今週のチラ見物件2019/1/7

皆さん、こんにちは。

マンションマイスターこと、不動産鑑定士の石川です。

 

皆さん、マンションマエストロ検定の公式テキスト、「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 マンションマエストロ検定2級&3級テキスト 基礎編 “ストック”が急増する時代マンションを賢く選ぶために」を片手に、「今週のチラ見物件」56回目をお楽しみください。

 

毎週1回、マンションマイスターの私がいろいろなエリアに降り立ち、気になるマンションを紹介していきます。

駅で待ち合わせて、周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するという、バーチャルな体験を一緒に楽しんでくださいね。

 

今回は中央区アドレス、「東京」駅も徒歩圏内の「八丁堀」駅からお届けします。

東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀」駅です。出入口は新大橋通り沿いと鍛冶橋通り沿いにあります。

新大橋通り沿いには東京メトロ日比谷線専用出入口、鍛冶橋通り沿いにはJR京葉線専用出入口もあります。

 

今回は東京メトロ日比谷線専用出入口から歩いて見ます。事務所ビルの立ち並ぶ新大橋通りから亀島橋を渡って新川エリアに入ります。

新川は隅田川、亀島川、日本橋川でぐるりと四方が川に囲まれたエリアです。新しい中規模事務所ビルに混ざって、昔ながらの下町風情もみられます。

 

近隣住民向けのスーパーや近くに努めるビジネスマン向けの飲食店などがあります。

子育てファミリー向けの「越前掘児童公園」もあります。

 

 

春は桜の花見を、夏は水遊び場で水遊びを楽しむことが出来ます。

公園に隣接して、2014年夏に新校舎が完成した「区立明正小学校」と「区立明正幼稚園」があります。

 

そんな近隣に公園や小学校が整備されている街角に建つのが、今日紹介するマンション「SANCTUS127」です。

2005年竣工、RC造12階建ての中高層マンションです。

 

低層階部分はブラウン、上層階部分はホワイトのタイル貼り仕上げです。ツートンカラーがオシャレな印象です。

エントランスが落ち着きのあるブラウン調でガラス面もあり開放的です。

 

 

このマンションはディンクスやファミリー向け住戸で構成されています。落ち着いた住環境と都心立地の便利さを併せ持つ、どの世帯にとっても暮らしやすいマンションです。

もっと詳しく(マンションライブラリのマンション紹介ページへリンクします)

 

 

『SUNCTUS127』

 

所在:東京都中央区新川1

交通:東京地下鉄日比谷線「八丁堀」徒歩4分

東京地下鉄東西線「茅場町」徒歩6分

築年:2005年11月/築13年

総戸数:66戸/12階

分譲会社:オリックス・リアルエステート

施工会社:三井住友建設

 

では、また来週、お会いしましょう!

 

今週のチラ見物件 についての記事

もっと見る