今週のチラ見物件2019/9/4

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

「今週のチラ見物件」、75回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

 

今回は、羽田空港への玄関口、山手線「浜松町」駅周辺エリアにスポットを当てながらマンションをご紹介します。

JR「浜松町」駅の北口。浜松町は羽田空港への発着場として、またビジネス街としても知られています。駅前には文化放送本社や日本で3番目に建てられた超高層ビル「世界貿易センタービル」があり、地上40階からの東京タワーの夜景は絶景です。

 

都営大江戸線「大門」駅や東京モノレールの「浜松町」駅も利用できます。モノレールの駅はJR線とコンコースで直結しています。

徒歩9分の増上寺に隣接する「港区立芝公園」。芝生部分は5,000㎡以上あり、ベンチも30基以上あります。様々な木々な植物が植えられており、芝生の上でのんびり気持ち良さそうに寝ころぶ人々の姿も見られます。ここから見える東京タワーも撮影スポットです。

いろいろな歴史的スポットもあります。まずは、浄土宗「増上寺」です。徳川将軍15代の内、6人が葬られています。

都内では最大級の前方後円墳「芝丸山古墳」。芝公園の裏から上ることができます。

徳川家康を奉る「芝東照宮」。家康が植えたとされる大イチョウの木が残っています。

このエリアのシンボルと言えば、やっぱり「東京タワー」。以外と知られていませんが、土日祝は約150mの高さのメインデッキ(大展望台)までの階段を歩いて上れます。約600段らしいですよ。

「港区役所」が徒歩5分にあってとても便利です。

区役所前と増上寺の間に広がるくすのきの広場。昔は松が多く、松原と呼ばれていました。木陰のベンチで読書をしている人を見かけました。

 

そんな環境の中、第一京浜沿いに歩くいていると、今日紹介するマンションが見えてきました。

「ノア芝大門」。1982年築、12階建、鴻池組施工の総戸数130戸を超える大規模マンションです。事務所やSOHOとしても利用されています。

外観はダークブラウンと白の幾何学的な格子模様のモダンな印象です。

住居の専有面積は40.50㎡~56.63㎡とやや小ぶりです。駐車場は屋内に立体駐車場があります。2014年に耐震改修工事が行われています。

1階エントランス前には、ベビーカーや車椅子でもスムーズに入れるようにスロープが設けられています。また、コンビニも入居していて便利です。

エントランスロビーは広々としており、天井には鏡が貼られていてより広く感じます。出入口は駅方面と芝公園方面の2方向に出入口があります。

 

 

もっと詳しく知りたい方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

 

『ノア芝大門』

 

所在:東京都港区芝大門1

交通:JR山手線「浜松町」徒歩5分

築年:1982年12月/築36年

総戸数:134戸/12階

分譲会社:日本保証マンション

施工会社:鴻池組

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

石川勝
不動産鑑定士

東京カンテイにてマンションの評価・調査に携わる。中古マンションに特化した評価手法で複数の特許を取得する理論派の一方、「マンションマイスター」として、自ら街歩きとともにお勧めマンションを巡る企画を展開するなどユニークな取り組みも。著書「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編」(エイ出版刊・「マンションマエストロ検定」公式テキスト)

 

 

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る