武蔵小山

武蔵小山

不動産鑑定士からのひとこと

石川 勝

石川 勝

不動産鑑定士/マンションマイスター

活気のある街「武蔵小山」です。

 

「武蔵小山」は「戸越銀座」とともに、品川区の商店街が有名なエリアになります。

商店街は「住みやすさ」「暮らしやすさ」の代名詞ですから、日々の生活に彩りを与えてくれるマンションエリアを紹介します。

 

東急目黒線の武蔵小山駅を降りると、もう商店街のアーケードが見えます。駅周辺には目立った大型店がないので、駅前からの人の流れが殆ど商店街に流れていきます。ここが有名な「武蔵小山商店街」、通称「パルム」です。

 

日本で初めての大型アーケード商店街で、昭和31年の完成時には「東洋一のアーケード」ということで話題を集めました。全長800m、店舗数約250店で、単一のアーケード商店街としては、今でも都内最大です。

歩いてみるとよく分かるのですが、とにかく人が多くて活気があります。チェーン店から個人商店まで、バラエティに富んでいるのが特徴で、日常の買い物で「無いものは無い」って言われるぐらいなんでも揃い、「横のデパート」とも言われています。

 

日本の高度成長期とともに育った武蔵小山商店街は、商店街界の革命児と称されてきました。

昭和28年(1952年)に日本の商店街で初めて、クレジットカードの前進、チケット制の割賦販売を始めて固定客の獲得に乗り出しました。

その後も、他の商業街に先駆けて、武蔵小山独自の共通商品券の発行やクレジット・キャッシングの機能をもつポイントカードを導入したり、固定客作りに励みました。

 

さらに、流氷祭り、納涼祭り、サンバカーニバルなど、商店街独自のイベントを目白押しに企画しました。

こうした仕掛けは、地元だけでなく、遠方の客までターゲットとし、商圏を広くました。

商店街の平均来客数は平日で約3.6万人、休日は約6 万人に達すると言われ、その規模が分かりますね。

 

ちなみにパルムのキャラクター「パル&パムちゃん」。

パルムのパルは「友達」、ムは武蔵小山の「頭文字」をとった造語で「素敵な友達と遭える街」「ふれあいの街」の意味が込められたそうです。

 

では、このようなエリアのランドマークとなる商店街に近いマンションを紹介します。

 

距離800mのパルム商店街が切れたところに建つのは「武蔵小山グランドハイツ」(1979年)。

ちょうど商店街の出口と向き合っているマンションで、毎日駅までの道のりが楽しそうですね。

このマンションは広いルーフバルコニーを持つ住戸が多いことが特徴で、バルコニーから、道行く人に気軽に声を掛けられそうな雰囲気を感じます。

また、このマンションは当時としては珍しく、マンションと一戸建ての折衷の実現を狙った「スキップフロア」をコンセプトに設計されました。

スキップフロアにより2面開口と縦方向の広がりのある空間とを実現させています。

建築コストが嵩んでも快適性を求めた、手が込んだ贅沢な設計ですね。

 

 

モダンなマンションが好みの方なら、「アデニウム武蔵小山」(2001年)はいかがでしょうか。

マンションは3棟から構成されていてそれぞれ特徴があるのですが、表側の棟の、その特徴的なバルコニーの形状に注目です。

このバルコニーは「スカイデッキ」と称していて、上下に交互に設置することで、頭上に2層分の高い空間を作り、解放感があります。

また、左右に交互に設置することで、そこだけがふわりと空に浮いたような間隔を味わえる仕様です。

広い大空間のエントランスの向こう側は、さらにパティオが広がって憩いのスペースが設けられています。

奥に丸い形状の建物「コミュニティプラザ」と呼ぶ集会場があり、コミュニティ作りにも配慮された設計ですね。

 

 

武蔵小山商店街の出口からすぐに中原街道に出て、歩道橋を渡ると、「戸越銀座商店街」になり「戸越銀座駅」へと続きます。

 

品川区が「商店街天国」と言われるゆえんは、このように、鉄道駅を起点とし、線路と並行して、あるいは他路線の駅と駅を結ぶようにして、商店街が存在するからなんですね。

 

ぜひ今度の週末は、商店街巡り、マンション巡りをして「住みやすさ」「暮らしやすさ」を体験してください。

 
(最終更新日:2019年10月25日)

武蔵小山駅徒歩15分にあるもの

駐輪場 4カ所、1,086台
交通機関 電車:東急目黒線
バス:東急バス(世田谷区民会館、弦巻営業所、五反田駅)
医療
教育 康済会病院、クリニック 7件、歯科 16件、婦人科 2件、皮膚科 1件 他
公共施設 目黒区立中央体育館目黒区立目黒本町図書館品川区立荏原図書館品川区立五反田図書館
観光 武蔵小山商店街パルム小山八幡神社
コンビニ ローソン 4件、セブンイレブン 4件、ファミリーマート 3件、ミニストップ1件、サンクス 1件 他
ショッピング 東急ストア、ライフ、オオゼキ、マルエツ、スギ薬局、コクミンドラッグ 他
シルバー施設 特別養護老人ホーム 3件、有料老人ホーム 0件、高齢者住宅 1件
カフェ・喫茶店 王様といちご、パティスリィ・ドゥ・ボン・クーフゥ、アマメリアエスプレッソ、珈琲太郎 他 約62件
美容院・ヘアサロン 約77件
その他 動物病院・獣医 12件、トリミングサロン 4件、ペットショップ 8件、ペットホテル 1件
ホテル:ホテルルートイン五反田 

武蔵小山エリアの注目施設

etomo武蔵小山

etomo武蔵小山
武蔵小山駅ビルが2017年9月にリニューアルした商業施設がエトモ武蔵小山です。etomoは東京急行電鉄が運営するコミュニティー型商業施設で、エトモ武蔵小山もバラエティ豊かな店舗が入っています。
2019年には武蔵小山駅周辺が再開発される予定で、それに先立ってリニューアルされました。駅直結、便利で賑やかな施設です。屋上は庭園になっておりイベントも開催されます。
東京都品川区小山3丁目
https://tokyu-iimise.jp/etomo/musashikoyama/

三谷八幡神社

三谷八幡神社
武蔵小山駅から徒歩5分程歩いた場所に三谷八幡神社があります。
三谷八幡神社は旧小山村字三谷の鎮守で、元禄年間に近隣にある小山八幡神社から分社しました。
御祭神は、誉田別命(ほむだわけのみこと)つまり応神天皇です。
オススメの時期は桜が咲く3月下旬〜4月、そして毎年9月上旬の土・日におこなわれる「両社祭」の時期。このお祭りは「しながわ百景」に選ばれています。
東京都品川区小山5-8-7
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/shinagawa/3055/

林試の森公園

林試の森公園
武蔵小山駅から北に歩いていくと見えてくるのが林試の森公園。
林試の森公園の名前は1905年に当時の林野庁の「林業試験所」があったことに由来。当時は多くの研究所が置かれていましたが、1978年に試験場がつくば市に移転したことで公園として整備されました。
見どころはなんと言っても樹木。珍しい樹木が多く、観察が楽しめます。
東京都品川区小山台2丁目
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index003.html

武蔵小山温泉 清水湯

武蔵小山温泉 清水湯
武蔵小山温泉清水湯は武蔵小山駅から徒歩5分にある温泉施設。
黒湯と黄金の湯という、2つの色の温泉が楽しめる珍しい温泉施設。
色の違いは湧き出る地層の深さの違いとのこと。黄金の湯のほうが黒湯よりもかなり深い地層から湧き出ているそうです。
金額は大人460円ととってもリーズナブル。散策後のひと休みにいかがでしょうか。
東京都品川区小山3丁目9−1
http://www.shimizuyu.com/

ライフ武蔵小山店

ライフ武蔵小山店
武蔵小山駅から3分ほどの場所にあるライフ武蔵小山店。地域住民の衣食住を支えているスーパーマーケットです。営業時間は9:30~24:00。日中は主婦の方を中心に賑わっていますが、24時まで営業しているため深夜は仕事帰りのかたが目立ちます。
東京都品川区小山2-7-14
http://www.lifecorp.jp/store/syuto/836.html

武蔵小山のマンション一覧

武蔵小山で売り出し中のお部屋(β版)売り出し中のお部屋について

間取り図

写真

マンション名
所在地

価格
専有面積/間取り
所在階/向き