マンションに関する疑問や悩み ありませんか?2019/11/28

 

マンションには管理組合というものがあることをご存知ですか? マンションを購入した時点で管理組合の組合員となりますので、これからマンションを購入しようとしている方は管理組合について知っておきましょう。ここではマンションの管理組合や、理事についてご紹介していきます。

 

 

マンションの管理組合とは

マンションの管理組合というのは、マンションを所有者全員の共通見解のもとで管理していくために組織された組合のことです。もう少し砕いてご説明しますと、分譲マンションの場合は所有者が複数人います。管理費はなるべくかけたくないという方もいれば、管理費が少し高くなってもよいからキレイさを保ってほしいという方など、意見は様々です。そうした意見をまとめて所有者全員が納得する形で管理体制を整えていくために組織された組合がマンションの管理組合です。分譲マンションを購入した際には、その組合の組合員となります。ただし、分譲マンションに住む方全員がマンションの管理をしていくというわけではありません。組合の中には理事会というものがあり、マンションの管理はこの理事会での話し合いによって決めていくことになります。

 

マンションの管理ってなにをする?誰がする?

そもそもマンションの管理というのがどういうことをするのかイメージできない方もいるでしょう。具体的にはエントランスや廊下などの共用部分に当たる場所を掃除すること、エレベーターなどの設備の保守点検、管理人の窓口業務などがあります。その他にも、管理にかかる費用の会計業務や、長期の修繕計画の作成など多岐に渡ります。労力がかかりますし、専門的な知識がないとできないことも多いことから、実際の管理に関しては管理会社に業務委託して行っていることが大半です。

 

 

理事会役員はどうやって決まる?

マンションの管理に直接かかわっていく理事会役員。どうやって決まるのか気になりますよね。マンションによっても異なりますが、基本的には以下の方法で決めることになります。

 

■立候補制
■推薦制
■持ち回り制

 

多くの場合は、まずは立候補や推薦で役員を募集します。そこで定員に満たない場合にはあらかじめ決めてある順番に沿って役員が任されることになります。役員をやりたくないと感じている方でも順番で任命されるため、長くマンションに住んでいれば一度は役員になる可能性があるというわけです。役員になるとどういった仕事をすることになるのでしょうか。

 

 

 

理事会役員の仕事とは

理事会にはいくつかの役職があり、それぞれ担当する業務が異なります。ここでは理事会の役職とその業務についてご紹介します。

 

■理事長

理事長は理事会の代表かつ、管理組合の代表となります。管理業務を統括します。総会や理事会の招集なども行います。

■副理事長

理事長を補佐するのが副理事長の役目。理事長が不在のときは副理事長が代わりとなって職務を担います。

■会計担当理事

会計担当理事は、住民から毎月集めている管理費の収納や保管、運用、支出といった会計業務を行います。

■監事

監事は管理業務の執行、支出の状況などを監査し、不正がされていないかどうかを監視します。不正がある場合には臨時総会を招集することが可能です。

 

こうした役職があり、それぞれの業務があります。基本的にはボランティアとしてお金をもらわずにこうした業務を行っています。ただし、かなり稀ではありますが、マンションによっては理事会の役員に対して報酬が支払われることもあります。

 

以上、マンションの管理組合についてご紹介しました。分譲マンションを購入し、長年住む場合には管理組合の理事会役員に選ばれる可能性があります。自分たちが住むマンションを快適な住環境にするためには管理が重要です。理事会に積極的に参加して、マンション維持管理に貢献してみてはいかがでしょうか。これからマンションの購入する方はこちらの「マンション検索」から探してみてください。

 

その他、マンションの売買に関して疑問をお持ちの方は、「マンション専門家への質問」からご質問ください。マンションに詳しい東京カンテイの社員が対応いたします。これらを活用して、納得した状態でお住まいの検討をしてみてはいかがでしょうか。

 

マンションに関する疑問や悩み ありませんか? についての記事

もっと見る