りはワタシ達犬も乗れるペットタクシーで帰るみたい。ちゃんとキャリーケースの中で大人しくしてないといけないワン。車だったらおウチまで持って帰っても十分に温かいはずの距離でもあるし。

 

 

店内の客はチラホラ程度。いつも行列なのにコロナの影響は恐ろしい。

 

オーダーしたのは「チリチーズバーガー(税込1628円)」とサイドメニューに「オニオンリングLサイズ(税込946円)」。

 

「10分ほどお待ち下さい」と言われ、外の椅子で座って待つことにした。

 

確かに、ほぼ10分で出来上がり。

 

 

デザインされたカワイイ箱に入ってくる。ちゃんと中身も分かりやすくて、こう言うセンスいいワン。

 

 

家に帰って、坊ちゃん主体、奥様は試食程度につまみ食いをし始めた。

まずは「チリチーズバーガー」の箱を開ける。フレンチポテト入り。ああ、そうかテイクアウトにするとピクルスはついてこないのね、と気づく。まずはチリチーズバーガーをいただく。粗挽きのひき肉は肉肉しい。そして焼き具合もミディアムって感じで旨味が濃い。

 

 

レタスはたっぷり入って結構主張してくる。トマトそしてチリソイビーンズもそれぞれが結構個性を出している。

辛さはさほど感じないがボリュームはたっぷり。

バンズはこだわりの天然酵母バンズ。バンズにはマスタードとマヨネーズが塗られている。

 

 

カリカリの衣のついたオニオンリングは味付けが良い。何もつけなくても十分の味付けと思うが足りなければ付いて来たケチャップを付けて食べるとより美味しい。ワタシもいただいた。

 

気軽に本郷三丁目駅そばの「モスバーガー」も好きだけど、ここ数年、色んなハンバーガー店が海外からも出てきたり、お肉屋さんが出店したりと、それはそれで楽しい。…が、ワタシにとってはこの店のハンバーガーが基本形。気をてらうわけでもなく、ど真ん中のアメリカっぽい「The ハンバーガー!」って感じ。

 

そうそう、本当は今回チョイスに悩んだけれど、この店にはレタスがバンズ代わりに出来るバーガー(モスバーガーで言えば『菜摘』)も準備されているので、ダンナ様のように血糖値の高い人には糖質カットで体にも良い選択が出来る。

 

今回は普通にバンズにしたが、チョイス出来るのはありがたいワン。

 

この日はこのままおウチで休憩。だいぶ暑くなって来たのでちょっとバテるワン。

 

 

それでも翌日の昼も本郷三丁目へ。奥様ひとりでランチに蕎麦を食べると言う。

 

 

③「手打ちそば 田奈部」

店のたたずまいは凛としている。

 

この日は正午少し前にこの辺りにいたので訪問。

店はガランとしていて三密状況はなし。

 

気分は「温かい天ぷらそば(海老)1750円」。7分後に着丼。

 

 

天ダネは、海老2尾、獅子等、茄子。

衣はカリッとちゃんと揚がっていて、ツユに浸してもしばらくはそのカリッと揚がってる感じを味わえる。海老そのものも美味しい。もちろんぷりっぷり食感。

 

蕎麦に入る柚子の皮がいい香りを醸し出している。蕎麦は優しい味わい。

ただツユが奥様にとってはやや甘いかったみたい。

 

蕎麦は唐辛子を少し多めに入れると味も引き締まって、ちょうど良い。

 

 

天ぷらと言えば本郷三丁目にはミシュランひとつ星を2019年に獲得した店がある。

それ以来すっかり人気で予約が取りにくくなった。その前に行っていた奥様が思い出している。

 

 

❹天ぷら屋「江戸前 晋作」…

コロナの影響で4月5月はテイクアウトの天丼を出しているが、流石にミシュラン 星獲得の店ゆえかこの天丼さえも先まで売り切れている。

 

修行先もなく、独学で天ぷらの技をつけたそう。

憧れの師匠は、「みかわ」の早乙女さん。

人から誘われ自分の店に予約が入っていないことが確認出来たら、臨時休業にしてみかわに何回も通ったそう。

 

その時の客層は本郷在住の客やらこの辺りの勤め人が多かったが変化したはず。

 

その頃のコースは真ん中の税抜7500円をセレクト。今は倍の15000円になったよう。

 

 

その時は「長崎福島町の車海老2尾」からスタート。1尾は深くあげて、2尾目は真ん中レアで、揚げ比べ。

塩でいただく。1尾目はそこそこ、2尾目はとても美味しい。

 

 

 

 

「海老脚2ケ」

「5日間寝かせたキス」

「7日間寝かせてスミイカ」

 

 

「昆布で締めて甘味と旨味を感じるように揚げた小柱」…これは旨味がしっかり出ていて美味しい。

海苔で巻くことは風味も味も消されるからやらない、との事。

 

 

「江戸前の穴子」…ふっくら感を出すために工夫して揚げている。

 

 

「茄子」…塩で。

 

 

最後は、ジックリと揚げた「金時」をいただく。

 

 

〆の「本鮪赤身(尻尾側)と胡麻だれ」とお新香(胡瓜と大根)…ごはんにまずは本鮪を数切れ乗せていただく。

半分程度ごはんを食べ、そこに本鮪と胡麻だれを乗せ、お茶をかけてお茶漬けに。

『珍しいな、天ぷら屋さんで鮪茶漬けは…』。

普通は天丼とか天茶とかなのに。これがこの店のユニークさと言えばユニークさ。

 

 

最後に甘味は「抹茶くずもち」…口の中をスッキリさせてくれる甘味。

 

思い出になりつつあるが、もう一度天ぷらの進化を見に行きたいと奥様は思っているみたい。

 

 

 

ちゃんこ浅瀬川

さすがにもう少し寒い時期に行ったちゃんこ屋さん。

相撲もすっかりコロナで休場になってしまったが、ちゃんこ鍋屋さんへ奥様の昔の会社同僚5人で訪問した時の話。

ちなみに店に名のつく浅瀬川さんは大鵬の連勝記録に土をつけ34連勝でストップさせた力士で、この店の先代。

 

 

 

コースは「まぐろづけコース」をオーダー。素晴らしくリーズナブル。

 

 

 

 

そこに、「ポテサラ」、「鳥軟骨揚げ」…(もちろん揚げたてコリコリ)、「自家製さつま揚げ」…(餅でも入ってるかのようなもちもち感。でもなんだか食べるとやめられない)

 

 

さらに「おかワサ」と言う謎のメニューもオーダー。「おかワサ」は蒲鉾に千切り胡瓜が乗り、おかかと強烈に鼻にツンとくるワサビが混ぜて添えられた一品。ワサビが強烈だが、美味しくてマストメニュー。

 

 

おつまみがひと段落したところで、メインのちゃんこ鍋が始まる。先代の息子さんで三段目」(十両の下の幕下の下)まで行った元お相撲さんが作ってくれた。

鶏ガラスープベースの「ソップ鍋」。ソップとはスープの事だが、転じてダシを取った後の鶏ガラの事をそう呼ぶそう。そして痩せ型の力士のことも鶏ガラに例えてソップ型と呼ぶ。

逆に太った力士はあんこ型。魚の鮟鱇の事ですね。

 

 

話を料理に戻す。

具材は鶏肉、ゴボウ、白菜、ニラ、人参、えのき、シラタキ、油揚げ。

そしてこの店の出汁は透明クリアであり、かなり美味しい。醤油に少しだけ甘さを感じる味醂か砂糖を入れて生姜を入れている。

 

 

食べ終わると、これもお楽しみの雑炊。店の方が作ってくれるが、火を止めて1、2分置いて玉子が固まったところで食べる、これも美味しくないわけがない。

 

これだけ食べて、ひと通り飲んでひとり5000円も行かない。嬉しい価格。

 

ごっつぁんでした、と、奥様たちが口々に言っている。

 

今回は前回に続き本郷三丁目エリア。コロナウイルスの影響でなかなかウロウロ散歩も出来ず辛いワン。

東京アラートや自粛も少し解かれて、ちょっとは散歩も自由に出来るかしらん。次回は遠出が出来ることを期待しているワン。

 

* 文中に出てくるBはパン屋さん、数字を囲む◯は昼間の利用、●は夜利用を表すワン!

この情報は作者とボンの散歩時点のものであり、変更が起きている場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

 

 

 

川井潤  食関係含めた幅広いプロデューサー

食に限らず多くのプロジェクトを手掛ける。テレビ番組「料理の鉄人」企画ブレーン(1992年~97年)。地域や食のため世界中に出向く。ほぼ外食生活。食べログフォロワー数日本一。食雑誌dancyu等、執筆多数。

https://tabelog.com/rvwr/kawaijun/ 

https://magazine.tabelog.com/articles/author/kawai_jun

https://goetheweb.jp/restaurant/slug-nee725999900f

#グルメ

ボンが見聞きしたあの街の美味しいお店 についての記事

もっと見る