早稲田

早稲田

不動産鑑定士からのひとこと

石川 勝

石川 勝

不動産鑑定士/マンションマイスター

「早稲田駅」と聞いて、東西線の「早稲田駅」を思い浮かぶ人と、都電荒川線の「早稲田駅」を思い浮かべる人では、その抱くイメージも違うのではないでしょうか。

一言でいうと、東西線「早稲田駅」は言わずと知れた早稲田大学の巨大キャンバスが点在してエリアの中心となっていて、学生の行き来が多く「賑やか」という街の印象。都電荒川線「早稲田駅」はここから緩やかな丘陵を下っていき、神田川沿いに歴史の名残を残しつつ「のどか」というのが分かりやすいと思います。そしてそれぞれを最寄り駅とする優良な中古マンションもたくさん見られます。

 

まずは東西線「早稲田駅」から。言わずと知れた早稲田大学や学習院女子大があって賑やかな学生の街です。一方で、商売繁盛・金運上昇で有名な「穴八幡宮」があったり、
戸山公園が広がっていたり、歴史や自然も満喫できるエリアです。穴八幡宮では、徳川吉宗ゆかりの流鏑馬(やぶさめ)の神事が有名で、新宿区無形民俗文化財に指定されていて、毎年体育の日に都立戸山公園で行われています。戸山公園に向かうあたりは、道路が広い割に車の通りは少なく、高台に位置していることから日照に恵まれ、戸山公園の緑を一面に見渡せる眺望のマンションなどは人気です。

 

また、早稲田大学の点在する施設の中でも、一般開放されている「大隈庭園」が良好な住環境を形成するのに一役買っています。江戸時代に高松藩主松平氏の別邸があったところで、早稲田大学創始者の大隈重信が屋敷を構え、もとあった庭を和洋折衷に改造したものです。大隈が没した後、屋敷と庭園は早稲田大学に寄付され一般公開されています。
次に、都電荒川線「早稲田駅」に移りましょう。川と桜という組み合わせは、目黒川が有名ですが、実は隠れスポットとしてこの早稲田エリアが挙げられます。都電荒川線の早稲田駅の隣の駅名にもなっている「面影橋(おもかげばし)」。江戸時代には「姿見橋」と呼ばれ、蛍の名所らしいです。橋名の由来は、歌人・在原業平が鏡のような水面に姿を映したという説、昔この近くに住む和田某の娘お戸姫が、その美貌ゆえに次々と災難に会うのを苦に髪を切り、深夜この橋の上で変わり果てた自分の面影を川面に映したという説があるそうです。

この神田川沿いは、江戸時代から、染め物業者が集まってきた歴史があります。もともと染め物業は下流の神田や浅草に多かったけど、水が汚れてきたため、染色に適した良質の水を求め、より上流のこの辺りに移ってきました。神田川流域に近くにある「東京染ものがたり博物館」は、新宿区が区内にある寺社などの文化財や、優れた伝統工芸などを指定・公開する「新宿ミニ博物館」のひとつ。東京染小紋と江戸更紗を中心に作品や染色の技法を紹介しています。
大きな公園としては新宿区が管理する「甘泉園公園」がお勧めです。庭園は、江戸時代、徳川御三卿(御三家)の一つ清水家の下屋敷に整備された大名庭園で、地形の段差を利用して湧き水の池や滝を形成し、中島、磯渡り、築山を配した回遊式庭園になっています。「甘泉園」の名は、ここから湧く泉の水がお茶に適していたところからきたそう。こうした名前の由来を辿るだけで、歴史を感じさせますね。

 

さて、都電荒川線「早稲田駅」エリアの中古マンションですが、中低層マンションから、再開発で建てられた高層マンションまでバラエティに富んでます。中低層マンションでは、丘陵の地形を生かした、見る方向によって変化に富むマンションが多いのが特徴です。また、高層マンションでは戸山公園と緑が広がり、新宿の高層ビル群まで見渡せる抜群の眺望です。
東西線の駅から都電荒川線の駅まで、地形の変化ともに新しい街から、歴史のある街までいろいろな顔を見せてくれる「早稲田」。マンションライフの「住みやすさ・暮らしやすさ」ってどういうものなのか、日常生活の中で時間をかけて教えてくれるエリアです。

早稲田駅徒歩15分にあるもの

駐輪場 4か所 375台
交通機関 電車:東京メトロ東西線、(都電荒川線) 
バス:都営バス(早大正門行、渋谷駅東口行、新宿駅西口行、高田馬場駅前行、早稲田行)
医療 国立国際医療研究センター病院東京女子医科大学病院、クリニック6件、歯科9件、小児科1件
教育 小学校: 4か所 中学校:2か所 高校:2か所 大学:1か所 予備校:1か所
公共施設 区立鶴巻図書館現代マンガ図書館
観光 江戸川公園、大隈庭園、穴八幡宮,東京染ものがたり博物館,甘泉園
コンビニ ファミリーマート8件、ローソン7件、セブンイレブン7件、ミニストップ2件、サンクス1件 他
ショッピング 三徳、ドンキホーテ、サンドラック他
シルバー施設 特別養護老人ホーム4件、有料老人ホーム1件、高齢者住宅0件
カフェ・喫茶店 のらりくらり、モジョコーヒー、カフェ GOTO、フロム・ハンド・トゥ・マウス 他約98件
美容院・ヘアサロン 約16件
その他 動物病院・獣医 7件、トリミングサロン 2件、ペットショップ 1件、ペットホテル 3件
ホテル: リーガロイヤルホテル東京ホテル椿山荘東京

早稲田エリアの注目施設

早稲田大学

早稲田大学1882年に大隈重信が創設した「東京専門学校」を前身とする私立大学で、キャンパスは早稲田以外にも所沢や日本橋など複数存在しています。2007年に重要文化財に指定された大隈講堂は、早稲田大学の象徴としてあまりにも有名。そのほか、大隈銅像、総合学術情報センター、坪内博士記念演劇博物館など、学内には早稲田大学の歴史を物語るスポットが多々あり、自由に見学することができます。

東京都新宿区戸塚町1丁目104
https://www.waseda.jp/

草間彌生美術館

草間彌生美術館水玉模様のかぼちゃで有名な前衛芸術の女王・草間彌生の美術館として、2017年10月にオープン。館内には独創的な絵画や立体作品が展示され、サイケデリックな草間ワールドをつくり出しています。色彩あふれる作品だけでなく、モノクロドローイングで壁面を埋め尽くされたコーナーも見どころ。そのほか、赤い水玉模様のエレベーターやトイレなど、展示物以外の箇所にも草間彌生の世界観が散りばめられています。

東京都新宿区弁天町107
https://yayoikusamamuseum.jp/

漱石山房記念館

漱石山房記念館夏目漱石が生まれ育った新宿区、特に晩年の9年間で数々の名作を生み出した「漱石山房」のあった地に建てられた記念館。書斎や客間、ベランダ式回廊など、漱石の執筆空間や生活空間を再現しています。通常展のほか、特別展や講座、イベントなど、漱石の文学世界を体感できる催しも。図書室やカフェも併設されているので、漱石の本を片手にコーヒーを飲みながら、ゆっくり過ごすのもおすすめです。

東京都新宿区早稲田南町7
http://soseki-museum.jp/

戸山公園アスレチック

戸山公園アスレチック便利な都心にありながら、家族で遊べる緑豊かな公園です。小さな子どもが遊べる遊具や砂場、ダイナミックなアスレチックスペース、ボール遊びができる広場まであり、思うぞんぶん体を動かすことができます。特に夏は、幼児向けの水遊びスペース「じゃぶじゃぶ池」が人気!もちろん、側にはちゃんと監視員さんがいるので安心です。四季折々の自然を感じに散歩をするだけでも楽しめます。

東京都新宿区戸山3丁目1−2
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index002.html

リーガロイヤルホテル東京

リーガロイヤルホテル東京緑に囲まれ隠れ家的な雰囲気を放つホテル「リーガロイヤルホテル東京」。品の良い調度品に彩られた空間は、まさに「優美」のひと言です。夜には都心ならではのきらびやかな夜景を部屋から眺めることができます。趣向を凝らしたお料理がいただけるレストランに、非日常と銘酒を嗜めるバーなど、宿泊以外の使い方もまたおすすめ。ドラマのロケ地によく使われていることもあり、近くに住んだら一度は足を運んでみたくなるでしょう。

東京都新宿区戸塚町1丁目104−19
https://www.rihga.co.jp/tokyo

早稲田エリアのマンション一覧

今この駅で売り出し中のお部屋(β版)今このマンションで売り出し中のお部屋について

間取り図

写真

マンション名
所在地

価格
専有面積/間取り
所在階/向き