広尾


広尾

不動産鑑定士からのひとこと

石川 勝

石川 勝

不動産鑑定士/マンションマイスター

渋谷区を代表する高級住宅地として、また、ヴィンテージマンションが数多く見られることでも有名な「広尾」。

 

渋谷区内の高級住宅街と言うと、広尾、松濤、南平台、代々木上原などが挙げられます。

 

同じ渋谷区の高級住宅地でも、北西部の「松涛」「代々木上原」などは、代々木公園にも近い「新宿区」色、あるいは駒場といった「目黒区」色が徐々に見られるのに対し、南東部の「広尾」は、六本木にも近いことから「港区」色が色濃く見えてきます。

 

こうした位置情報としての地域性は面白いところですので、是非地図を見ながらエリアの相関関係を俯瞰してみるとより地域色が分かってきます。

 

もともと広尾は、江戸時代までは広大なススキ野が広がっていた原野のような自然豊かな環境だったそうです。

「有栖川宮記念公園」などに残る緑に溢れ自然豊かな環境が当時の様子を想像できます。

江戸時代に入ると、江戸城の西はずれの要所として、大名屋敷が連なる武家屋敷街となります。

 

今は広尾は大使館が多く、外国人の居住者も多いのが特徴ですが、これは、江戸時代末期にアメリカ公使館が元麻布善福寺に設置されたのをきっかけに、明治維新以降は各国の公館が設置されたことによります。武家屋敷跡は皇族や華族、また政治有力者の屋敷となり、今の高級住宅街へと繋がります。

 

住宅街として地形にも恵まれています。

広尾駅あたりは渋谷・恵比寿から続く渋谷川、明治通りといった大通り、と平地の延長線として広がっていますが、ここから六本木方面に北上するにつれ、なだらかな丘陵地として標高が高くなっていき高台が広がります。

こうした地形により、日照・通風・眺望に恵まれた住環境が形成されています。

 

 

マンションエリアとしては、こうした恵まれた環境を享受した高級マンションが多数点在しています。

 

やはり広尾の高級マンションの代名詞として「広尾ガーデンヒルズ」(1983-1987)は外せませんね。

5つの異なった「ヒル」棟から形成されていて、バブル期直前の1982年11月に最初の分譲が開始され、バブル期末期の1987年に竣工が終わったヴィンテージマンションの代名詞です。

 

隣接する日本赤十字社医療センターの広大な敷地を取得して始まった全6.6haという当時類を見ない都心部の大型プロジェクトで、立地の良さと開発プロジェクトの概要が明らかになるに連れ、世間の耳目を集めて分譲事業が開始されたことによって、多くの資産家や富裕層、著名人などが積極的に購入したことでも知られました。

 

完全に閉鎖するのではなく、地域との調和を目指し、ある程度オープンなパブリックスペースを持たせることで、周囲の環境の変化ともなって熟成していく様は今でも色あせません。常に売りを待つ買客のウェイティングリストがあり、表に出る売物件は少ないそうです。

フィールドトリップ第1回マンションツアー」でも取り上げていますので、ブログをご覧ください。

その後2000年代に入り隣に開発された「広尾ガーデンフォレスト」(2009年)は

広尾ガーデンヒルズと違い定期借地権マンションです。敷地約2.99haは日本赤十字社と50年の定期借地権を設定し、日本赤十字社は返却後に本土地を新病院建築地として利用するということが決まっています。

 

 

その他、広尾らしく品格溢れるマンションを紹介します。

 

広尾駅と渋谷駅の中間に位置する「ドムス常盤松」(1982年)

ヴィンテージマンションブランド「ドムス」は「ドムスカラー」と称される赤褐色のタイル貼りが特徴的。エントランスへ誘う中央の欧風の階段が印象的で風格が漂っています。

 

大正から昭和の初期にかけて実業家で旧東京市長などを務めた中村是公の私邸跡の「ザ・パークハウス広尾羽澤」(2014年)

佳苑邸・粋林邸・珠光邸の三つで構成され、中央には樹齢を重ねた四季折々の植栽を配した翠緑苑と名付けられた中庭が品格を高めています。

 

聖心女子学院に隣接する「クロイスターズ広尾」(2004年)

大きく迫り出した庇が訪れる人を迎賓し、階段の上下の変化が行き交うアプローチ、エントランスにはクリアガラス扉の向こうに広がる現代美術風の水盤など、特に意匠・設計に凝ったマンションです。

 

 

是非、高台での恵まれた自然に囲まれながら、目の肥やしとなるこうしたマンションを見て歩く「フィールドトリップ」を愉しんでください。

 
(最終更新日:2019年10月25日)

広尾駅徒歩15分にあるもの

駐輪場 1カ所、約50台
交通機関 電車:東京メトロ日比谷線
バス:都営バス(品川駅高輪口、新宿駅西口、目黒駅前、新橋駅前、千駄ヶ谷駅前) 
   フジエキスプレス(ちぃばす麻布西ルート・六本木けやき坂)
医療 日本赤十字医療センター、東京都立広尾病院
クリニック 8件、歯科 7件、婦人科 2件、皮膚科 2件 他
教育 小学校:12か所、中学校:8か所、高校:8か所、大学:4か所、予備校:4か所
公共施設 渋谷区立臨川みんなの図書館東京都立中央図書館広尾子育て支援センター
観光 山種美術館香林院
コンビニ セブンイレブン 8件、ローソン 7件、ファミリーマート 3件、サンクス 3件、ミニストップ 1件 他
ショッピング 明治屋、ナショナル麻布、肉のハナマサ、クイーンズ伊勢丹、マルエツ、トモズ 4件、サンドラッグ、どらっぐぱぱす  他
シルバー施設 特別養護老人ホーム 4件、有料老人ホーム 1件、高齢者住宅 2件
カフェ・喫茶店 レ グランザルブル、キャンバストウキョウ、アンセーニュ ダンクル、天現寺カフェ 他 約150件
美容院・ヘアサロン 約245件
その他 動物病院・獣医 12件、トリミングサロン 12件、ペットショップ 9件、ペットホテル 3件
ホテル:フレックスステイイン白金グランドハイアット東京ウエスティンホテル東京 他 約10件

広尾エリアの注目施設

有栖川宮記念公園

有栖川宮記念公園江戸時代、盛岡南部藩の下屋敷として使われた後、1896年(明治29年)に有栖川宮威仁(ありすがわのみやたけひと)親王の栽仁(たねひと)王新邸造成の御用地となったこの地。有栖川宮の廃絶後は、児童福祉を目的とする遊び場に関心を持っていた高松宮殿下が1934年、この地を東京市に賜与し、記念公園として一般公開しました。緑深く、起伏に富んだ園内には滝や渓流があり、大きな池を望む美しい日本庭園が散策者を楽しませてくれます。
東京都港区南麻布5丁目7−29
http://www.arisugawa-park.jp/index.php

聖心女子学院本部

聖心女子学院本部聖心女学院は、2018年に学校創立110年を迎えたカトリックミッションスクールです。初等科1年~高等科3年までの12年間を、4年ごとに区切る4・4・4制を取り入れた一貫教育を実施。世界30ヵ国に姉妹校を持つグローバルコミュニティの一員として、特色豊かな英語教育や留学制度、海外体験学習にも積極的に取り組んでいます。
東京都渋谷区広尾4丁目3−1
http://www.honbu-sacred-heart.jp/

臨済宗大徳寺派 瑞泉山 香林院

臨済宗大徳寺派 瑞泉山 香林院
寛文5年(1665年)、松平(大給)乗次を開基、絶山宗信和尚を開山とし、三河奥藩主松平真次の菩提を弔うために建立されたのが広尾にある香林院です。お寺では、お茶会や絵画教室、写経、写仏画など各種活動が行われています。特に平日朝7時から(日曜は午後5時から)行われている座禅には、出社前のビジネスパーソンや外国人が体験に訪れ、忙しい現代人が静かに心をリフレッシュさせる場としても重宝されています。
東京都渋谷区広尾5丁目1−21
http://kourin-in.com/index.html

広尾プラザ

広尾プラザ
広尾駅から徒歩1分と好アクセスのショッピングモール「広尾プラザ」。おしゃれなカフェやフレンチ懐石などのレストラン、スーパー「明治屋」などのほか、アパレル、ギャラリー、生活雑貨、会員制スポーツクラブなど、広尾を生活圏とする人たちにうれしいショップや施設が充実しています。1階~3階までは商業施設、4階~9回は入居するオフィスフロアとして機能しています。
東京都渋谷区広尾5丁目6−6
http://hiroo-plaza.com/

天現寺

天現寺享保4年(1719年)、祥雲寺八世怡溪和尚の法嗣、良堂大和尚によって開基された天現寺は、臨済宗大徳寺派の寺院です。本尊として、聖徳太子が作ったとされる毘沙門天の木像が祭られています。境内にはほかにも、芭蕉が当時この寺にあった有名なしだれ桜を詠んだのではといわれる句碑や、「硯、墨、紙、筆」を祀った四神碑も見られます。
東京都港区南麻布4丁目2−35
http://www.tengenji.jp/

広尾のマンション一覧

広尾で売り出し中のお部屋(β版)売り出し中のお部屋について

間取り図

写真

マンション名
所在地

価格
専有面積/間取り
所在階/向き