月島

月島

不動産鑑定士からのひとこと

石川 勝

石川 勝

不動産鑑定士/マンションマイスター

もんじゃ焼きで知られる、東京都中央区の「月島」です。地図を見れば分かるとおり、四方を水で囲まれた埋め立て地で、東京湾の埋め立てはこの月島から始まりました。

 

江戸時代、隅田川の河口には佃島と石川島の2つの島があり、佃島は魚師が集まり、石川島は幕末に水戸藩主徳川斉昭が造船所を創業し、これが明治22年の石川島造船所(現IHI)の設立につながります。

 

明治25年、この2つの島の南側に連なる低湿地が、東京湾にたまった土砂で埋め立てられて月島1号地(現「月島」)が完成します。続いて、月島2・3号地(現「勝どき・豊海」)、月島4号地(現「晴海」)と続きました。

第一次大戦後の好景気を背景にして、月島には石川島造船所の下請工場などの鉄工や鋳物の町工場が密集し、商店街が形成され、人々の住処である長屋が軒を連ね、東京の下町として発展します。

 

昭和に入り、奇跡的に東京大空襲の戦災を受けなかったため、東京都心に至近距離にありながら、下町情緒をもった街並みがそのまま残っていました。

そんな月島の下町風景が大きく変わるのは、隣の佃島で昭和54年に造船所は閉鎖され再開発が始まることと、昭和63年の月島駅の開業です。折しもバブル景気により、月島や勝どきにあった町工場や倉庫は、賃貸や分譲のマンションに次々と建て替わっていきました。佃島の造船所跡も超高層マンションが林立する「大川端リバーシティ」となります。

幅2mにも満たない路地に面して長屋が連なる昔ながらの下町風景を残しつつ、その背後に超高層マンションが林立する、この際立ったコントラストは月島の町並みの特徴です。街紹介でも定番の構図となっていますね。

 

さて、そんな月島の名物、「もんじゃ焼き」。月島西仲通り商店街、通称「もんじゃストリート」には、もんじゃ焼きのお店がずらりと50軒ほど並んでいます。

ルーツは「文字焼き」が変化したというのが定説で、葛飾北斎の北斎漫画に「文字焼き屋」がすでに登場しています。子供に小麦粉を水で溶き鉄板の上に文字を書いて読み書きを教えたそうです。子どもを遊ばせながら、食べ物が文字を教える題材になったことはこの時代の下町人情が垣間見れて、面白いですね。

 

  

マンションエリアとして「月島」を見ると、墨田川を望めるリバーサイドのタワーマンションや、中央区ならではの職住接近をうたったコンパクトマンションが人気となります。

 

まず駅直結と言える徒歩1分のタワーマンションとして「ムーンアイランドタワー」(2002年)と「キャピタルゲートプレイス」(2015年)が双璧。ともに

「ムーンアイランドタワー」は、月島駅前地区市街地再開発事業にて建てられた総戸数531戸(うちURの賃貸住戸が350戸)、地上38階建。1階・地下1階に飲食店、ドラッグストア、スーパー等が入居し利便性に優るほか、コンシェルジュによるフロントサービスも充実し、便利でリッチなタワマン暮らしを体現しています。

 

「キャピタルゲートプレイス」は月島三丁目地区第一種市街地再開発事業にて垂れられた総戸数702戸、月島・勝どきエリアで一番高い53階建を誇ります。地下鉄月島駅とはエレベーターで直接つながるバリアフリーに対応し、住宅だけではなく、店舗、事務所、保育所、クリニック、小規模特別養護施設など、さまざまな機能を備えています。ザ・タワーとザ・レジデンスの二棟構成で、二つの棟を結ぶブリッジ部に、パーティルームやスポーツ施設など多彩な5階建の共用施設を備え、中央のガーデンは公共空間として公園機能の外、災害時には一時避難場所としても機能し、地域の防災活動のための地域防災倉庫をも備えてた次世代型タワーと言えます。

 

 タワーではなく中層マンションを好みの方は「月島リバーハウス」(1982年)。A棟・B棟の2棟からなり、総戸数10611階建てという中層マンションではビッグコミュニティで、住戸によっては墨田川に面したリバーサイドビューを楽しめます。また、墨田川沿いは遊歩道が整備されていますので、庭感覚で日々の散歩に最適です。

 

 

オリンピックを控え活況な湾岸エリアでも「中央区」という立地とアドレスは、下町風景を残しつつ、まだまだ発展の大きな可能性を秘めていますね。

 (最終更新日:2020年2月26日)

月島駅徒歩15分にあるもの

駐輪場 1カ所、約50台
交通機関 電車:東京メトロ有楽町線、都営大江戸線
バス:都営バス(東京駅八重洲口、東京ビックサイト、豊海水産埠頭、亀戸駅前、深川車庫前) 
医療 聖路加国際病院石川島記念病院、クリニック 3件、歯科 23件、眼科 1件、耳鼻科 1件 他
教育 小学校:7か所、中学校:3か所、高校:2か所、大学:4か所、予備校:1か所
公共施設 中央区立月島図書館中央区立月島社会教育会館
観光 石川島公園月島温泉
コンビニ セブンイレブン 7件、ファミリーマート 3件、ローソン 8件、ナチュラルローソン 1件 他
ショッピング マミィ、文化堂、グルメシティ、マルエツ、リンコス、トリトンスクエア、どらっくぱぱす 他
シルバー施設 特別養護老人ホーム 3件、有料老人ホーム 0件、高齢者住宅 0件
カフェ・喫茶店 銀の羊、御免堂、元気カフェ&ギャラリー、茶茶、星時計、ライフ 他 約81件
美容院・ヘアサロン 約71件
その他 動物病院・獣医 6件、トリミングサロン 4件、ペットショップ 5件、ペットホテル 1件
ホテル:銀座クレストンアパホテル築地駅南銀座キャピタルホテル 他 約20件

月島エリアの注目施設

月島もんじゃストリート


月島といえばもんじゃ!と答える方はたくさんいることでしょう。
それもそのはず、通称もんじゃストリートと呼ばれるここ月島西仲通り商店街周辺には約60件を超えるもんじゃ屋さんが軒を連ねています。お好み焼きとは違ったトロトロの香ばしいもんじゃは江戸っ子のソウルフード。
どのお店に行こうか迷ってしまう方にはもんじゃMAPなるものもありますので、マップを参考にたくさんの店舗を食べ比べて、お気に入りのお店を見つけてみては?
東京都中央区月島
https://monja.gr.jp

月島観音


月島観音は、正式名称を「信州善光寺別院本誓殿 月島開運観世音」と言います。1951年地元の有志により信州善光寺別院として建立されましたが、2001年の再開発により月島サングランパビルの中に移転されました。
赤い提灯がぶら下がった参道ももちろん室内。開運、遺失物の発見と病気の平癒にご利益があるといわれ、地元の方はもちろん、観光客の方々もこの珍しい室内の観音様へお参りに来るそうです。
中央区月島3-4-11

佃島


佃煮という言葉の由来でもある佃島は、月島に来たらぜひ立ち寄っていただきたいエリアです。
佃エリアは東京の下町の風情をしっかりと残したレトロな街並みが残る場所ですが、同時に東京都のウォーターフロント開発を象徴するエリアでもあります。
老舗の佃煮屋さんや住吉神社、長屋門など昭和にタイムスリップしたような気分を楽しめる一方で、ふと見上げるとその奥にはタワーマンションが立ち並ぶ、なんとも不思議な風景を見ることができます。
この古き良き風景と、新しい時代の風景とのコントラストを楽しめる「今」、「ここで」しか見ることのできないフォトジェニックなスポットです。
中央区佃1丁目

月島のマンション一覧

月島で売り出し中のお部屋(β版)売り出し中のお部屋について

間取り図

写真

マンション名
所在地

価格
専有面積/間取り
所在階/向き