四谷

四谷

不動産鑑定士からのひとこと

石川 勝

石川 勝

不動産鑑定士/マンションマイスター

東京都心のおへそ「四ツ谷」です。

おへそというのは、丸の内・新宿・霞が関・六本木・渋谷・銀座など東京の中心エリアをぐるりと輪を描くと、およそその中心に位置します。

 

駅名は四ツ谷ですが地名は「四谷」。地名の由来には二つの説があり、一つは昔四ヶ所の谷があったことによるという説、いま一つは梅屋、木屋、茶屋、布屋という四軒の茶屋があったという説です。余談ですが、有名な「四谷怪談」も、江戸元禄時代に起きた四谷が舞台の事件を基に創作された怪談です。

 

四谷は江戸時代から宿場町として栄えました。江戸城外堀が造られ、日本橋から甲府方面に向う甲州道中が整備されると賑わいを見せて発展します。

 

明治以降は交通機関の整備が急速に進み、四ツ谷駅と信濃町駅が誕生、その後市電開通にあわせて大通りも拡幅され繁華街となります。昭和に入り、東京オリンピック開催に向け首都高速道路の整備や国立競技場の建設が行われ、四谷の町も大きく変わります。四ツ谷駅前の再開発がはじまり、大通りにはオフィス・商店が建ち並ぶようになりました。

 

地域の特徴としてはメイン通りの「新宿通り」(甲州街道)はオフィス・商業エリアとなりほぼ平坦ですが、背後地は坂が多くアップダウンの高低差が目立つ地形です。坂の途中には多くの寺院や神社が見られ、特に、須賀町・舟町は古くからの寺院が多く、須賀神社をはじめ数多くの貴重な文化財が所蔵されています。これは江戸寛永の時代に四谷見附の外堀を掘削するために付近の寺社や町屋をこの一帯に移転させたもので、寺町が形成されました。そしてこれらの坂と寺院に囲むように住宅地が続いています。

 

一方、明治に入ってからの近代建築も注目。日本で唯一のネオ・バロック様式の西洋建築物と言われる「迎賓館」(赤坂離宮)は、明治42年に東宮御所として建設され、昭和49年に国の迎賓施設として生まれ変わりました。大正2年に外堀を架橋した「四谷見附橋」は、迎賓館および付近の風景との調和をはかるよう、ネオ・バロック調のデザインに設計されています。

鉄道ファンには、明治27年に開通したJR中央線(旧甲武鉄道)の「旧御所トンネル」が有名。戸の赤茶けた煉瓦隧道は、土木学会選近代土木遺産Bランクに指定されています。丸ノ内線四ツ谷駅のホームから見ることが出来ます。

 

さて、マンションエリアとしての四ツ谷を見た場合、上記のように、丘陵地の地形と神社に囲まれた由緒ある歴史を感じさせる環境や、迎賓館等に近い、都心でも緑豊かな環境の住宅地が特徴なります。

 

「ウェリス四ツ谷」(2013年)は甲州街道から南に下り、崇福寺の裏手に建つ閑静な環境。南傾斜の高台で日照・眺望に恵まれ、雁行型のファサードがモダンな特徴的なマンションです。地形を活かし、岩壁をくり抜いたようなエントランスロビーは静寂を感じる落ち着いた印象で、敷地北側にはガーデンテラスもありくつろぎの時間を与えてくれます。

https://mansionlibrary.jp/mansions/detail/2534895

 

「ガーデンヒルズ四ツ谷迎賓の森」(2016年)は迎賓館を望み、赤坂御用地の深い緑に隣接した稀有な立地の億ションです。ゆとりのある約3,700㎡の敷地に、ヒルズACで構成された139戸。エントランスは車寄せのある高級ホテルのようなアプローチ。縦に仕切られた戸境のスレッド壁面と水平ルーバー、プラバイーの配慮したL字のテラスバルコニーが作り出すフォルムが「迎賓」の名にふさわしい巧みな造形美を見せます。

https://mansionlibrary.jp/mansions/detail/2537516

 

「秀和四谷パークサイドレジデンス」(1971年)は四谷見附公園沿いに佇むヴィンテージマンション。100㎡を超える住戸が中心で、秀和シリーズのバルコニーで見られる西洋風の鉄製柵が、専用ポーチの門に施されているVIP仕様。エントランスの赤茶のレンガ門には門柱灯ランプが設置され、まるで西欧のおとぎ話に出てきそうな雰囲気です。

https://mansionlibrary.jp/mansions/detail/2501049

 

 

四ツ谷は都心のおへそながら、長い歴史と文化に支えられ、近代的な姿と、昔ながらの環境、緑豊かな空間を併せ持った稀有な街。するめのように噛めば噛むほど味わい深いマンションライフが楽しめそうですね。

 

 

 

四谷駅徒歩15分にあるもの

駐輪場 11か所、約574台
交通機関 電車:中央線、中央線(快速)、中央・総武線各停、東京メトロ丸の内線、東京メトロ南北線
バス:都営バス(四谷駅前)
医療 クリニック 6件、歯科 7件、婦人科 1件、小児科 1件、胃腸科 1件 他
教育 小学校:8か所、中学校:6か所、高校:4か所、大学:12か所、予備校:18か所
公共施設 イエスズ会聖三木図書館 聖三木図書館
観光 迎賓館(赤坂離宮)
コンビニ ローソン 1件、セブンイレブン 4件、ファミリーマート 1件 他
ショッピング アトレ四谷、高島屋、(株)イトーヨーカ堂、(株)坂口、(株)池光エンタープライズ、肉のハナマサ・麹町店、イオンリカー四ツ谷店、薬ヒグチ四ツ谷駅前店、ココカラファイン 他
シルバー施設 特別養護老人ホーム 1件、有料老人ホーム 3件、高齢者住宅 1件
カフェ・喫茶店 スープストックトーキョー、スターバックスコーヒー、カフェアントニオ、カフェ ド クリエ、エスカフェ・バイ・プロント他 約131件
美容院・ヘアサロン 約80件
その他 ホテル: ホテルニューショーヘイホテル京阪 東京四谷東急ステイ 四谷、 約70件

四谷エリアの注目施設

迎賓館(赤坂離宮)

明治43年に東宮御所として建設された、日本唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物です。第二次世界大戦後の昭和49年、日本が国際社会へ復帰し外国から賓客を迎えることが多くなったため、大規模な改修を施し、和風別館の新設と合わせて新たな歩みを始めました。

その後平成21年に行われた大規模改修工事後、日本の建築を代表するものの一つとして国宝にも指定されています。当時の日本の建築、美術、工芸界の総力を結集した建築物であり、明治期の本格的な近代洋風建築の到達点を、ぜひ一度体感してみてはいかがでしょう。
https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/

陽運寺

陽運寺は江戸、文政年代に活躍した「東海道四谷怪談」のお岩様が祀られていることから於岩稲荷(おいわいなり)とも呼ばれています。本堂にはお岩様の木像が安置されており、境内にはお岩様ゆかりの井戸もございます。悪縁を除き、良縁を招く縁結びには多大なご利益があり、全国各地より多くの参拝者が訪れます。厄除け、縁結び、新たな出会いを望まれる方必見です。
http://oiwainari.or.jp/

須賀神社

須賀神社二柱の主祭神を中心に祀り、世に天王様として親しまれ、御祭礼は四谷の「天王祭り」また「かっぱ祭り」として有名でした。社名の須賀とは、須佐之男命(スサノオノミコト)が出雲の国の簸の川上に、八俣大蛇を討ち「吾此の地に来りて心須賀、須賀し」と宣り給い、お住まいになられたことから名づけられた名称です。稲荷大神は五穀豊穣・開運招福・商売繁盛の神様として、須賀大神は暦神として、また土木建築・悪霊退散・諸難・疫病除けの神として古くより庶民の信仰を集め、霊験あらたかであったと伝えられています。また近年だと、映画『君の名は』の舞台のモデルにもなり、ファンの間で聖地として人気を集めています。
https://sugajinjya.or.jp/

四谷のマンション一覧

四谷で売り出し中のお部屋(β版)売り出し中のお部屋について

間取り図

写真

マンション名
所在地

価格
専有面積/間取り
所在階/向き