今週のチラ見物件2019/3/1

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

2月24日に東京・大阪で実施された「マンションマエストロ検定」を受験された方、お疲れさまでした。

出来栄えはいかがでしたでしょうか。

公式テキスト「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 マンションマエストロ検定2級&3級テキスト 基礎編」はきっとお役に立ったかと思います。

合格発表まで楽しみに待ちましょう!

「今週のチラ見物件」60回目です。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は東京23区では珍しい無人駅の「大師前」駅からお届けします。

東武スカイツリーライン「西新井」駅から1駅、東武大師線「大師前」駅です。駅名にもなっている「西新井大師」の最寄り駅です。駅前は石畳の道路が整備されていて雰囲気がありますね。

 

駅前から「西新井大師」の参道沿いに、店舗が建ち並ぶ商店街が形成されています。

「西新井大師」は関東厄除け三大師の一つと言われ、関東近県から多くの方で賑わいます。

江戸時代から女性の厄除け祈願所として有名で、また厄除けだけでなく、所願成就、お子様の初参り、七五三等も行っています。

草だんごや煎餅などの和菓子屋のほか、甘味処や飲食店などが軒を連ねて、歩くだけで楽しいですね。

実は「西新井大師」は通称で、正式名称は「五智山 遍照院 總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)」だそうです。難しい・・舌を噛みそうですね!

平安時代に弘法大師がこの地を訪れ、悪疫流行に苦しむ人々を救うため、自ら十一面観音像を造って祀り祈祷をしました。 すると枯れ井戸から新しい水が湧き、それを人々に与えたところ、たちまち平癒したと伝えられます。 その井戸がお堂の西にあったことから、「西新井」の地名ができたそうです。

 

毎月21日に催される縁日では参詣者と露天商が多く集まり賑わいを見せます。

 

さて、今回ご紹介するマンションは西新井大師の北方にあります。歩いてみましょう。

 

途中の道路沿いには24時間営業のスーパーや、飲食店舗もあります。

そんな環境の中、今日紹介するマンションが見えてきました。「大師前」駅から徒歩13分、住宅街に立地する「グレーシアスイート西新井」です。

2013年竣工、RC造10階建て、総戸数150戸超の大規模マンションです。

 

大きな敷地規模を活かし、自走式の平面駐車場がゆったり作られて使いやすそうですね。

 

敷地周囲は歩道状空地や植栽が整備されており、地域の良好な住環境の形成に寄与しています。

キッズルーム、パーティルーム、ライブラリサロンなど大規模マンションならではの充実した共用施設が整備されています。

マンションの近くには緑道状の公園が整備されていますので、日々のお散歩や、小さなお子様の遊び場に良いですね。

このマンションは全戸ファミリー向け住戸で構成されています。もっと詳しく知りたい方はマンションの詳細情報も是非ご覧ください!

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

『グレーシアスイート西新井』

 

所在:東京都足立区西新井3

交通:東武鉄道大師線「大師前」徒歩13分

日暮里・舎人ライナー「谷在家」徒歩13分

築年:2013年1月/築6年

総戸数:157戸/10階

分譲会社:相鉄不動産

施工会社:長谷工コーポレーション

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る