大崎

大崎

不動産鑑定士からのひとこと

石川 勝

石川 勝

不動産鑑定士/マンションマイスター

東京都が策定する7つの副都心のひとつ、品川区の「大崎」です。

 

駅前からペデストリアンデッキが広がり、「大崎ニューシティ」「ゲートシティ大崎」「ThinkPark」「アートヴィレッジ大崎」と直接高層オフィスやホテルが広がる様は山手線の駅の中でも特に近代的な印象です。

このような様相は、いくつもの再開発事業によって生まれました。

 

実は品川区の中でもこのエリアは工業エリアで、昭和の後期まで駅前エリアの直ぐ近くまで電機工場や化学工場が続いていたのです。あのソニーの工場もここにありました。

それが昭和62年、大崎駅東口第1地区(大崎ニューシティ)誕生ににより、大崎の「副都心」化が始まります。

その後の第2地区(ゲートシティ大崎)へ、さらに複数の再開発と続き、工場敷地が高層オフィスビルやタワーマンションに生まれ変わり、大崎駅前にすぐれた都市基盤が創られていきます。

 

平成14年に埼京線・りんかい線・湘南新宿ラインが利用可能になってからはエリアのポテンシャルも上がり、今現在も「五反田」~「大崎」~「品川」間で幾つもの再開発事業が継続しており、新しい顔を備えて進化する大崎に期待できます。

 

一方でマンションエリアとして大崎を見た場合、気になるのが「住空間」ですが、この「住む」という視点でも再開発事業によって大きく変革を遂げています。

 

再開発事業はビル単独の建築でなく「街づくり」を主体としているため、どの再開発エリアも緑化率に力を入れて、思いのほか緑の多い空間を作ってきました。

大崎駅西口地区Thinkparkの敷地に広がる「大崎の森」はオフィスワーカーの憩いの場となっていると同時に、木々の作用で周辺温度を下げるエコ効果の恩恵をももたらしています。

また、大崎駅南口からペデストリアンデッキを歩いてわずか3分ほどのソニー本社跡地に開発されたソニーシティ(現・NBF大崎ビル)には、豊かなグリーンゾーンとして「緑の小道」が作られ、潤いのある森へと誘います。

 

さらに目黒川にも注目です。目黒川というと目黒~中目黒の桜並木が有名でシーズンには大変混雑しますが、この大崎エリアが隠れた名所です。

周辺道路の整備はもとより、川沿いの歩道の整理や、建物の配置など、「風の道の確保」を計算されて街づくりされているため、とても花見だけでなく、生活の中での気持ちやすさを実感させてくれます。

 

さて、大崎の代表的なマンションとなると、やはりこのような再開発によって生まれたマンションになります。順に見ていきます。

 

THE PARKTOWER TOKYO SOUTH(ザ パークタワー 東京サウス)」(2001年)

三井不動産レジデンシャルが分譲した総戸数346戸地上30階のタワーマンションです。

再開発事業は「東五反田二丁目第1地区(オーバルコート大崎)」です。

「オーバルコート大崎」は目黒川の北側、約29haの東五反田エリアの最初の開発。地域のランドマークとなる超高層住宅棟を中心とした都市型住宅、ものづくり産業の拠点としてのオフィスの供給とあわせ、目黒川沿いの親水広場、地区幹線道路等の公共施設の整備を行い、工業エリアのイメージを一新する明るい街並が誕生しました。

マンションは2001年度グッドデザイン賞を受賞しました。クラウンを屋上に配したり、列柱で屋上の庇を支える外観デザインが特徴的です。敷地中央に人々が憩うことのできる広場「オーバルコート」が整備され、楕円形に巡らされた藤棚を中心に、シンボルツリーや、噴水を配置、花壇や滝などによって、街に潤いとやすらぎを与えています。

 

 

パークタワーグランスカイ」(2010年)

三井不動産レジデンシャルが分譲した総戸数736戸地上44階のタワーマンションです。

再開発事業は「東五反田二丁目第2地区(東京サザンガーデン)」です。

東五反田地区の小規模な工場等があった街区で、オフィスビルと賃貸マンション、そして大規模な分譲マンションが建設されました。目黒川沿いも整備され、公園化された目黒川の遊歩道とパークタワーグランスカイの敷地が繋がるよう設計されています。

マンション屋上の「グランスカイテラス」は360度回遊できるようになっており一部芝生張りでハンモックも用意されているほか、スカイジャグジーもあります。

 

 

大崎ウェストシティタワーズ」(2011年)

住友不動産他が分譲した総戸数1,084戸地上39階のツインタワーマンションです。

再開発事業は「大崎駅西口中地区」です。大崎の新たなランドマークとなるツインタワーの超高層住宅と、屋上・壁面緑化によるヒートアイランド対策、百反通り沿いの街並み景観、認可保育所や地域センターなどの施設整備を一体として開発されました。低層部はストリートスケープ、まちの景観に配慮した沿道型住宅と店舗で構成されており、高層部は隣接街区のオフィスビルとの調和に配慮してガラスを多用し生活感の表出を抑制しています。

ツインタワー2棟のマンションは、近接しているものの、見合いが生じないように角度を付けた配棟としています。外観は陽光を放つガラスカーテンウォールで、ひと際近未来的でスタイリッシュなフォルムが目立っています。

 

 

パークシティ大崎 ザ タワー」(2015年)

三井不動産レジデンシャル他が分譲した総戸数734戸地上40階のタワーマンションです。

再開発事業は「北品川五丁目第1地区」です。五反田―大崎界隈でも最大の開発規模で、5つのオフィスビルと、分譲の大規模タワーマンションと賃貸タワーマンションから構成されます。敷地内の約30%以上に緑地面積を確保するなど環境に配慮しています。南北・東西に幹線道路が通っていることから、メインストリートには約250mに渡る二重列植の並木道、交差点にはシンボルツリーとなるオリーブの大樹、その他街区内7か所に憩い、集うことができる緑地空間を配置して、歩いて楽しい潤いと賑わいのある街を目指した開発をしています。

マンションは7つのコンセプトガーデンに囲まれ、四季折々の変化を楽しめるよう設計されています。 東京を一望できるスカイビューガーデン、ホテルライクなラウンジ等多彩な共有空間を備えるランドマークタワーです。

 

 

「大崎」エリアは隣の「五反田」「品川」駅周辺再開発の好影響も期待できるなど、さらなるポテンシャルも有しています。

湾岸エリアのタワーマンションも魅力ですが、いささか供給過多気味な中、こうした内陸型タワーマンションエリアが再び注目を浴びることと思います。
 
(最終更新日:2019年10月25日)

大崎駅徒歩15分にあるもの

駐輪場 3カ所、約1,329台
交通機関 電車:JR山手線、JR埼京線、りんかい線、JR湘南新宿ライン
バス:東急バス(渋谷駅、大井町駅)
医療 第三北品川病院
クリニック 11件、歯科 15件、整形外科 2件、内科 1件 他
教育 小学校:11か所、中学校:7か所、高校:8か所、大学:4か所、予備校:3か所
公共施設 品川区立大崎図書館品川区立ゆたか図書館品川区立五反田図書館
観光 O美術館大崎鎮守 居木神社
コンビニ ファミリーマート 27件、ローソン 23件、セブンイレブン 23件、ニューデイズ 4件、ミニストップ 3件 他
ショッピング 大崎ニューシティー、ゲートシティ大崎、百反商店街、ライフ、トモズ、ライフドラッグプラス タンポポ薬局  他
シルバー施設 特別養護老人ホーム 1件、有料老人ホーム 0件、高齢者住宅 0件
カフェ・喫茶店 マザーリーフティースタイル、ベックスコーヒーショップ、かもめカフェ、サニーサイドアップ 他 約85件
美容院・ヘアサロン 約98件
その他 動物病院・獣医 8件、トリミングサロン 5件、ペットショップ 5件、ペットホテル 1件
ホテル: ニューオータニイン東京ダイワロイネットホテル東京大崎ホテルマイステイズ五反田三井ガーデンホテル五反田 他 約24件

大崎エリアの注目施設

大崎ニュー・シティ

大崎ニュー・シティ
大崎駅直結、花と緑に囲まれた“都市の中の憩いの場”をめざした大崎ニュー・シティは、3つのオフィス棟と1つの店舗棟、そしてホテルニューオータニイン東京からなる複合施設です。棟が取り囲むその中心には、噴水と緑の屋外広場「O(オー)パティオ」があり、オフィス街の中のオアシス的役割を担っています。天気のいい日にベンチに座ってお弁当を食べる場所としてもおすすめです。
東京都品川区大崎1丁目6−4
http://www.ohsaki-nc.jp/

Gallery Wolke

Gallery Wolke築60年の民家を改修し、レンタルギャラリーとして再活用されているボルケ。懐かしくてどこか新しい空間の中、工芸品や絵画、写真、手作り作品などの展示が楽しめます。セミナーや教室の開催、撮影場所としても利用されているそう。手ごろなレンタル価格設定から、プロをめざす大学生や専門学生など“アーティストの卵”が作品を披露する場にもなっています。近代的な大崎という街で、ちょっと非日常を感じられるアート空間です。
東京都品川区大崎2丁目5−22
http://gallery-wolke.jp/

観音寺

観音寺観音寺は弘治年間(1555~558)に創建されたといわれており、開山は光海和尚と伝えられています。元は目黒川居木橋の南にあったのが、幾度も水害に見舞われたため、元禄年間に現在の地に移転したといわれています。文化財である延宝5年(1677年)造立の笠塔婆型庚申供養塔や、昭和17年(1942年)に造られた石造馬頭観音像は、当院を訪れたらぜひ見ておきたいところでしょう。
東京都品川区大崎3丁目8-12
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/6kannonji/

ゲートシティ大崎

ゲートシティ大崎大崎駅から直結する巨大複合機能都市として、大崎のランドマーク的存在となっているゲートシティ大崎。地上24階建ての業務商業棟に、地上20階建ての住宅棟「サウスパークタワー」を中心とし、大崎駅前を近代的に彩ります。その利便性のよさからビジネスの拠点としてはもちろん、イベントやレストランでの食事、ショッピングに訪れる人々の憩いの場としても活用されています。
東京都品川区大崎1丁目11−1
http://www.gatecity.jp/

ThinkPark Tower

ThinkPark Tower緑あふれる環境で、21世紀の新しいワークスタイルを追求したオフィスビル。洗練されたインテリアや最先端のファシリティは、大崎で働くビジネスパーソンの高いステータスを物語っています。ThinkPark Towerの足元には、テラス席をしつらえたレストランやベーカリー、フラワーショップ、カフェ、パブなど、平日だけでなく休日も人々が集まるショップ&レストラン
街となっています。そのほか、スポーツ広場やホテル、フィットネスも。
東京都品川区大崎2丁目1−1
https://www.thinkpark.jp/index.html

大崎のマンション一覧

大崎で売り出し中のお部屋(β版)売り出し中のお部屋について

間取り図

写真

マンション名
所在地

価格
専有面積/間取り
所在階/向き