マンションに関する疑問や悩み ありませんか?2019/10/29
修繕積立金

(最終更新日: 2019年9月17日)

 

マンションに住むと毎月修繕費積立金を支払うことになります。「この積立金は、マンションの管理費とどう違うの?」と気になる方がいるかもしれません。そんな方のために、ここではマンションの修繕積立金についてご紹介します。

 

修繕積立金

 

マンションの修繕積立費と管理費との違いは

マンションの修繕費積立金と管理費は、どちらもマンションの維持や管理をするためのお金と捉えることもできますが、厳密に言うとこの2つには違いがあります。

マンションの管理費は例えば、エレベーターの点検にかかる費用や共有部分の掃除にかかる費用などにあてられるなど、目の前にある設備、衛生環境などを守るために使われます。

それに対して修繕費積立金というのは、積立金というだけあって修繕に向けてお金を積み立てているものです。マンションは数十年に1度ほど大規模な修繕が必要になります。例えば、外壁の工事や、耐震工事などがあります。修繕の規模や部分などは物件によって異なりますが、修繕が必要になるということには変わりありません。その修繕の支払いに積立金が使われます。

 

マンション修繕積立金の相場はいくら?

マンション修繕積立金の相場がいくらか気になることでしょう。それは平均約1万2,000円となっています。

国土交通省「Ⅱ 平成25年度マンション総合調査結果〔概要編〕」によると、1戸当たり月々支払う修繕積立金の平均は1万1,800円です。これは駐車場使用料からの充当額を含めているので実質、修繕積立金として支払っているのはもう少し低い金額となります。

 

マンションの管理費の相場はいくら?

ちなみに、管理費の相場も気になりますよね。

国土交通省「Ⅱ 平成25年度マンション総合調査結果〔概要編〕」によると、1戸当たり月々支払う管理費総額の平均は、駐車場使用料からの充当額を含めて1万5,257円となっています。
つまり、管理費と修繕積立金を合わせて、月々約2万7,000円ほど支払っているというわけです。

 

修繕積立金

 

どうやって修繕積立費は決めているの?

毎月支払うことになる修繕積立金に関してはどのように金額を決めるのか気になっている方が少なくないでしょう。それは、将来的に必要となる修繕の費用から逆算して考えています。

国土交通省「Ⅱ 平成25年度マンション総合調査結果〔概要編〕」によると、マンションの管理組合の中で、長期修繕計画を作成している割合は89.0%となっており、修繕積立金を長期修繕計画で算出された金額に基づいて決めたと回答したのが79.5%となっています。つまり、ほとんどのマンションにおいて将来必要となる修繕費用から逆算して、月々の金額を決めています。

 

修繕積立金は値上がりする可能性がある

マンションの築年数が古くなればなるほど修繕費が高くなると言われています。先ほどもお伝えしたように、毎月支払う修繕積立金に関しては将来的に必要となる修繕の費用から逆算して考えることになります。とはいえ、そう計画通りいくとは限りません。例えば、入居者の人数が少なければ、毎月の積立金の額は少なくなりますよね。そういった事情などから思い通りに資金繰りできないということもあるのです。その場合には、修繕積立金が値上がりする可能性があります。ですから、最初の金額から値上がりするかもしれないということは念頭に置く必要があるでしょう。あるいは、大規模修繕が近くなった際に、一時金として追加で費用が発生することになりかねません。

 

修繕積立金が値上がりする理由とは?

入居者の数が減ることによって積立金が集まらないという理由以外にも、修繕積立金が値上がりする理由があります。

 

■初期設定の価格が適性ではない

入居者は、物件を選ぶときに毎月かかる修繕積立金の金額についても見ます。ですから、マンションによっては修繕積立金を低く設定していることがあるのです。その場合には途中で値上がりすることもありますし、大規模な修繕が必要になったときに一時金が発生することがあります。

 

■計画していなかった修繕が発生する

将来的に必要になる修繕を予測して積立金の金額を決めるのが通常です。しかし、これはあくまでも予測であるので、計画していなかった修繕が必要になることがあります。そうしたときには一時金として追加で徴収をするか、修繕積立金を値上げすることがあります。

 

修繕積立金

 

マンション売却時に修繕積立金は返してもらえる?

管理費は日常の管理にかかっている費用ですから、戻ってくるお金でないことは分かりますね。その一方で、修繕積立金に関しては戻ってくるのではないかと考えている方が多いようです。実際に住み始めてから修繕をしていないのであれば、積立していたお金も返ってくると考えるのは無理もないです。しかし、修繕する前にマンションを売却する場合でも修繕積立金は返金されません。予めトラブルを避けるために、このことについては知っておくとよいでしょう。

 

以上、マンションの修繕積立金についてご紹介しました。マンションは購入にかかる費用だけでなく、毎月の維持管理の費用がかかります。ですので、マンションを借りようとしている方はもちろんのこと、購入を考えている方も修繕積立金について知っておくことが重要です。

ここに紹介した相場を参考にしながら、マンションの購入を検討してみてください。

 

その他、マンションのことについて詳しく知りたい方はこちらの「マンション専門家への質問」をご覧ください。質問と回答を見ることもできますし、ご自身で質問することも可能です。

 

具体的に物件を探したいという方はこちらの「マンション検索」をご覧ください。

 

修繕積立金

マンションに関する疑問や悩み ありませんか? についての記事

マンションに関する疑問や悩み ありませんか?

マンションにある和室の活用方法とは?

マンションの間取りに和室がある場合、そのまま和室として活かすのか、リフォームをして洋室として使うのかは悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。和室の特徴を活かして有効に使うにはどのような方法があるのか、和室を洋室に

マンションに関する疑問や悩み ありませんか?

マンションの入り口であるエントランスの役割とは?

マンションの購入で比較・検討するときに内覧は欠かせません。マンションを内覧する際に自分が住む部屋の中は念入りにチェックすると思いますが、次にしっかりチェックしておきたいのがマンションのエントランスです。エントランスがきち

マンションに関する疑問や悩み ありませんか?

東京への一極集中が起こる要因と問題とは

東京都の人口は1997年以降、24年間連続で増え続けています。その要因としてあげられるのが、他県から東京圏(1都3県)へ流入する転入超過です。では、どれくらいの人がどういった理由で東京に移動しているのでしょうか。また、東

もっと見る